ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

6/30/2017

TOEIC, TOEFL, 英検その2

殺気の続き。


TOEFL JUNIOR
TOEFLを受けようと思ったらなかったので
そのかわりにジュニアと言うものを受けさせてみました。
これ6月上旬にありました。
しまおら2人とドイツ女子が1人の計3名が受験。少なっ!

これは問題集自体が売ってなかったのでノー勉で受けたのですが
900点満点でしまお16歳が885点(3問間違い)しまお14歳が870点でした。
非常に高得点です。

英検で言うと準一級、ヨーロッパレベルで言うと英語力はB2だそうです。

ドイツ女子はアメリカに転勤で行くそうで
アメリカの現地校に入るそうで、そこからこのテストを受けるように言われたそうです。
TOEICなんてむしろ知らないし、学生はTOEFLじゃないの?と言われたしかにそうだと思いましたね。
TOEICは子供が受けるものではない、大人のビジネスマンが受けるテストのような気がします。


ドイツ語検定
ゲーテのC1レベルは達してるはずなので受けさせようと思ったんですが
満席で受けられず(泣)
日本で受けさせてもいいのですが、日本で受ける必要はまったくないと思ったので
ドイツ語検定の1級と準一級を3人でW受験しようかなと考えてます。12月が試験日。

ということで不本意な結果に終わるとムカつきますね。検定試験って!

ただ、しまおらはTOEICを受けて相当な手応えを感じたらしく楽しかった模様。
人にテストをされるのが好きなドM体質なのかもしれません。

それと、20年ぶりにTOEICを受けてみて、
990点はさすがに無理だけど
900点はいくなと思いました。
はっきり言ってドイツ語だけやってて英語は一切やってないんですが
ドイツ語も英語もある意味同じ耳の使い方をするので
ドイツ語を頑張るだけで英語力も向上するっぽいです。

しましまの20年前の最高得点は860点だったのですが
当時よりも全部聞こえるし、問題も時間さえあればすごく簡単なので
20年で伸びた英語力に相当びっくりしました。
だって、20年前ってあれですよ、アメリカの大学卒業直後っすよ。
それ以上ってすごくないですか?年の功ってやつですね♪

願書を送付した学校にはTOEIC850を出しましたが
新方式で取ったということをわかってもらいたいですね。
はっきり言って新方式は早いです。早押しクイズのセンスも必要になってきます。
老化現象のある方は要注意です。




0 件のコメント:

コメントを投稿