ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

6/17/2017

リバース最終回(完全なるネタバレ)

どうも、久しぶりです。
もう誰も見に来ないのか?くらいの勢いですが
いきなりでてきてドラマネタでソーリー♪

しましま、元気ですYO!
近況ネタはそのうち書きます。


ところで、今日家族四人でガッツリ見ていたリバースの最終回でした。
湊かなえ最高!鉄矢も含め😁イケメンぞろいだったし。

で、先週の内容があまりにも衝撃で、最終回も衝撃だったので
ドラマを全部見た方、全く見てない方だけ読んでみてください。


あらすじとしては、自分の友人が死んでしまった理由が
雪道での酒酔い運転のための交通事故かと思いきや
実はそうではないという。
よかれと思って、
途中で眠気覚ましに飲んで!と渡したはちみつ入りコーヒーの
はちみつの中に、
その友人がアナフィラキシーショックを起こすほど危険だというソバが入っていたことが理由での死亡だったそうです。
そばの花はちみつでのショック死。

これを見たアナフィラキシー体質しまお16歳としましまで相当ドン引きしてしまいましたね。
しかも体質的にあまり受け付けないビールを飲んだあとのソバということで
アナフィラキシーショックはまあありえるだろうなとは思います。

ただ、しまお16歳が言うには
カミングアウトしなかった広沢が悪いと激しく主張。(広沢=ソバアレルギーで死んだ友人)
しまお16歳もドイツ女子が作ってきてクラスメートに配布しまくりの手作りクッキーに刻みナッツが入っていることが稀にあるため
一瞬食いそうになって嗅覚でわかってやめたり
うっかりかんでしまってもとりあえずすぐに吐き出す(超失礼)という行為をしているのでショック症状は回避できてます。
ナッツは独特の強い風味があるので避けるのは結構可能です。

そして、重篤なアナフィラ体質の場合、人が渡したものを一気に食うという行為はしないそうです。とりあえず一口飲む、かじってみて、喉が大丈夫ならOK,それがアナフィラ体質のアレルギー物質の避け方です。

ということで、ソバ入りコーヒーを一気飲みした行為は
まあ酒によっていたから感覚が鈍っていたのもあると思います。
そして、戸外を歩いて車まで移動している間に症状が出たので
運動誘発アナフィラキシーもあると思ってます。

ただ、そんなに重篤ならなぜエピペンを所持していないのかなども考えてしまいますが
まあ酒によっていてリュックに入っているのを持参し忘れた説も考えられますね。

ってことで、深い!アレルギー体質にとっては深すぎるドラマ!
主人公も苗字が深瀬でしたね。

湊かなえは後味悪い小説なのはわかってるんですが
アレルギーネタのドラマということでさらに後味悪いですが
このドラマでよかったのは、
男子4人グループが間接的に殺してしまった友人の両親に謝罪に行ったものの
友人のお母さんがその4人を許さなかったこと。

普通のドラマだったら許しますよね。
でも許さないといいつつも、本当の死因がわかって本気の謝罪をしたから
ようやく全員がすっきりして、苦しいながらもスタート地点に立てたのかなと、そういう感じです。

やっぱり嘘はいけないですね。
そして、重篤なアナフィラ体質は食事がからむときは必ず公表&全ての食物を疑ってかかることを忘れてはいけないですね。

しましま自身もアドレナリンに対してアナフィラキシー体験をしてますので
急な呼吸困難&視界が見えなくなる&歩行困難の症状があったので
ソバアナフィラで崖から転落して半年後に死体で発見された広沢の気持ちはゾッとするほどわかりました。

アレルギー体質は、なりたくてなっているわけではない上に
通常の状態だと普通に健康体なので難しいところです。








0 件のコメント:

コメントを投稿