ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

6/30/2017

引っ越し見積もり

どうも!今日は引っ越し業者の担当の方が来て
どれくらいの荷物があるかなどを見てもらいました。
後日見積もりが出るそうです。

引越し業者のドライバーの方(巨大ドイツ人)が段ボール箱をたくさん持ってきてくれまして
巨大なのに家のしま犬が全く吠えないのでおかしいと思ったら
その人、そんな見た目なのにうちのしま犬とそっくりな犬を飼ってて
スマホで写真見せてくれましたが、若干色が違うだけで同じ顔で衝撃!
こんなこともあるんですね。
この写真!像と像の下にあるポスターとしま犬があまりにそっくりなので
Saturnという家電店の中で記念撮影。


ここ最近受験勉強でずっと忙しくて、
はっきり言って引越し準備は一切してませんでしたが
今朝のアポだったので、朝から掃除機かけたり掃除したりして
人に見せられる状態になりました。
目標があると結構動けますね♪
お陰で最近目が死んでますが、さらにやる気ゼロ状態ッス。
まさに、永遠の0!

犬はいいですね。食って寝てるだけ、一切の発言もしないのにみんなから愛されて!!
発言しないから愛されてるんでしょうけれど。

一応今回の引っ越しのスローガンとして
心も体も瀬戸内寂聴!を掲げてます。

女なのに坊主?!そういう驚き&ときめきってありますよね。
引越し業者が来たら、えっ、こんなに荷物まとまってるの?
部屋ほとんど空っぽじゃん!あんたら4人共瀬戸内寂聴だね!とドイツ人スタッフに言われるくらいの勢いで頑張りたいです。←絶対言われないっつーの。

ちなみに、本がすごく多いんですが、
皿と服と靴だけは少ない自信があるので
今回は本を徹底的になんとかしたいと思ってます。

5年前に空っぽの状態から作り上げてきたIKEA王国。
せっかく作ったのにIKEA自作だから売れなそうだし
どうやって運びだすんだくらいの大物家具ばかりなので
多分Ebayで業者引き取りだろうなと思ってます。

当時自分がこういう家具を一式持ってる人がいたら絶対に買うのにーー
作るのが面倒だったから欲しかったのにーーーと思いますし
とにかく残念。
必要な人の手に渡ったらいいなと思ってます。


それと、瀬戸内寂聴をスローガンに掲げる理由としては
とりあえずイギリスとドイツではスネ夫並の豪邸に住んでおりまして
今なんて巨大ハウスがもう一軒たちそうな庭までついてる始末ですが
日本に戻ったら70平米の住居が待ってるから。
175cm超えのメンズ3人としましまで70って!!
リビングで4人でくつろぐ時超至近距離の予感大。

毎週あってる老人にいったら170平米の間違いじゃないか?と言われる始末。

その老人ですら1人暮らしで50平米の部屋に住んでます。

今しまおらは二人共10畳位の個室がありますが、
日本では
1人が4畳半、1人が6畳、しま夫婦が和室10畳というシチュエーションに
ただただ戸惑うばかりッス。

↑こういう物件多し。
畳要らない。
畳本気で要らない。
布団は寝ている時に床と近いのはNGなので
床から高い位置にあるベット希望!(ダニ、ハウスダスト対策)
テーブルと椅子じゃなくてこたつなのかなぁ。
そして犬小屋=こたつの予感大。


それとあれなんですね。
船便って2ヶ月半かかるんですね!
ってことで、5年前に新品で買ったベットマット4人分はドイツで処分し、
新しいベットと家具一式日本で買う予定。もったいない。
といいつつ今日見てみたら、イケアの安マットだったせいもあり
全員ケツ部分にくぼみ入ってます。いい感じで変え時だったみたいです。

頭の中は受験もありますがベットについても考えることが多く
特にしまおらの中高生に最適なベッドに付いて頭を悩ませております。
エロい意味ではなく。

オススメ中高生ベッドがあったら是非コメント欄にアイデアやリンクプリーズ!

っていうか引っ越しはエコじゃないですね。
貧乏性なのでとにかくもったいないという感情が。。。
引越し業者が引き取った家具とかを販売するようなシステムが出来上がったら結構便利なのにと思います。

といいつつ、ドイツではこんなこともあろうかと、ほぼワイヤーラックだったので
もうワイヤーラックだけでいいんじゃないかという域に達してます。
椅子は空気椅子、食事はワイヤーラックからの立食パーティー形式、
睡眠はハンモックOR寝袋とか!

と、色々書いていて、やっぱり本は邪魔だと気づいたので
今日から徹底的に本の処分を頑張りたいと思います。
でもなぁ、子供らは繰り返し繰り返し本を読むのでやっぱりある程度の本は必要ですね。








0 件のコメント:

コメントを投稿