ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

3/31/2017

久しぶりの投稿です

どうも!かなりのご無沙汰です。
読者離れが進んでいるのではないかと思う今日このごろ。
気づけばもう明日から4月っすね!

退職したら暇になるどころか
色々びっくり事件が勃発中で、とにかく忙しかったです。先程まで。
ちなみに、総合病院訪問、保険会社とほぼ毎日のフォンコール&メールのやり取り、税理士ともフォンコール&メールのやり取り、税務署に電話したり、食洗機修理に電話したり、歯医者、役所(外人用)で更新、食洗機結局自分で直したり等。ここに書いてあるのはほんの半分です。あとしまお13歳が14歳となりました。

で、一番良かったのが、しまお15歳の脱アレルギーでしょう。

なんとIgEという数値があるんですが、検査結果で大幅に落ちていて
自己ベスト1500となりました!!

。。。。。通常1500って異様に高い部類になりますが
2500を超えていてだんだん減ってきての1500なので素晴らしい。

実は検査入院させられる予定になっていて絶対に断ろうと
ドイツの大学病院の医者相手に理詰めで戦って拒否ろうとしてましたが
意外に数値が減っていて戦うことなく入院もせず、今後はエピペンの必要もなくなりまあして、
そうです、アレルギー児というレッテルからの卒業です!
一応今日で中3卒業なんですが、(日本の場合は)
この血液検査の結果がある意味卒業証書っすね!嬉しい!

子供のこういうのって本当に心から嬉しいもんですね。
自分で親なんだなと再確認です。


あまりにネタの宝庫すぎるので面倒くさいから書きませんし
すでに起こった過去のことを書いても過去にこだわってる自分っぽくてちょっとあれなんで
とにかく忙しかったこと、いいことがたくさんあったこと
そして元気でやってますという報告更新でした♪

それと、ここから自慢。
税理士、役所、税務署、保険会社など、いろんな専門職系でかつ法律に絡む系の人と契約とか税金などについてオールドイツ語でほぼ電話で話してきましたが
リスニング力が半端ない自分にびっくりしました。
多分ドイツ人と結婚した人ってこういうのはドイツ人の相方がするべきことだと思いますネ。でもしましまは自分で全部調べて頭に入れて頑張ってますんで
契約とか全然OK牧場ー♪という状態になりました。自分で話すとドイツ人とかドイツ語歴が長い人に比べるともちろんスラッスラに話すことは出来ませんが
はっきり言って保険内容とか税金の自分に関係してる部分については完全マスターです。

保険と税金って決まりが多すぎですね!でも多すぎてクイズみたいで面白いなと思ってしまいました。多分これドイツ語だから面白いんであって、日本語とか英語だとそのまますぎて地味でつまらないんだろうなと思う今日このごろ。
しまお15歳も同様に思ってて、こういうくどい系の専門用語を連発してくる保険会社とか税理士の電話、最高ー!と、萌えポイントが同じっぽいです。

それと、夜シフトの多いパートを辞め、1週間夜は家族と食事をしてますが、これがなにより最高!至福のひとときです。
やっぱり週に3日とか、夜中10時に、
自分が昼2時に作っておいた夕食を1人で温めて食って即シャワー浴びて寝るというのは、合わなかったです。
ある意味味変というか、自分が作っておいたのを自分で食べるってなかなかないので
結構美味しかったんですがネ。

4月から一応パートは辞めたもののまた忙しくなる気がしてます。








3/25/2017

中2の理科。電流と電子の流れ

中2の理科の電流について今日しまお13歳と勉強したんですが
電流あるある。

自分も中学生の時、高校生の時に激しくなぞに思ってましたが
はっきり言って大人になった今も激しく疑問に思っているのが、

電流はプラスからマイナスに流れるけれど

電子の流れはマイナスからプラスという事実。

そもそも、電子はマイナスからプラスに流れます。これは実験結果でもわかっていることで当たり前のことで、覚えなければいけない必要なことです。

が、昔乾電池が発明されたときに、電流はプラスからマイナスに流れることに決めようと決めたために、今でも電流の流れはそのまま不都合がないのでプラスからマイナスという風に覚える決まりになっています。

でもはっきり言って電子がマイナスからプラスに流れてるんだから
電流だってマイナスからプラスに流れているわけで
過去の間違ったルールに不都合がないから変えないというのはおかしいと思ってます。

昔は受験生だったから受験のために電流と電子の流れは逆だと強引に覚えてましたが
やっぱりどう考えてもおかしいです。

ということで、マイナスからプラスに流れるということが大切なことですよね。
中学生、高校生のために非常に不都合があるので、是非電流ルールは変えるべきです。


さらに、中学生の教科書を見て電気抵抗の部分の説明が激下手だと感じました。
電気抵抗はドイツ人のオームという人が作ったそうですが
とにかく教科書の説明がド下手!
ネットで見てようやく理解できたほど。

とりあえずしまお13歳、これから卓球なので切り上げましたが
午後は徹底的に電気について教えたいと思います!!


3/21/2017

辞めるのも一苦労

どうも!
今日はパート先で2万円程度も買い物をしてしまったしましまです。
社割りがきく今がチャンス!
実際はほぼ3万超えだったのにこんなに安く買えるのは嬉しいっすね。

もう何を買うかの買い物リストまで作って激しく買い物してしまいました。
もう思い残すことはないぜ2017春。

それはそうと、昨日のブログにドイツの仕事のやめ方を書いたんですが
実は全く充分ではないという。。。。

普通の人なら充分な情報なんですが、
しましまの場合は、そう、もう一個仕事があるわけです。

そもそもドイツの今入っている保険は
しまダンナが入っている保険の家族保険ということでしましまの保険料は無料でした。
もちろんしまダンナが莫大な保険料を支払ってますがね。

そして途中でしましまがまずパートをはじめました。
パートを始めると保険会社は一緒なんですが、パート先がからんでくるので
ある意味パート先が払ってるみたいな感じのノリになります。
その辺若干知識がなく不明なんですが
とにかく毎月の収入を得て税金が引かれてましたが保険代を払うことは一切なかったです。

って言う風にしてそのままやめたらそれで普通に戻るわけだったんですが
思いっきり複雑化させてしまったしましまの起業。

パートの途中に起業をしたしましま。
さあ、保険はどうなるでしょう?!

実はパートの契約で、副業はOK, ただしパート以下の時間で、
という決まりがありました。
確かに明らかに週20時間も時間を割いてなかった上に
収入も少なくて、全然OKだったわけです、副業としては。当初は。

ということでライトな副業扱いで会社にも保険会社にも申請したので
(副業の時間を書く欄もありました)問題なく保険料を払わずに済みました。



が!退職後のシチュエーションが若干シビアでございます。
しましまが退職するとなると、しまダンナの嫁としてしまダンナの保険に入り直すことになるんですが(出戻り嫁!)
収入と勤務時間と収入によっては出戻りできない可能性も浮上してきています。

そう!しましまがいくら稼いでいるのかで
自分で独立して保険料を払うという羽目に陥る可能性もあって
現在必死でネット徘徊中。徘徊嫁!

今朝しまダンナの税理士と直接電話して
ちょっと色々調べたいから待ってほしい旨を述べ
1人で調べ中です。

本来ならその税理士に丸投げして全部やってもらいたいところなんですが
自分が今のところ、今年の段階でどれくらいの収入があるかなんて自分しか知らないじゃないですか!
そしてそれを調整&申告できるのも自分しかいないわけです。

別に脱税とかじゃないっすよ!
結構多額の保険料を払うくらいなら収入を減らすほうがお得だといいたいだけなんですが
何だか七面倒臭い事になってしまっていて
退職日がマジで怖い。
退職日までにはもちろんまだまだ時間があるので余裕で調べられますが
その他色々やること盛りだくさんでございます。勉強だって遅れを取ってるし。。。


退職日は適当に退職菓子(ジャンク)を買っておいてこようかと思ったんですが
皆さん退職のときに手作り退職ケーキなどを置くっぽくて
それ見て超焦ったので
しましまも今回は1時間以内で作れる例のクッキーを作って退職菓子として置いてこようと思ってます。

何だか年末に銀行を変えたら、犬の税金と犬の保険の引き落としをすっかり忘れていて督促状をゲットしたので慌てて手紙を書いて送付したり
とにかくこの2月と3月、役所系事務処理多し。

ちなみに今日は色々ありましたが
しまお13歳が週末に使った寝袋が異様に臭うので
クリーニング屋に持っていけたのが唯一のいいことでした。
寝袋も何のためらいもなく受け取ってくれるもんなんですね!

それはそうと、しまお13歳の足が超臭い&人の家の泊まりが多すぎる。
こんな足の臭い男をよく泊めてくれるなと感謝です。



3/20/2017

ドイツ。退職の仕方

どうも!ドイツと日本は色々違いますね、でおなじみのしましまです。
毎日色々な事が起こるので、刺激的な毎日。楽しいです。

今月末で退職するんですが、実はしましま、今月末までで11ヶ月という勤務期間です。
しましまのパート勤務先では、12月にクリスマスボーナスが支給されるんですが
(給与の1ヶ月分)
なんと3月までに辞めると返却しないといけないというシステム。
だったら3月に振り込めっつーの!

実際に振り込まれると返したくないと思うのが人間ですね。
実際にしましまも、何度もやめようと思ったのですが
返却してまで辞めるのがちょっとどうかと思って、3月まで耐えました。
ある意味これが企業側の作戦なのかもしれないですが。

で、もしこれが、4月末まで耐えた場合ですが、
なんと、失業保険を貰うことができたんです。
月給の7割。
4月まで耐えてもよかったんですし、いることもできたんですが
やっぱりお金よりも時間のほうが自分に大切だとわかったことと
そもそも3月までお金のために耐えたことが自分にとってあまりプラスではなかったので3月までにしましたが、
1年働くのと11ヶ月働くのってぜんぜん違うので
今後退職を予定している人は是非とも1年を目指して働きましょう!


しましまの場合、しまダンナと結婚していてしまダンナのビザで滞在しているので
就職も退職も全て会社に連絡するのが必須。
すでに連絡済みです。

そして、就職と退職時に必要なのは、自分が入っている健康保険会社へのフォンコール。
そうすると、申請書を郵送してくるので、それに必要事項を書いて投函またはメール添付すると、自分のカテゴリー(保険料とか)が変わります。これが特に必須。

それはそうと、先日日本語が喋れるドイツ人女性の客、推定40代、と店内で知り合いましてアドレス交換をし、4月からお茶でも!というナンパに成功です!
基本的に積極的ですが、辞めるとなると異様に積極的なナンパ師になるところがミソ。

日本語を学びたいドイツ人って大体がヲタクや若者。
そういう人とドイツ語を喋ってても発音の仕方、トークの仕方、トーク運び、表現方法が若者すぎて全く学ぶことがないので
どうしても自分がそのまんま、その人のまんま丸暗記できるような素敵な女性とお友達になりたいわと常に思ってました。

ちなみに近所で散歩していると素敵なハイソおばさまがいて、
その人とトークすると自分までセレブじゃないか?と誤解するくらいいい気分になれるんですが
その人と出会えるのは月に数回くらいなので、
定期的にお茶ができる年齢近めの人を探してまして、
いきなりいたのでもう嬉しかったです。
やっぱりタンデム探しは青島刑事みたいに、足、そして嗅覚使い、がポイントですね。
柳葉みたいに自分が動かない刑事だと事件が解決できないッス。現場主義!

それと、退職したら、この1年ほどしまおらの教育にあまり手をかけていなかった反省があるので
徹底指導予定です。
基本的に漢字学習のときは書き順とかはいちいちチェックしてないですが
ガッツリ監視体制に入ろうかと思ってます。
辞めるからにはそれくらいやりたいもんですね。

とはいえ11ヶ月外に出て働いた経験で
うちの男子3名は結構家事をするようになり、自立男子となりました。
子育ては本当に重要、主婦に夜の仕事はきつい、と改めてわかったので、
4月からはガッツリ自分の趣味と勉学に費やし、子供の勉学をサポートし
自分の通信制の専門学校が終わり次第もう一つやりたいことがあるのでとっとと終わらせたいです。

しかし、栄養学の勉強はめちゃめちゃ楽しいですね。
知識がどんどん増えてます。


3/17/2017

アドレナリン(エピネフリン)注射についての疑問

モノアミン神経伝達物質というのがあります。
 セロトニン
 アドレナリン
 ノルアドレナリン
 ヒスタミン
 ドーパミン

など。他にも20個位、たくさんありますが、
カタカナでは載っていなくて全部英語になるので省略しますが、基本的になぞに思ったことは全部調べ上げないと気がすまない派。

で上記5個は聞いたことがあると思います。

セロトニン→生体リズム、睡眠、体温調節

ヒスタミン→ヒスタミンと言えばアレルギーでしょう!ヒスタミンを含む食べ物はたくさんありますが、ヒスタミンは体の中にもすでに存在している物質。
過剰ヒスタミンはかゆみのもとになります。
でもけっして悪いものではなく、色々いい面もあるという物質。

ドーパミン→運動、ホルモン調節、性欲、学習意欲の物質。

アドレナリン→ アドレナリン=エピネフリン!
びっくり系ストレス反応で出る物質。心拍数、血圧をあげる働きがあるので、
食物アレルギーでアナフィラキシーショックになりがちな人が持っているエピペン注射に入っています。

ノルアドレナリン→アドレナリンとそっくりで、同じくストレスを感じると出る物質で、心拍数も上がるし血圧もあがるんですが、作られる場所が違うそうです。
がびっくり系ストレスじゃなくて、ウツ系ストレスで出るそうです。



前回のブログに書きましたが、しましま、歯科医の麻酔でアナフィラキシーショックで呼吸困難になりました。
歯科麻酔には基本的に、アドレナリン(エピネフリン)が入っています。
アドレナリン(エピネフリン)過敏なのかなと思ってます。

そこで思ったのが、しまお15歳。
この人、ナッツアレルギーがひどいため、エピペン注射を処方されて常時持参してます。
エピペン注射=アドレナリン=エピネフリン!!

しまお15歳は、ナッツアレルギーですが、エピネフリンアレルギーかどうかの検査なんて一切せずに、当たり前のようにこのゲットしました。
未だに使ったことが一度もないですが、毎年返却しては新しいものをもらうという状態です。

仮に、仮にですよ。
しましまがもし、何かの食べ物でアレルギーになって倒れた場合
誰かがエピペン注射を持っていてしましまに注射したら
むしろ逆効果じゃないのか??

だとしたらしまお15歳ももしかして注射自体にアレルギーがあったらどうするんだ?
という疑問が湧き出てきています。

アドレナリン、エピネフリン過敏の場合で食物アレルギーの人って
どうしてるんでしょうか?!

自分が瀕死状態になった物質をモロ持参しているしまお15歳。
この注射で死ぬ人もいれば(しましま)助かる人もいる(しまお15歳?)わけで
何だか複雑な気分。。。。








3/16/2017

歯科部分麻酔で呼吸困難

どうも!歯科麻酔で3日ほど調子が悪く、今日復活して無事に元気になったしましまです。
このまま寝たきりかと思いましたYO!

今日はどこの調子も悪くなく、以前の自分に戻りまして
健康のありがたさを再認識していますが
そもそも健康だったのに、単なる歯科麻酔で人間ここまで廃人になれるのかくらいの廃人っぷりでしたので詳細を書きます。

実は、ネットで色々検索しました。
日本語で検索すると、歯科麻酔で動悸がしたり体調を崩したりというコメントが多数見つかりますが、
それに対して色々なところで歯医者の方々からの返答があり
99%の回答が、「患者の精神的な問題」だそうです。

歯科医の患者で歯科医が苦手な場合、麻酔を打たれてから急に精神的にキテしまい、動悸がするものでしょうかねぇ。。。
また、ピーナツアレルギーとかソバアレルギーで死ぬ人すらいる昨今に
添加物バリバリの注射を直接打つことで、「気のせい」という回答、完全にヤブ医者だと思います。

こんな医者にむしろ問いたいですね。

1度目の歯科麻酔で動悸がした。
2度目の歯科麻酔では半量にしてもらい大丈夫だった。
3度目の歯科麻酔では半量なのに呼吸困難におちいった。

↑このしましまの状態は気のせいなのかと!


ちなみに3度目の麻酔では、下の歯に打ったために喉と舌が腫れてしまったみたいですが
普通は腫れないそうです、当たり前ですが!

2度めが半量で全然OKだったので、余裕でお気楽で打ってもらってこのざまです。

打ってもらってすぐに舌と喉が腫れてきて
気道がどんどんどんどん塞がってきまして、
これはヤバイ、これは死ぬと思って、自ら気道確保のポジション!
近くにいた看護婦に呼吸がしにくい旨を伝えて
先生が駆けつけたんですが

一応脈に異常なし、
でも顔面蒼白、
目が異様に充血という状態。

基本的に体調が悪いと外に出て新鮮な空気を吸いたい思いに駆られるはずなんですが
パニックに陥って騒いだり
少しでも動くと運動性のアナフィラキシーショックでますます血流が激しくなる=酸素が必要=呼吸が必要=でも呼吸できない=窒息死!
ということで、超冷静になって微動だにしませんでした。

一応手で喉を押さえてたんですが
先生が鼻で息をしろと、ゆっくり息をしろというので
一時期、多分たったの数秒だけですが全く息が吸えないピークがあって
それ以降はだんだん吸えるようになりまして
徐々に吸って吐いてを繰り返し、
でも少ししゃべるとまた腫れてくるので10分位待ってもらって
それで会話ができるようになりました。

さらに待ってもらって安定してから治療して帰宅です。

いやあ、壮絶でした。

ちなみに帰宅中もとりあえず息は吸いづらく
もちろんおなじみの体温低下状態!
帰ってから即ベットイン!

その日バイトだったんですが無理なので初めて休みました。
電話できないのでメールで休みの連絡です。

で、夕方に起きたんですが、やっぱり調子が悪く
食べ物とか水を飲み込むと飲んだ後に呼吸がしにくくなってしまい
夜10時位にようやく少しまともになった感じです。

そして翌日。
今度は動悸です。関節も痛いし歩くのもやっと!
なんとか歩いて歯科医に言われたとおりに麻酔アレルギー検査の予約を取りに行きました。
麻酔アレルギー検査はかかりつけ医ではなく、皮膚科だそうで、皮膚科に行ってきました。
この皮膚科、電話してもでてくれないので直接出向く必要あり。
皮膚科で予約すると基本的に3ヶ月後なんですが、事情を説明したら3週間後の予約にしてくれまして、さらに、このケースの場合は救急車で総合病院レベルだったみたいです。
確かに!
しましまなんてたまたま心臓だけは強めなタイプ、かつ
死に対して極めて冷静でパニックにならないタイプなんで生きながらえましたが
自分の中でも救急車レベルだろうなとは思ってました。

歯科医麻酔あるあるで、部分麻酔なのに死ぬ人がいますが
これ、一歩間違えていれば、本当に死んでただろうなと思います。

で、その皮膚科の一階下に以前通っていた歯医者があるので
どんな麻酔を使っていたのか聞きに行こうと行ってみたら、
なんと撤去!
クリニックがなくなってました(´・ω・`)

どうりで電話してもでないはずだったなと思ったり。。。。

で、そのクリニックの近くがショッピングモールになってまして
来たついでに時計のベルトを交換しようと行ったら、
時計屋もなくなってました(´・ω・`)

だったら手芸店で布を買おうと見たら、
手芸店もなくなってました(´・ω・`)

とにかく不幸すぎるしましま。

こんな日もあるのね、と思えないくらいひどい日で衝撃でした。

ちなみに確認したんですが、この3店舗以外なくなっていた店は一切なかったので
しまダンナ曰く
「しましまが好む店がマニアックすぎるんじゃないか」
だそうですが、
だとしてもマニアにとっては衝撃です。

そんな感じでヘロヘロな一日を過ごし、
昨日もバイトだったのですが、どうも薬が抜けなくて
今度は両膝に来てまして、バイトを休んで自宅待機&ベッドイン。
ひたすら安静にして水飲んで物食べて排出を心がけてました。

しかし両膝の状態がとにかく不思議で
膝が一回りでかくなったみたいでしかも熱を持っているという状態。

動悸だって歯科麻酔以前は一度もなったことがないし
膝の熱だって初の症状。
全身がこんなにだるいのも、寝ても寝てもだるいのも初めてで
薬って恐ろしいなと身をもって感じましたね。

そしてすごいのが、1度目の麻酔で顔面神経麻痺になった部分に
麻痺が戻ってきたこと!
今日はなくなりましたが、戻ってくることもあるのかとびっくり。

昨日しまお13歳の虫歯治療があったので
ついでに一緒に行って話をしてきたんですが
しまお13歳は虫歯3本を50分かけて麻酔無しで治療してました。すごい。

痛かったけど案外痛いのも気持ちいいかもと、
すでにドMの域に達していますが、
しまお13歳は麻酔をかける予定だったのをキャンセルして
どうしても痛い場合はという約束にしてもらいました。

歯科医の先生は、3日たっても薬が抜けないしましまに対して
確実に麻酔アレルギーだと、麻酔に弱いと見立ててます。

ただ、しましまの場合、麻酔に弱いなんて思ったことが一度もなくてむしろ強いと思ってましたし
こんな少量の麻酔ごときで弱いという自分がものすごく許せなくて

昨日しまお15歳(ピーナッツアレルギー)と話したんですが
運動神経がよくて、体力すごくあって、体格も良くて、
食欲旺盛の大食い、顔色もよくて異様に元気なのに
ナッツアレルギーだとすごく悔しくない??
どうやってナッツアレルギーと共存して生きてるの?
と聞いてみたら

ムカつくことも多いけど、「仕方ない」と思って生きてる、そうです。

大人ーーーっ!!

ナッツアレルギーにしても麻酔アレルギーにしても
こんな少量なのになんで??と思ってしまいますが
別に好きでなってるわけじゃないし、原因も特にないわけで
仕方がない、んですね。

今まで息子がアレルギーだったのでまさか自分がと正直びっくり&ショック&超面倒くさいですが
息子以上に命の危機を知ってしまったわけで

しまお15歳とは、臨死あるある(死にそうな瞬間ってスローモーションになるよね)とか色々話せたのはよかったです。

そして、しましまはアレルギー初心者のひよっこなわけですが
しまお15歳は、アレルギー歴14年くらいなので、もう大先輩。
しましまの悔しさももどかしさももわかるし、
こいつ、只者じゃないな、そう思いました。

しましまも麻酔アレでアナフィラキシーショック経験をしたことで
ぐっと大人になった気がします。

ビートたけしとか、一旦死にそうになった人間って大変化を遂げますが
しまお15歳なんて子供の頃からだいぶ大人ですし
しましまも今回のことでさらに死に体して恐怖心がなくなり
むしろ死はいつでも訪れるものだと思い
しっかり準備しておくことが大切だと思うようになりました。

生きていることがあり難い、とは薬がようやく抜けた今はまだ思えませんが
まだ死ぬべきタイミングじゃなかったんだなとは思えたので
もうがむしゃらに自分のやるべきことをしっかりやりたいと改めて思いました。


ネット上に歯科麻酔について色々掲載してありますが
歯科麻酔のショック反応、アレルギー反応は確実にあります。

実際に死亡事故もあります。

ただ面白いのが、日本語とドイツ語で検索すると、精神的なものだとか、麻酔はかけたほうがいいとかそういう麻酔寄りのサイト、コメントでネットが埋め尽くされているのに対し、
英語で検索すると麻酔の危険性、死亡事故、麻酔アレルギー、副作用について大量の情報が載っていること!

情報は基本的に操作されている、
金と権力がある人間が情報を操作している側、
麻酔アレルギーが一般的になると困るのはどんな人なのかなどなどを考えると
医療関係の薬剤ではドイツと日本が大きなシェア率を持っているわけなので
色々納得がいく感じがします。

歯科麻酔で3日間抜けないとか、両膝がアツアツなんて症例
誰も相手にしてくれなそうですが
こうしてブログに書くことで、
同じように歯科麻酔で症状が出ても歯科医から気のせいだと上から目線で言われて精神的ショックの方の励みになったらなと思っています。

しましまのドイツ人歯科医は、気のせいだとは言わなかったので立派です。
ただ、もしあの状態で呼吸停止してしまったら
蘇生器具持ってるのか??ってのは疑問ですが、
とっとと麻酔アレルギーの検査をして自分にあった使える麻酔を知りたいと思ってます。

ただ、思うのが、
添加物をなるべく摂らない生活、
カフェインも抜いている
アルコール類も抜いている
という健康生活で健康体になりすぎたために
元の濁りの田沼恋しき状態なのかなと推測してます。


そうそう、今日はしましま元気だったので
しまお13歳に中2の理科を教えました。
今日は消化(ヨウ素をデンプンに垂らすやつ)とか天気図(寒冷前線とか)について。
こういうのって自分で読んでも覚えられないので
一緒に徹底的に話し込んで覚えさせてます。
明日はラストの電気で終了。

しまお13歳は4月から中3になるので、今のうちに絶対に2年生の分は終わらせないとです。
しまお15歳は中3は残り漢字だけなので毎日やってます。
高校1年になったらやれる教材がないので、大学入試用漢字ドリル1冊と、高校生の計算ドリル1冊、そしてスタディサプリ(ネットの動画)を行う予定。
今のところ日本の高校の教科書は買わない予定です。

とりあえず今は皆さん卒業シーズンですが
しまお15歳もある意味卒業なわけです。まだ漢字ドリル終わってませんが。
小学3年生から地道に自分で教えてきたので結構感慨深いですね。
残りあと一人ですが、はっきり言って今から小学校OR中学校の先生になれそうな勢いです。相当教え慣れてます!そして教えるのもうまい気が。。。。
多分教えるんじゃなくて、教えてもらう風にしてるからだろうなぁ。。。。
しかもしつこく、何度も子供から説明してもらってるからだと推測。

さて、
明日からまた久々のバイト。
来週でラストなので気合を入れて働きたいッス。



















3/14/2017

週末スキー。画像アリ

どうも!現在2週間の春休み中のハンブルク。
通常のドイツ人だったら、2週間まるまる使ったり
または1週間だったりとりあえず家族で休暇を取る人が多いみたいです。
しま家の場合は、基本的にしまダンナはドイツにいるものの日本企業で働いているわけですので、そんな休みは無視し働かなければいけないわけで、

週末スキーに行ってきました!

それも春スキー。

気温高め、10度以上、快晴という状態でスキー場に行くと
とりあえず100%人工雪です。
かき氷と同じと思ってください!


地面モロ見えリフト


道路に異様に近いコース


汚い人工雪で遊ぶしま犬

人工雪も投げると食べます


初日はガラガラでしたが翌日はこんな風に混んでました。

快晴で激混み



っていうことでスキーをエンジョイしてきたわけですが
はっきり言ってリアルにエンジョイできたわけではなく
人工雪だけで与えられたコースを滑っていると
人はなぜスキーをするんだろうか、
リフトで登って適当に滑り降りてまた登るこの繰り返しに
一体何の楽しみがあるんだろうかと
ひたすら家族で話し合ってしまいましたネ。

それくらい人工雪だけのスキー場には何のロマンもありません。

スキーってのはリアルな雪で雪質も風景も楽しむものだなと
つくづく感じました。

本当にかき氷みたいでした。

まあ犬も連れて車で4時間でいける400キロ位の場所にあるところなので
お手軽でいい感じではありますが、3月には絶対に行ってはいけない
そう思いました。

ただ、犬と車で長距離ドライブ、犬とホテルにお泊りって
本当に楽しいです。多分犬目的くさい。

それと、今回は初日がゴーストタウン化してまして
ホテルなんてしまファミリーだけが客という状態!
料理長が挨拶に来るくらいの勢いでしたので
むしろちょっと気まずい??なんて思っていたら
次の日から激混みになってしまい、これはこれでうざいというわがままBody!

人数は適度な方がいいね、と思う今日このごろです。


こんなことを書いてますが、実は先ほどまで瀕死状態でようやく今復活しました。
そう、歯科麻酔第三弾。ついにしましま命の危機に直面!
次のブログに恐ろしい歯科麻酔について記載しますのでお楽しみに。


3/08/2017

美容院ネタ

どうも!
今日は美容院に行ってきました。
一応ショートですんで月1の美容院は必須。

しかしあれですね、
美容院に行くにあたって
今回は全体的にこのままですいてください
という逃げのオーダーをしたのですが
やっぱり最終的には、こんな風にしてくださいと写真を持っていってその通りにしてもらうのが夢です。

ただ、前にも何度もくどいくらい書いてますが
美容院カタログのモデルはそもそも顔面が素敵すぎてしかも若い。
大体顔面が素敵な人って紙質も肌質もよかったりしますよね=どんな頭でも似合う。

とにかく顔面がいいやつはマジで認めない(こんな風にしてくださいという写真に使うという意味で)、をモットーとしてるので
一般的な人、高齢者、ブサイク女子、毛量に異常あり、くせ毛女子、だけを掲載したヘアカタログを強く希望します!

多分誰もその雑誌にのりたくないと思いますが、
しましまがノーギャラで掲載されるとしたら喜んで犠牲になります。
一応読者モデルなのに、犠牲ってのがポイントですが。。。。
袋とじで高級雑誌だとしてもしましまは買いますネ。









3/07/2017

今日も歯医者へGO! しまお、初チャーハン。

なんと!顔面の神経痛みたいなのがだいぶ治ってきました。
このまま引きつったまま生きながらえるのかと
美川憲一として生きる覚悟も軽くできていましたが
やっぱり説明通りに消えるもんですね!
ってまだ100%ではないですが、8割は消えてます。すごい。

で、月曜日の昨日半量の麻酔でお願いして、
歯医者に行ってから夜シフトのバイトに行き、

今日は朝シフトで、夕方にしまお13歳の歯のチェックの予約も入れてたので
同じ歯医者に行ってきました。2日連続。
実は、詰め物が若干下の歯に当たる感じだったので
その時はよかったんですがあとからかなり気になる感じだったので
そのことを行ったら即見て削ってくれて、当たり一切なし!
アイアム ア パーフェクトヒューマン状態です。

しまお13歳は、結構深めの虫歯が一つと小さいのが2個見つかったので
来週アポ取ったのでまた行ってきます。
自分もアポありますが。
しまお13歳はクリーニングもしてもらって真っ白な輝く笑顔の男になって戻ってきました。
磨き足りないらしい!

本当になかなか行かないと歯科医って行きたくない場所ナンバーワンですが
行くとなると連日でも結構お気楽でいけるもんですね。
なれですね、慣れ!

それと久々にしまお13歳と2人で行動できて色々話せて
最後スーパーで一緒に買物までできて何気に楽しかったです。

そうそう、しまお15歳ネタ。
こいつ中3のまさに受験時期なんですが
ドイツにいるので一切受験せずにのうのうと過ごしております。

今はちょうどハンブルクは学校の2週間休みなのでど暇!
兄弟で家で2人で過ごしてます。
今日はたまたま食洗機がいきなり故障して、修理の電話とか自分で修理できるかとか色々やってたらあっという間にバイトに行かないといけない時間が来てしまい
昼ごはんのチャーハンが作れなかったもので、
しまお15歳に丸投げ。

この人、しっかり

冷凍ご飯を解凍し
ル・クルーゼの激重鉄フライパンで卵チャーハンを作り
弟にもしっかり提供し
激重フライパンも使用後はしっかり水を張っていてくれて

素晴らしい調理人でした。
できたチャーハン、相当しつこく炒めたみたいでパラッパラだったそうです。
ゼロから作った記念すべき初チャーハン。食べたかった。。。。

多分この人、一人暮らしできると思います。今からでも。
かなり料理は教え込んできたので
手作りホワイトソースのラザニアもクッキーも作れます。

中3の3月に料理してる中3男子なんていないのでは?と思いますが
受験しない分、生きる力をつけてもらいたいもんです。
サバイバル人生!

あとは中2の弟の方。
買い物は大好きなのに料理大嫌いなので
こいつにどう料理を教えるかが大変で
最近は炊飯器のスイッチを押すという動作は覚えました。
多分こいつの場合、かっこいいサバイバルナイフとか買ってあげて
じゃがいもの皮とかむかせたら多分真剣に取り組むんじゃないかなと見てます。

それと!
今日からバイト中の脳を一切使わない時間を有効利用すべく
紙に暗記したいものを書いて覚えてます。
服をたたむことが多いバイトなんですが
服をたたみながら覚えると、結構動作しながらだと覚えられるので覚えたいことがら全部覚えられました!

ちなみに
グルコースとか加水分解とかそれ系。
もちろん全部ドイツ語なんですが
せっかくだから日本語も一緒に覚えようと思って頑張ってます。
実はドイツ語のままで覚えたほうが超楽なんですが
(最終的に試験もレポートも全部ドイツ語)
日本語も覚えておいた方が得だと思ったので。

人はなぜ勉強するのかと思っていた時期がありましたが
今化学式とかも覚えてますが
こういうのを覚えるときに、43歳でもかなり覚えやすいので(年の功!)
過去に一生懸命暗記したり勉強したりしておくと
脳は何気に忘れてなくて記憶が蘇ってくるので
若者よりもむしろ楽なんじゃないの?くらいで勉学に励んでます。
勉学って言うか暗記ですが。

しかも年の功なだけに、暗記系が脳科学もしっかりわかった上でやってるので
こうやって動きと一緒に暗記したり
覚えたら一旦脳を休めたり寝て空っぽにしてから復習したりとか
長期記憶にうまい具合に保存している感じです。

とりあえず今までノートを作ってなかったので
ちょっとノートづくりに励もうかなと思案中。。。。





3/06/2017

しまお13歳。学校のスキー旅行

どうも!1週間のスキー旅行からしまお13歳が帰ってきました。

普通スキー旅行に行ったというと
まあありきたりの感じで、ホテルの夜が楽しいだとか、カップルができたとか
そういう話が聞けると思ってました。


ここからはこれから食事!の方はご遠慮ください♪
リアルシモネタですので。





金曜日の夜に連絡網で電話があって、夜8時に学校までチャリで迎えに行き
(児童100人以上いるので車でなるべく行かないに限る)
何気に到着も遅く、荷物運びなどもあって9時位までいたんですが

びっくりしたのが、しまお13歳の変わり果てた形相!

ガリガリ君というか、
柔道の篠原とそっくりな顔で帰ってきました。


柔道の篠原??

まあイメージ的にはぼんやりわかると思いますが
グーグル画像を見ると、結構衝撃的。

                ↓これがグーグル画像の一部






まさか朝青龍だと思っていた、我が子が篠原になって帰ってくるとは!
本当に衝撃でした。
月曜日の現在だいぶ普通の顔に戻ってきましたが、
こいつ、体重3キロ減ったそうです。


何が起こったのかというと
集団胃腸炎だったみたいです。超カオス!

しまおのクラスなんて男子10人中7人が吐きまくり、下痢する子もいるけれど
基本的に吐きまくりで、
先生が大変だったみたいです。

しまおの場合最後の2日が寝たきりだったみたいです。
集団食中毒じゃないのかと思いきや、最初1人が体調を崩し
それから部屋ごとにどんどん感染していったみたいですが
恐ろしいスキー旅行ですね。

しかも学年に100人以上いるんですが
1人大怪我で初日に家族が迎えに来たみたいで
あと5人ぐらい怪我があったそうで、怪我と病気で先生が大変だったなと思います。
まあ本人も大変ですがね。

ちなみにドイツの北部から南部までバスで12時間のところなので
初日から迎えに行った親もかわいそう。。。。

ドイツの子ってメンタルが弱い子が多くて
基本的に毎日親に電話したりという率が相当高いみたいです。
今回寝込んでいた子供はしまお以外全員親に電話かけていたそうですが
しまおは心配をかけたくなくて電話しなかったそうです。

しましまとしては夕食にガッツリしたものを用意してしまっていたので
事前に聞いておきたかったですがね。

とりあえず、スキー自体は楽しかったみたいです。
そして病気になると優しい友達とか冷たい友達とかわかるそうで
色々と参考になったみたいです。

しかしこういうときに結構感染しないタイプだと思ってたんですがねぇ。。。
ただ、人が吐きまくってその世話とか掃除を結構してたみたいで
それでうつったくさいです。

ただ、10人中3人の子がなんともないのがすごくて
たまにいますよね、集団食中毒でも本人全く平気という頑丈な胃腸の持ち主。

しまおなんて人の世話しまくってて
いざ自分がうっかり吐いてしまったら、みんなそういうのの片付けは苦手で
みるのもダメみたいで
俺が自分で片付けるのかよと思っていたら先生がすぐ来て片付けてくれたみたいです。

本当にカオス!カオスすぎる!

しかも先生が気合で感染しなかったのがすごすぎる!

ってことで一応無事には帰宅しましたが、
やっぱり帰宅しても絶不調だったので、優しくしてあげてます♪









歯科麻酔その後!

どうも!今朝も歯医者に行って麻酔かけてきたしましまです。

木曜日に麻酔が効きすぎてひどい目にあい
それ以降動悸も若干あって、しかも顔面の一部の神経がおかしい状態が続いてます。
このままでは美川憲一みたいな口元になってしまうわと恐れおののくものの
虫歯は治療しないといけないわけで
今日も行ってきました。

で、ガッツリドイツ語の専門用語を叩き込んで言ってみたところ
やっぱりこの歯医者はいい歯医者で
しっかり対応してくれて、言ったとおりに麻酔も半量にしてくれて
いい感じで治療できました。

動悸は若干あるままひどくもなくそのまま停滞。
麻酔も半量だけれどやっぱりそれでも若干多い気がしますが
半量なだけに、10時にかけた麻酔が12時半の現在取れつつあります。
これが麻酔だろ、麻酔の適量だろ!と思います。

でも歯科医としては、結構弱い麻酔なんだけどね。。。と言ってました。

しましまとしては、その日結構疲れててお腹も空いてたからだったかも?
または加齢?と言ったりもしましたが
疲れとか空腹、加齢は一切関係なく
アレルギーとか麻酔に合わないとかはある日突然起こると言っていて
(↑しましまは実はこの言葉待ってました!)
だからこういうこともあり得ると。

そして、顔面の神経については
これもよくあることで、時間が経てば消えるけれど
顔面の神経がおかしいのは、多分麻酔が打ったところがあざになっててそれの影響だと思うというので見てもらったら
やっぱり打ったところが茶色のあざになっていたようです。
あざが消えると治るみたいです。

で、また来週虫歯治療ありです。

一応結構痛みの強い歯の神経を抜くか抜かないかで
医者は抜いたほうがいいけれど、温存してもいいんじゃないかと言うので
この痛みとともに生きていくことは一応可能なレベル、と伝えておきました♪

しかし、今回の麻酔事件で激しくドイツ語の歯科用語を調べまくりまして
調べておくと会話するときに超便利ですね。




3/05/2017

歯科麻酔で顔面の一部神経麻痺?

どうも!歯科麻酔で命の危機を感じたしましまです。
激しい動悸、体温低下、顔面の麻痺。
すーーーーーべての副作用の生みの親!

とか言ってる場合じゃないです(T_T)

左の上の歯を治療したんですが、
木曜日に麻酔を打って治療し、4時半から11時まで上記症状に悩まされ
一応治ったと思ったんですが
どうも薬が全身に及んでいるのか、とにかく体力の著しい低下&若干動悸(動悸なんて人生初)
はっきり言って結構健康で、自分で頑張って健康体を維持してきたので
医療ミスで健康を害されたことが非常にショックでしたが
まあ、こんなこともあるのが人生の醍醐味ねってことで、
人生の醍醐味を愛し、愛された男ーー!って感じる今日このごろでございます。

もうサンシャイン・ジャスティスネタは死語なんでしょうか?

それはそうと、動悸の心配をしてたんですが、
実は顔面にも問題がでてきまして、
左側の鼻の横部分に少し触れると口の方までの細い神経がビリビリする感じが常にあります。
何もしないと全く何も感じないんですが
例えば顔を洗ったり、化粧をしたりするととにかく神経がビリつきます。

結構老人とか勤務先の子とかにも色々聞いたりしたんですが
基本的に麻酔って日本が短いみたいで、ドイツだと5,6時間かかるというケースが普通でただ、動悸とか体温低下はないみたいです(当たり前!)

さらに、顔面のしびれなんてもってのほかですが
1人女子が、「それって神経痛めちゃったんじゃないの?」と言ってたので
多分神経やっちゃった説があってるんだと思います。

確かに針を打つときなんてどこに神経があるかなんて見ないで打ってるくさいだろうし
打たないようにしててもついつい打ってしまうのが人間のサガ!

ってことで明日また歯科に行ってくるんで
すーーーーーべてをさらけ出してきたいと思います。

しかしこうして医療ミス的なことで冷静でいられるのも
多分今読んでるのが、続・氷点(下)だからだと思います。
笑点じゃないっすよ、氷点!
氷点は二度目なんですが、罪と許しについて激しく考える今日このごろです。
(しましまは無宗教です)

歯科ネタ以外に驚愕ネタ(しまお13歳スキーネタ)があるのでお楽しみに。




3/03/2017

歯科麻酔が強すぎて衝撃!

どうも!昨日は廃人でした。
午後4時に歯科医に行き麻酔して虫歯治療。
3年前にドイツで虫歯麻酔経験ありですが
はっきり言って何の問題もありませんでした。

が!昨日!
麻酔が消えたのが夜11時です。
6時間ほどかかりました、抜けるのに。

上の歯に対して打ったんですが
まぶたの上まで麻酔がかかってしまい、
目を開けると何だかしみて目が開けない上に
最終的に逆側の顔の表面まで広がってきまして

挙句、異様な冷え!そして激しい動悸!

食欲一切なしですが、7時頃夕食を食べたら
食べると体温が相当上昇するタイプなんで体温が上がっていい感じになったものの
食べ終わったら即冷えてしまい、
ずっと横になってました。

で、なんとか代謝をせねばと思ってお湯飲んだりしてましたが
最終的にあまりにも寒すぎて脂っこいものを求める自分がいて
しまダンナがこの間日本から買ってきたじゃがポックルを食ってちょっと元気になり
なんとか床に付けました♪

体温の上がり方が不思議で、
ある時間を境に、確か10時半頃?に足と手がいきなり暖かくなり体温が戻ってきて
それから両足と腕も暖かくなり体幹も体温が戻ってきたという。
それと同時に顔の麻酔がきいていた部分に
麻酔がそろそろ終わりますよ的なしびれが出てきて、
本当によかったです。

動悸と冷えってやばくないですか?
マジで薬に殺されたと思いましたね。復活しましたが。
恐ろしい。

ってことで、ネットでドイツ語で色々検索していましたが
そんな情報が一切なくて困っていたら
たまたま隣人(医者)が訪ねてきて
別件についてトークしたんですが、ついでに聞いてみたら
薬の量を減らすことは全然可能だ、と言ってました。
超ありがたいアドバイス。

やっぱり6時間以上も麻酔がきいてるのは多すぎるらしいです。

ネットで検索しつつもなくて途方にくれててる瞬間に
いきなり医者が訪ねてくるってすごくないですか??
しましま、ついてる人間だなとつくづく思いました。

はっきり言って歯が痛いのは嫌いなので
麻酔は絶対に必要派。
でもこんなに寝込むほどひどいんだったらと考えてしまいます。
まあ麻酔はこんなことがあったとしても確実に必要なので
半量希望で行きたいです。
そうすれば3時間くらい効く感じになるかと推測。

因みにしましまは、以前は麻酔が効きにくいタイプだったんですが
(酒に強かったから?)
今はめっきりアルコールを飲まなくなり15年が過ぎまして
アルコールどころか薬も飲まない上にカフェインレスな人生を送ってまして

ハートがピュアになったんでしょうね。
めっきり弱くなりました。

今日はこれからタンデム老人にあってくるですが
テーマを歯科麻酔にしようと思って単語を調べまくってたら隣人が来たので
覚えた単語ソッコーで使って会話できたので
もう老人は必要なし。
老人とはエレキについて語ってきます。

しかし薬って本当に怖いッスね。
入院患者でも投薬系の治療の場合は、病院食じゃなくて脂っこいポテチの差し入れとか、本人希望であれば全然ありだと思います。





3/01/2017

ドイツの歯科でCheck upそして虫歯発見

どうも!あまり虫歯ができないしましまです。
基本的に裸眼、歯も健康なんですが
甘いものを調子に乗って食べたりしてると結構虫歯になりますね。

で、今回お湯とか水で激しくしみるので行ってみたら
そこは単なる知覚過敏。
でも別の箇所に虫歯が2箇所見つかりまして、
治療することにしました。

今回行った歯医者は、
例の徒歩3分の近所の歯科医詐欺事件で
すっかり歯医者というものを信じられなくなったしましまが
隣人の医者夫婦のかかりつけ歯医者を紹介してもらって
しまダンナが通ってる歯医者です。

医者が信頼する医者なだけに、はっきり言って素晴らしい歯科医。
美しいホームページなど一切なく
ネットの歯科医評価サイトにすら引っかからないという歯医者なのに
しっかり経営が成り立っている=素晴らしい歯医者ってことですね!

実はしましまはもう数駅隣りの歯医者にかかってました。
しまお13歳と一緒に。

ただ、助手なしで処置が若干イマイチな感じがしないでもないんですが
適当な雰囲気が好きで行ってたんですが
助手も受付嬢もいない状態で電話が繋がりにくく
面倒くさいからしまダンナのまともな歯科医に変えることにしました。

実際今回も行きつけの方にかけたんですが出なかったので。。。

で、新しい歯医者で全体のチェック(保険でカバー出来るので無料)とクリーニングをしてもらいましたが、
経営者の父親でもない医者の知り合いの女医でもない別の男性医師が担当でした。
でも経営者の父親がかなりいい人なんでしょう、
とにかく温存派。無駄な治療は一切しない主義で、説明はもちろんオールドイツ語でクソ早くて聞き取りが結構大変ではありましたが
素晴らしい医者でした。
やっぱりボスがいいと下もしっかり育ちますね。

助手も良ければスタッフがすべて感じが良いという
ドイツにありえない雰囲気で感動しました。

ちなみにドイツだと自分で加入している健康保険で年1,2回の歯科チェックが無料で受けられます。
歯医者ってはっきり言ってものすごく嫌いですが
一旦行ってしまうとまあ日々の痛みをとってくれるわけで
しっかり無料チェックを利用しないとと痛感です。
ちなみに2年ぶりの歯科受診。。。。

それと虫歯の原因が、以前虫歯になった箇所にヘボい詰め方で詰め物をした中にできているそうで、まさに行きつけのドイツの歯科のせいだったみたいです。