ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

2/12/2017

バイト退職ネタ4。今後の身の振り方

空前絶後のぉぉぉーーーーバイト退職ネタ、最終章です。ジャスティス!

3.しましまの今後の身の振り方


実はこの記事を書く前日、
バイト退職ネタでさらなる事件が勃発し、激しいショックを受けてきたしましまです。
何気に退職することを辞めるかどうかも聞かれましたが
やっぱり、男が一度出した結論はそのまま続行だろ!ということで
男気を見せてこのまま辞めることにしました。
女ですが男気っすね。

そんな男気のあるしましまの今後の身の振り方ですが、
そもそもなぜしましまがバイトをはじめたのか、
それは、ドイツ語のスピーキング力を上げたいから、でした。
それもタダで。
そもそもC1の後半の授業を受けていて、どうもスピーキング力がイマひとつで
別に働く気なんてさらさらなかったんですが、
たまたま人が求人案内を見つけて教えてくれて、
勢いで申し込んだら即受かって気づいたら働いてたという状態。


1年働いてみて、スピーキング力は上がったのかというと
答えはNOです。
働く前と働いてる今のスピーキング力は、全く同じです。
話す機会は確かに増えましたが、
働くことによって覚えるドイツ語は一切なかったです。

そう、働くことによってドイツ語は上達しません。
ドイツに住んでるだけでもドイツ語は上達しません。
(通常は英語オンリーのしまダンナが例)

ドイツ語は本を読むこと、文法問題を解くこと、そう卓上の学習でしか上達しないんです。

スカイプレッスンもそうですが、
タンデムとか安い外人とスカイプで会話したところで得られるものは
「外国語を話すという度胸」だけ。

会話上達のためにはCDを繰り返しリピート&丸暗記に限ります。
リアルに完全コピーができるまで
繰り返し聞いて話して録音して確認に限ります。

スピーキング力を上げたいという場合は、毎日10分とかこれを続けたら
1年後には相当な力がついていると保証します。マジで!

しましまがバイト先でスピーキング力があがらなかった理由として
黙って作業している時間が多かったこと
掃除をしている時間が多かったこと
決まり文句だけをいつも言っている状態だったから、だと思います。
だって、単語しらなかったら、言いたいことっていえないじゃないですか!
特にしましまが言いたいことは異様に複雑なことばかりで
しかも自虐ネタとシモネタをふんだんに入れて、最後オチをしっかり付けた会話にしたいわけです。
それって人の会話からでは学べない上に、
特に自虐ネタとオチのないドイツ人の会話からは特に何も学ぶものがなかったという。。。
そう考えると、英語圏は自虐ネタ&笑い、最後にオチが必ず付くので
英語レベルも人間レベルも向上するのがポイント。
アメリカ系の英語も音楽的でかっこよくていいんですが、
やっぱりイギリス系の発音とジョークがお洒落すぎて好きでした。


まあ、それはいいとして、
そもそもバイトとは、自分の労働力を捧げているわけで
自分が得るのはお金とキャリアだけなわけです。
語学力を得よう、得れる、と思ってしまった考えがおかしかったかもしれないです。

ただ、バイトをしながらドイツ語を覚えたい場合は
ドイツ語の発音にうるさいおせっかいおばさんがいるとか、
接客とか一流のものを提供する職務(例えば高級ホテルとか、高級ブティックとか)で働かないと
自分を注意してくれる人が1人もいない状態になるので

語学上達のために何処かで働きたい場合は、上記のような場所限定がいいでしょう。
敷居めっちゃ高いですが。



で、実は転職先をいろいろ考えました。
ああ、考えましたよ。

やっぱりドイツ語がスラスラ話せるようになりたいものでね。
でも色々な店舗をみると、どんなことになるかもう想像できてしまう自分がいます。
ってことで、とにかくいろいろ考えました。

そしてでた結論。
資格を取ろう。
そうです、ドイツにありがちなAusbildungです。(アウスビルドゥング)

なに?アウスビルドゥングってなに??という方、多いと思います。
日本語だと「職業訓練」という訳を目にしますが
アウスビルドゥングははっきり言って直訳不可能!
職業訓練という訳は間違っていると言いたい!
とにかく、ドイツにしかない制度です。

例えばゲイシャとかツナミ、スシにしても、そのまま日本語のまま単語として世界で受け入れられてます。
まさにそのパターン。
アウスビルドゥングはアウスビルドゥングです。

説明が長くなるんで次のブログに書きます。
はっきり言ってアウスビルドゥングについて真の理解ができるまでに4年かかりましたよ。


ってことで、しましまの今後の身の振り方は、アウスビルドゥングです。
アウスビルドゥングで男気を見せつけようぜ2017年春。

それにプラスして、ギターを再開させます。
バイトが変則かつ多忙でギターを弾く暇がなかったもんで
ギターとアウスビルドゥング漬けにして、会社に貢献するのではなく自分に貢献する年にしたいです。
そして、自宅では必ずスピーキング力向上のために毎日10分は絶対に音読を予定。
ドイツ語とかその他言語を頑張っている方、
しましまは4月から実施しますので、一緒に頑張りましょう!
ってことで今のうちに録音器具なども買っておいてください。

多分4月からのブログは基本的に学習ブログになると思うので
独学派の方、必見です♪


ドイツあるある写真。
この衝撃たばこパッケージ!
レジ横には必ずキモい柄のたばこが売ってます。
男気のある方、拡大できるなら是非拡大してじっくり見てほしいぜ!


2 件のコメント:

  1. しまさんこんにちは。
    私はドイツに来て2ヶ月目にしてドイツ人の花屋に社員で入社しましたが、くだらない雑談ができず(仕事に関しては日本でやっていたことと同じだったので問題無かったのですが)上司のおっさんとのコミュニケーションが円滑にいかず、一年目ですが未だ仕事についてしか話さないというなんだか居心地の悪い状態です。同僚達とは楽しく話せるのですが、上司のおっさんは自分が言ったことを一回でわからないと機嫌が悪くなるため私もめんどくさいしもうこいつとは仕事の話だけでいいやと腐り、雰囲気は最悪のままです。

    ともかく!たしかに座学でしかドイツ語は上達しないのは頷けます。
    このおっさんとのコミュニケーションのためにお笑い、時事ネタ、映画ネタと話せるよう前もってネタを仕込んだものの、予想外の方向から変化球が来ると瞬時に返せずにもっとあらゆる方向からの意見を想定して単語を仕込んでおくべきだったと後悔しました。(笑)

    そういった努力からの上達はありましたが、とりあえずお客さんと話すことは大体同じだし、同僚は大体自分の私生活のグチをおとなしく聞き入りあたりさわりのない返答をする私にガンガン話すのを私は聞き入るだけで、
    肝心の自分の意見を話すための語学力向上には至っていない感じです。

    よって、一旦仕事を辞め 12月のC1試験に向けて勉強しようかと思います。
    (しまさんおすすめの参考書、アマゾンで買い漁りました。。)

    しまさんの学習ブログ楽しみにしています。
    いつも、モチベーションが下がったときにパワーを頂いてるので 同じドイツに住むドイツ語学習者のためにも書き続けて下さい!(熱)

    返信削除
    返信
    1. 彩さん、コメント嬉しいです。まさにその通りっ!全く同じシチュエーション!
      むしろくだらない雑談の方が難しいという逆転状態。英語とドイツ語ってぜんぜん違うよなと、むしろ日本語と英語のほうが型にはまった言い方が多いからにてるんじゃないかとすら思う今日このごろじゃないですか??
      確かにC1をとったとき、C1-2をもう一回取りました。再度とったときのクラスが、外でしっかり働いてきたベテランぞろいで、なんでこの人達外で働いてるのにわざわざ舞い戻ってきたんだ?と思ってましたが、今となっては気持ちがよくわかりますね。。。。
      基本的に向上心高すぎて、一般人と修造の間くらいに位置してる感じなため、学習ブログを楽しみにしてくれるとは光栄!こっちも楽しみです♪

      削除