ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

3/05/2017

歯科麻酔で顔面の一部神経麻痺?

どうも!歯科麻酔で命の危機を感じたしましまです。
激しい動悸、体温低下、顔面の麻痺。
すーーーーーべての副作用の生みの親!

とか言ってる場合じゃないです(T_T)

左の上の歯を治療したんですが、
木曜日に麻酔を打って治療し、4時半から11時まで上記症状に悩まされ
一応治ったと思ったんですが
どうも薬が全身に及んでいるのか、とにかく体力の著しい低下&若干動悸(動悸なんて人生初)
はっきり言って結構健康で、自分で頑張って健康体を維持してきたので
医療ミスで健康を害されたことが非常にショックでしたが
まあ、こんなこともあるのが人生の醍醐味ねってことで、
人生の醍醐味を愛し、愛された男ーー!って感じる今日このごろでございます。

もうサンシャイン・ジャスティスネタは死語なんでしょうか?

それはそうと、動悸の心配をしてたんですが、
実は顔面にも問題がでてきまして、
左側の鼻の横部分に少し触れると口の方までの細い神経がビリビリする感じが常にあります。
何もしないと全く何も感じないんですが
例えば顔を洗ったり、化粧をしたりするととにかく神経がビリつきます。

結構老人とか勤務先の子とかにも色々聞いたりしたんですが
基本的に麻酔って日本が短いみたいで、ドイツだと5,6時間かかるというケースが普通でただ、動悸とか体温低下はないみたいです(当たり前!)

さらに、顔面のしびれなんてもってのほかですが
1人女子が、「それって神経痛めちゃったんじゃないの?」と言ってたので
多分神経やっちゃった説があってるんだと思います。

確かに針を打つときなんてどこに神経があるかなんて見ないで打ってるくさいだろうし
打たないようにしててもついつい打ってしまうのが人間のサガ!

ってことで明日また歯科に行ってくるんで
すーーーーーべてをさらけ出してきたいと思います。

しかしこうして医療ミス的なことで冷静でいられるのも
多分今読んでるのが、続・氷点(下)だからだと思います。
笑点じゃないっすよ、氷点!
氷点は二度目なんですが、罪と許しについて激しく考える今日このごろです。
(しましまは無宗教です)

歯科ネタ以外に驚愕ネタ(しまお13歳スキーネタ)があるのでお楽しみに。




4 件のコメント:

  1. pomkyun3/06/2017

    わたしも初回麻酔が切れていく時、顔半分がビリビリでした。わたしもあの時、午後四時の予約で、ようやく何か口にできたのが深夜0時を過ぎていました。

    わたし実は日本にいるときも麻酔が切れるときは常にビリビリ感じていました。といっても、ドイツでは麻酔の効いた範囲が広かった(っちゅうか、広過ぎた)のでビリビリする範囲が広かったのと、薬の量が多すぎてそのビリビリする痛みが日本にいるときよりも数倍ひどかった、と自分で解釈していました。わたしは、麻酔直後の動悸がすごかったですね。マジ死ぬかと思いました。

    それにしても、まだ痛むんですか?わたしは、次の日くらいには治っていたと思います。

    そして、氷点、クリスチャンなんで、学生の頃、マジ読みしましたよ!実は、ドイツにも持ってきていますが、今読むのはなかなか読む気がしません。なっかなかヘビーですよね。

    返信削除
    返信
    1. クリスチャンなんですね!クリスチャン考え方が素敵ですよね。と言いつつ他の宗教も結構好きで、「自称宗教家」←うさんくさい名称 と名乗りたいほど宗教というコンセプトが好きです。こんなに好きで信心深いのに全部に属することもできず(しがらみが一番嫌い)一つを選ばなければいけないところが自分に合ってないので、無宗教を貫いております。無宗教というよりも、多宗教と言いたい!
      それはそうと、麻酔が切れるときのビリビリではなく、顔面神経の一部がおかしい状態なので、結構焦ってます♪が後日談があるんでまた更新します。

      削除
  2. なの子3/08/2017

    初めまして。
    とはいえ、以前に氷点のことを書かれていたときにコメントをさせていただいたのですが、うまく送信できなかったのではないかなと思っています。
    私もドイツ在住でしましまさんと同年代で、それだけに興味深くブログを拝読しています。

    歯科麻酔での神経の痛み、辛いですね。でもあざが消えると痛みも消えるのですね。それを聞いて安心しました^^。痛みも治まってきたようでよかったですね。

    氷点の上下、私も読みました。私も無宗教ですが、何年か前に”塩狩峠”をたまたま読み、それ以来彼女の本を読んできました。私は彼女の考え方や生き方が好きで、日本に帰ると図書館で彼女の本をいつも借りて読んでいます。いまや彼女の本は私にとって精神安定剤のようになっています。

    ところで、しましまさんはすごい方だなあと尊敬しています!とても頭のいい方なんだろうなと思うのですが、でも並大抵ではない努力もされていて、私も少しは見習わなくてはと思っています。私はしましまさんのおそらく3-4倍程長くドイツに住んでいるのですが、ドイツ語力はしましまさんのドイツ滞在1年目ぐらいだと思います(><)。今はドイツ語の勉強にとせっせとドイツで出版された小説を読んでいるのですが、ドイツ語の進歩は亀(あるいはかたつむりかな・・・)のような歩みです。勉強法が悪いのか、単に私の頭が悪過ぎるだけなのか、分からないのですが。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは!氷点コメント二人目、嬉しいです。
      塩狩峠、気になってるので私も読んでみたいです。
      しかも同じくドイツ在住とは!ドイツは努力するとしっかり返ってくる国だなと思うので、是非ともひたすら辞書をひきまくり、忘れてもさらに何度もひき、いい加減嫌だ!と言うくらいひたすらひきまくると、気づけば面倒くさくて覚えている事があります。
      ドイツ語小説は私はまだまだ敷居が高いので敬遠してますが、いづれ読んでみたいものです。
      それと歯科医顔面神経麻痺事件(←ドイツ語風の長い単語!)ですが、今のところ9割くらい治ってきていて結構ホッとしてます。

      削除