ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

12/27/2016

柔肌の 傷口ほのかに 腐敗臭

どうも!
昨日から川柳でタイトルを書き出したしましまです。

先日包丁で面を削ぐように親指の先の皮膚をごっそりカットしてしまったんですが
絆創膏だと張り付いてしまってひどい痛みなんで
サランラップに変更したんですが
なんだか異様に臭う!
腐敗してるんでしょうか??

でも自分から出る臭い系の匂いって
変に癖になって嗅いでしまうのも事実。。。。

今日はなんとか洗剤で指先を洗いたいもんです。

それはそうと、クリスマス。
今年はしまおらにすでにスマホとパソコンを買ってしまったため
クリスマス前から使用許可を出しているため
今年はツリーの下にプレゼントを色々置くこともなく

指を負傷しているため、ケーキを作ることもなく

とにかくなんのクリスマス感もないままにクリスマスが終了しそうです!

まあトルコ人もツリーすら飾らないらしいので
はっきり言ってキリスト教じゃないから祝う必要まったくないんですけどね。

ドイツは24日がイブ、25と26がクリスマスなので
なんとクリスマスは3日間あるという。。。。

そして27日から30日までは通常通りで
大晦日と元旦は国民の休日で
2日から通常の日が始まります。何事もなかったかのように!

日本人の感覚だと4日からじゃないと体が動かないっすよねーー。




12/26/2016

逃げ恥最終回。ありがとう 言えば自分が ポジティブ化

どうも!逃げ恥という日本で人気のドラマをドイツでも見てました。
ちなみにリアルタイムで見ているわけではないので
最終回は昨日見ました。

結論的に言うとハッピーエンドで良かったんですが
よくよく考えてみると何も変わっていないところがミソですね。
いや、変わってます。
いろいろな人と意見を交換することにより
個人の考え方は非常にポジティブに変わってきました。

自分の年齢についてとか
年の差カップルとか
ゲイカップルとか

とにかくそういう自分のネガティブ面を勝手にネガティブにとらえている人に対して
そんな世間体とか
自分は世間にどう見られているかとか
勝手に考えて勝手に落ち込んだりする必要はまったくないわけですね。
別に相手も世間もそう思ってないし
仮に思ってたとしても、そもそも世間って一体何よ?みたいな。

しましまも現在43歳ですが
確かに勝手に43歳って高齢者だと思って軽く引け目には感じてますが
実はドイツだと年齢については全く関係ないという(実際そうではないとは思いますがね)考えを持っていて
多分年齢差別については日本ほどないような気がします。
転職も年齢に関係なく当たり前に多いですし。

それと主婦の労働についてですが
本当にいいこと言っていて、
結婚すると主婦は無償でボランティアをしているのではないかと
無償で家族のために犠牲になることが当たり前なのではないかと
そう問いかけてますね。

確かに女だから家事をやって当たり前という風潮はあります。
実際しましまもそう思ってます(心がおっさんだからではないですが)

しましまはなぜ女が家事と育児をするのが当たり前と思っているかというと
女性の方が家事も育児も男性よりも上手だと思うからです。
男性を下に見てしまっていて申し訳ないですが
実際女性の方が子供の細かいことにも気づくし、サポート上手だと思います。

ただ、女性が家事と育児をして
それを男性が下に見るのはもってのほかで
やっぱり対等であるべきで、

お互いが、
外で働いてくれてありがとう、
稼いできてくれてありがとう、という気持ち、

家で働いてくれてありがとう、
良い食事と住環境、子育てを負担してくれてありがとうという
気持ちを伝えあうのが特に大切ですよね。

そう、気持ちとコミュニケーションの問題!

とはいえ、人間だからなかなかうまくいかないもの。
そもそも疲れてると絶対に相手にも自分にも優しくなれないので
まずは疲れを取ることが大切なのか?!
そして疲れないような選択肢を常に持ち続ける=自分を大切にすることが大事なのか??などなど


ガッキーがかわいいとか
ヒラマサ萌えーーとかそういうのもありますが


非常にいいドラマでした。
見てない人は是非!

ちなみに電子版の漫画を見てみたら(8巻まである漫画ですが1巻目が無料)
絵が下手系だけれど内容は良く出来てるので
うっかり8巻まで購入してしまいました!
漫画なんて買わないし読まない派なんですが、
1巻目を見てドラマよりも色々書いてあって細かったもので!
さらに年末年始くらい脳を休めたいという意味もあり。。。

紙の漫画だとかさばるし敷居が結構高いんですが
電子漫画だと敷居低めでいいですね!
一回読んだら二度と読むことがないため転売できないのがミソですが。



12/23/2016

借金催促ネタ、指負傷!

師走ですね。
師走すぎて昨日色々と忙しくて、包丁で思いっきり指を切ってしまったしましまです。
キャベツを高速千切りしていたんですが
すっと切ったのではなく、
面ごと皮膚を切り取ってしまった系でかなりの出血量!
左手の親指の先なんですが、
でかい絆創膏を貼っていて
こういう瞬間に、高島忠夫です、イエーイとか言ってもバイト先の誰も知らない忠生氏。。。
こういうときって国際色豊かすぎる職場だとキツイですね。
しましまのギャグは日本古来のオヤジギャグなもんで!

基本的にしましまの料理の手順は
米を炊いてからキャベツの千切りという感じなので
もう料理の最初の段階で負傷してしまったため本当に昨日の料理はキツかった。。。

しかもしまお15歳は友だちの車に乗ってサッカーにいくはずが
しまお15歳近所で遭難事件というか会えなかったみたいで
しましまが車で探しに行って、サッカーに連れて行って
帰宅して30分で夕飯を作らないといけなかったので焦っててこのザマです。
指ケガした状態で料理してその後迎えに行ったら
なんと少年2名のはずが急遽3名送ることになったり、まあ毎週こんな感じです。

で、サッカーのコーチにお金を貸している歴2年以上のしましまですが
3回だけ返済してもらって、
色々と話したりメールしたりして
詳細は書きませんが当然ドイツ人なのでドイツ語ですが
軽く和解みたいな感じになりまして
向こうもなんとか全額返済をしたいという意向となり
この日返してもらいました。まだまだたっぷり残金残ってますが
毎月催促しまくって返してもらいたいと思ってます♪

やっぱり借金の催促はとにかくしつこくがポイントです。
今回途中で嫌気が差したんですが、
それでもなおしつこくアタックすることで
正直人間関係が相当崩れますが
崩れてもそもそもお金の貸し借りをしている時点でもうコーチと親の関係ではなく
借り主と貸主という関係なので
貸主としての立ち位置をしっかり見極めつつ
相手の正確を把握してどういう風にすればいいのかを判断し
今回は北風と太陽作戦で挑んで軽くうまくいっている感じです。

今日もバイトをしてきて、先ほど食材の買い物などしてきましたが
バイト先もとにかくクリスマスプレゼントを買い求める客で溢れ
スーパーも、24日午後、25日、26日のスーパーは閉まるので
3日分の食料を買い求める客で溢れ
軽く買い物ストレス。

買いたいものが結構売り切れてまして
毎年この時期恐ろしいです。
ちなみに鶏肉を買おうとしたら鶏肉の冷蔵庫が空っぽ!
皆さんクリスマスチキンを予定しているんでしょうか?
ってことで代替えとしてステーキ肉を買ってみました。

それとクリスマスと言ったら日本ではケーキですが
ドイツではそういう習慣がない上(そんな生菓子ではなくシュトレンみたいな超日持ちするやつ)
指負傷して作る気力もなく
明日子供らと相談して手伝ってくれるなら作ってもOK牧場という流れにしたい。
または、そのへんのパン屋で冬に売ってるあんドーナツみたいな揚げパン(ベルリーナー)で済ませたいッス。

このベルリーナーという揚げパン、大晦日に大々的に販売されるパン。
日本で言うおはぎみたいな感じですね。彼岸になると大々的に販売されてとりあえずみんな食うみたいな。

ドイツは旬がすごくしっかりしてる国で
冬は冬の菓子とか食べ物を売り、春には白アスパラとかいちごとか、
とにかく季節感溢れまくりです。
まあ日本も季節感たっぷりですが、
日本の季節感ってさり気なくとりいれる系でおしゃれなんですが、
ドイツの場合白アスパラがあったら1人10本とか、そういうノリでそれだけ食う系だったりします。
ベルリーナーもしましまの場合1個で腹いっぱいですが
多分1人3個とか5個とかありえるんじゃないのか?と
他人の豪快な買い方を見て想像してしまいます。。。。


12/22/2016

13年愛用の腕時計。ラクレットの機械

どうも!
しましま、腕とか指、首などにジャラジャラ着けるのが大嫌い
ジャラジャラじゃなくても装着するのが苦手なタイプでして
爪にマニュキアなんてもってのほか、耳にも何もつけません!
でも時間は知りたいので腕時計にはこだわりがありまして
1個しか持ってないんですが、

ベルトは絶対に革、
時計部分の金具が皮膚に直接当たらないような構造
重くない
極小

ということで
30歳の誕生日に自分で買った時計を未だに電池交換だけで使用してます。
それがこれ。






時計大嫌いな皆さんに超オススメです。
今回さすがに皮部分がぼろぼろになってきたので革部分だけ買って送ってもらおうと思ってます。

ちなみにベルト部分だけで4000円なので、時計が10000円?と衝撃ですが
とにかく小さい時計です。
あまりの小ささに、ロンドンで電池交換を頼んだときに拒否られましたが
ドイツでは交換全然OK。
むしろ時計の小ささとデザイン力の高さに感動してました。
ドイツ人、本当に日本のこういう技術好きですよねーー。

でも何がすごいって、13年使えるベルトだということ。
結構丈夫だと思います。
だって、しましま、1日につけたらつけっぱなしではなく
基本的に時計は外出の時だけなので、つけたり外したりするのが異様に多いので
品質はしましまの保証済み!
ベルトだけ買えることが分かってホッとしてます。


それとラクレット。
以前アマゾンのドイツでこんなラクレット器具を買いました。

↓これは日本のリンクですがこれとそっくり。







ろうそくに火をつけてろうそくの熱でチーズを溶かすという画期的な機械で
2個買いました。

で2人で1個ずつ使ってラクレットをしたんですが
とにかくチーズがくせぇ!
こんなにくさいのに溶けると匂いがなくなって美味しくなるのが不思議。

で、1パックに大量にチーズが入っていて使いきれなかったので
しましまが毎日1人ラクレットをしていましたが
とにかく便利。

基本的にテフロンコーティングを避けてますが
こればかりはテフロンじゃないとダメなので使ってますが
ろうそく3個でこんなにじっくじくになるのねってくらい熱がしっかり伝わります。

巨大なラクレットの機械だと、まず出すのが面倒くさいし
電気コードもあるしで、1人でラクレットなんてしないし
そもそもラクレットなんて年1しかしなそうな勢いなので
このともしび系ラクレット器具を買いましたが大正解!
ラクレットが超身近に感じられ、ハイジ気分満喫中。

うちではリアルラクレットはせずに
ハンバーグの日に上にチーズを溶かしてかけたりとか
しましまが残ったチーズがあまりにくさいんで消費のために毎日1人ラクレットをしてましたが
普通に食パンにかけて食うのがベストと気づいたりそんな感じでお手軽に出来ます。

そもそも食卓にろうそくとか灯さない家族なので
こういう機会にろうそくともしたいッスね!

今日で全部食べきったので、冷蔵庫もこれで開ける度に臭うことがなくなり嬉しい限り。
発酵食品ってくさいですよねーー。
キムチ、納豆、大根の漬物、そしてチーズ。
はっきり言って自分の中では全部くさいですが、チーズの臭さが一番苦手です。
ドイツのチーズ屋では絶対にバイトできません=呼吸止めて通り過ぎてるんで。




12/21/2016

ドイツ鳥インフルエンザ対策(犬猫用)&ドイツ語

ドイツでは鳥インフルエンザが鳥に流行ってまして
そのニュースがでたのが11月下旬。
ハンブルクでも動物園で大量の鳥が死んだり、その辺の野鳥が死んでるのを確認し菌も発見されたそうです。

で、12月1日から21日間のみに法律みたいなのが出来まして
飼い犬は散歩の際、綱必須。
猫は家の中に閉じ込めておくこと。

ということで今日から開放できるぜと、猫を買ってる隣人と
ベビーシッターで預けに来る際に、カウントダウンの日々を送っておりましたが
なんと、12月6日にハンブルクで一羽感染発見ということで

二度目に見つかった場合は同じルールが今度は30日間適用。

という若干複雑な文章でネット上に載ってまして
そうなると1月6日までということになります。

ということで、来年まで隣人猫は家の中にいるわけですが
すでに相当ストレスたまってるみたいです。

先日2日間留守だったのでしま犬連れて猫の世話をしに行きましたが
やっぱりド暇なんでしょうね。
ひたすら床でぐねぐね動いて甘えまくってました&うちの犬とも何気に遊んでました、
挑発ごっこと言う感じで。

しかしドイツの法律系の文章は異様にくどいですね。
くどいけれど辞書なしで理解可能ではありますが!

しましまのドイツ語について:
先日バイト先でシステム変更についての説明会と言うものがあって参加してきましたが
昨日この件について不明点があって同僚と色々話してみたんですが
グループによって内容が若干違うようで色々教えてもらって良かったです。
が!こういう系の話だとドイツ語が急に複雑になるので
聞き取りは99%大丈夫&知らない単語でも完全に予想がつくので普通に聞けますが
自分が言いたいことが全然言えないところが結構つらいです。

日本にいるとドイツでドイツ語だけで働いていて
それも別に働かなくてもいい駐在妻という身分でですよ!
それもドイツに来てはじめてドイツ語知りましたから!
グーテンタークも、ドイツの位置すら知らなかったくらい完全無視してた国ですから!
ドイツに横移動と聞いて、どこのドイツだ〜〜い?とか言ってたくらいの状態でしたから!
でも色々と苦労と努力をし、ドイツで就職し別に普通に働いてますので
読者の皆さん的には相当デキる女だと思っていると思いますが
やっぱりドイツ語はドイツ人に比べると全然出来てないので
こういう複雑な言い回しが必要で
自己弁護というか自己主張が必要なときに思いっきり損してる感があります。
悔しい。自分の至らなさに悔しいですね。

といいつつ、ドイツは外人にとって住みやすいなと思っているのが
ドイツ人気質が極めて日本人と近いところ。
日本人なんて外人が変な日本語を喋っていたとしても
何とかして意味を読み取ろうとしたりするし
そもそも話している事自体、話そうとしている事自体を認めて尊敬する民族ですよね。
頑張っている外人を見下さない。

その感じはドイツ人も全く同じで、
結構変なドイツ語を使ってもみんな絶対に差別しないし受け止めてくれます。

英語圏の場合というか、アメリカとかイギリスだと
変な事を言うと即「はぁ??何言ってるか分かりませんけど??」みたいな見下し系のノリで返されるので
結構凹みますがドイツではこういう面でへこんだことはないですね。
もちろん外人差別はありますが。

人間って言葉を話す生き物で、言葉でコミュニケーションをとるのが必須だから
言葉は大切ですよね。
ってことで、頑張らなかった日なんて一日たりともないしましまで
後悔なんてほぼしないタイプなんですが
語学ってやってもやってもキリがないですね。終わりなき戦い。

切っても切っても切れないものってなーんだ?
親子の縁!とかうっかりいいたくなりますが

やってもやってもキリがないもの?
テロ!←ベルリンのクリスマスマーケットを狙ったテロ。ひどいですね。

いや、語学でしょう。

何が恐ろしいって、ドイツ語がこんなにダメなくせに夢はほぼドイツ語だし
英語と日本語で喋りづらくなっている自分がいるので
「日本語オンリー日」というのを家族で設けて
ドイツ語つかっちゃったら罰金とか色々考えてます。









12/18/2016

逃げ恥、見てます!クリスマスマーケット画像

どうも!今日はクリスマスマーケット二度目、に行ってきました。
前回は土曜日の夜、それも市庁舎前ということで激混みで後悔したので
今回は日曜の昼間、若干雨が降って止んだ直後、それも近所の場所に行ってきました。
人が少なすぎて快適!
食べたいもの全部食べてクリスマスマーケット堪能。
というか、目的は年賀状写真をとるためだったという。。。。
なんとか撮影をし、帰りには、こぶりなクリスマスツリー(生のもみの木)を買って
しまおらに運ばせました。
っていうか、もうクリスマスツリーも卒業かなと言う感じがしないでもない今日このごろ。
やっぱり門松&しめ飾りでしょう!
正月飾りのほうが萌えます。















さて、画像のあとは本題の逃げ恥。
このドラマ、もう恋愛経験のある人なら多分ドハマリするドラマだと思います。
しまおらは恋愛経験がないので、
胸がキュンとするとかそういう感情が一切ないそうです!一切!
ただ、ヒラマサが笑える、みくりがかわいい、それだけみたいです。

それとザ・ベストテンとか、なんでも鑑定団とかそういう画像を一切見たことがない若者、それも海外在住には何気にキツイドラマかもしれませんが、
全部知ってる30代、40代くらいだともう大変ですね、感情移入しすぎてしまって!

ドラマ的にというか女子的な気持ちとしては
お互い結婚してハッピーエンド♪を希望してしまいますが

冷静に考えるとよく出来たコンセプトで
主婦の家事労働に対しての対価はどうなっているのか、
主婦の家事労働はボランティアではない
好きの搾取だ、というので、

昨日しまダンナがダウンロードした分の動画を見て
考えさせられましたね。

確かに家事労働は家事する側からすると相当な搾取なのではないかと思います。
名字を変更させられ、キャリアを捨てさせられた上
子供を産ませられ育てさせられ
女性が結婚して主婦になり母となるというのは
結構大変な「責任のある仕事」だと個人的には思います。

よって夫の稼ぎの半分は当然妻のものです。

ただ、夫がサラリーマンの場合だと、会社のために働いているわけです。
まあそもそも労働というのは、サラリーマンでなくても、
お金を稼ぐため、生活のためのものなので
外で頑張らないといけないわけです。

妻の場合、家のために、身内のために働いているわけで
そこに賃金は発生しないところがネックですが
こんなに尊い仕事があるか?という認識でいます。

これが共稼ぎになると、子供をベビーシッターにお願いしたり
週に何度か掃除に来てもらうという人も当たり前にいますし
外国だと住み込みで若い留学生がベビーシッターをしてくれるというケースもありますが
基本的には家事労働と子育てはアウトソーシング可能な分野なんだろうなと
ドイツに住んで漠然と思い始めました。
何も主婦が全部完璧に責任を持ってするべき仕事でもないかな、と。

今までは女子は子供を産んだら一旦会社をやめてなるべく家にいて
子育てと家事に専念。
会社で空いたポストには若い子がまた入ればいい。
子供が入学したら主婦がまた主婦らしい働き方で働けばいいじゃんと
そう思っていました。軽く女性蔑視のおっさんみたいな考えでしたが
けっして女性を軽視しているわけではなく差別しているわけでもなく
区別しているのと、女性の方が実際に仕事も家事もできるわけで、
そういった意味で能力が高いと思っているもので(ある意味差別ですね。)

自分じゃなければ出来ない仕事なんてないんじゃないの?
むしろお母さんでいることこそ自分でなければ出来ない仕事なんじゃないの?と思ってたんですが。
それもどうかと最近思っていまして、
子供って確かに両親から生まれてくるわけですが
何も両親が育てなくても愛があれば子供はしっかり育つので
愛のある両親が共働きして子育てとか家事をアウトソーシングするのは素晴らしいと
特に育休をがっつりとり、共働きの隣人夫婦を見て感じている今日このごろです。


ただ、日本ってそういう社会じゃないですよねーー。
女子が一旦やめたら社会復帰不可能という状態!
だからみんな赤ちゃんがいてもフルで働いたりするんだろうなと思います。

ただ、フルタイムで働く意味って本来どうなんでしょうね?
その人が9時から6時までそこにいないといけないという意味ってなくないですか?
女性のフルタイム職を2部制にして2人雇えばいいのに、そう思いますね。
で、下の子が小学校に上がったらその会社でフルで働くことも出来るし
転職することも出来るしで、人にも会社にも社会にも優しい気がしてならないです。

家事労働と子育てはアウトソーシング可能とは書いていますが
しましま自身は全部自分でやってきてます。
自分でやってみるととにかくローコストな上に
自営業と同じで、自分の貢献したい人にダイレクトに貢献できるこの上ない素晴らしい仕事が家事と育児だと感じてますので
特に幼少期は、自分で育ててみると最高の幸せが味わえると思います。

ただ、労力は半端ないので、
専業主婦でいるなら旦那さんの稼ぎの半分は自分のものだとしっかり自覚して挑むことが大切だと思いました。

よく財布も嫁にまかせない上に超ドケチな旦那さんがいるというのをたまに聞きますが
論外!
ありえないです。まさに搾取。
そういう場合はこのドラマは必見!









12/17/2016

C1語学学校友人とお茶。息子らの事


今日は仕事をオフ!にしました。
土曜日に働かないってなんて素晴らしいことでしょう。
人間、2日連続で休まないと休んだ気がしないッスよね。

ってことで、ほぼ毎週土曜日に働いているしましまでございますが
今日はC1語学学校時代の友人と再びお茶する約束になっていまして
3時間もカフェでトークして帰ってきました。

楽しかった!

5人で5カ国というのがすごすぎる上に、
みんなしましま以上にモチベーションが高くて、話してて本当に楽しいし
語学学校でもC1レベルの友達はB1時代よりも細かいことを伝え合える仲になっているので
話してて色々参考になるし、本当に面白いです、内容が。

写真なぞ撮りましたがとりあえずここでは載せません♪

その代わりにこんな写真を↓


昨日しまお15歳が書いていた宿題なんですが
なんと宿題の提出はスキャンして先生に送って提出。
(今見たら年号間違ってるので、あとで訂正させます)

自分でこんな風にまとめたみたいですが
9年生でやるこの教科、なんだと思います??


なんと中3で、心理学です!すでに!
大学生かっつーの!
ちなみに哲学もあるそうでびっくりです。
物理もやってますが。

しまお15歳、字が超汚い男で有名でしたが(我が家で有名なだけですが)
無印のゲルインクボールペンを与えたところ
こんなに美しい字を書くようになりました。
まあ日本だともっときれいに書くでしょうが、ドイツだとこれでも結構きれいな方です。
注:男の場合

ってことでMUJIのゲルインクボールペン、替芯を買ってひたすら愛用中!

ドイツ人ってボールペンじゃなくてむしろ万年筆児童が多く
完全にリアルドイツ人化しているしまお13歳は、当然万年筆派です。
しまお15歳は、純日本人なのでこういうタイプが書きやすいみたいです。

しかしこういうドイツ語びっしり宿題とかドイツ語びっしりテストをみると、
偉いなと、ただただ偉いなと思います。
7歳と9歳で親の仕事の都合でいきなり海外に住みはじめ、
気づけば非英語圏のドイツで、ドイツ人に混じって心理学なぞ勉強して課題を提出しているわけですから!
しかも外人だからという配慮が一切ない状態で!

心理学も哲学もものすごく楽しいみたいです。
そして行っているギムナジウムは部活も充実していて
しまお15歳はITクラブとプログラミング部の2つにでていて
さらに、First Aid(救命救急)の資格も学校で取ったので
月に何度かは救命救急員としての活動もあるそうです。
さらに、フランス語だけ異様に成績が悪いので、補習授業をとってます。
あとは週1回、ドイツ語の家庭教師をつけてます。

しまお13歳の方はコンピューターウイルスを作りたくてプログラミング部に同じく入って、
成績は普通にいいので補習は通っておらず、
クラスの副委員長として君臨。
完全にドイツ人化しているのでドイツ語で困ることなんて一切ないため家庭教師も必要なく
普通に友達の家に入り浸ったり友達が家に来たり。
週末は基本的に友達が異様に多いので
誕生日に招かれることが多く、パーティー三昧。

なんなんでしょうねこの差!

ただ、それぞれがそれなりの個性を活かしまくってたくましく育ってます。

ちなみにですが、しまお13歳の部屋に以前勉強机を買ってあげたのですが
机の上が超汚い上に
自分の部屋の床に寝そべって勉強するのが好きだそうで
机を取り上げまして
しまお15歳の部屋に設置したところ
なんとしまお15歳が自室で勉強するようになりましたっ!
しかも机の上がいつも整理されていて、びっくり。

机に合うタイプ、合わないタイプってありますが
見極めを2年ほど間違ってたみたいです。

ちなみにしましまは勉強机が合わないタイプでした。
リビングORこたつ派OR図書館派!
常に人にさらされていたいタイプ!

しかし弟のお下がりをあてがわれて喜んでるのも
器のでかい兄ですね。

ちなみにそんな兄から
お下がりの綿入りジャケット(15ユーロ、H&M)を譲り受けたしまお13歳ですが、
すでに袖口から大量の綿がでてまして、
そもそもダウンジャケットじゃなかったことに驚きを隠せませんが
あまりにも綿がですぎていてさすがに俺恥ずかしい、と言われたので
先日都心で待ち合わせをして、こやつと2人でショッピング♪

アディダスの立派な”ダウン”を買ってあげました!
もう170センチを超えてるうえ、意外に細くないんで
ヨーロッパのMサイズという。。。。。

ちなみに最近しまダンナがスリム化というか小型化?してきまして
しまダンナもヨーロッパサイズMを着るようになりました。

ってことでしま家には、Mサイズを着る男×3名。
これ、女だったら確実にみんなで着回しとかすると思いますネ。
そのうちしまダンナの高級お古がしまおらに行く気がしないでもない。。。

今年の年賀状は立って横並び撮影したい、そう思ってます。

12/15/2016

Bruno Marsについて語る!コンサートチケット購入


とりあえずこの動画を見て欲しいッス。
Bruno Marsがこの間アルバムをだしたんですが、
もうアルバムがほぼ全曲ノリノリで素晴らしいという状態で、
通常アルバム買いをしないタイプなんですが(高くてもあえてアルバム内の数曲だけ単品購入派)
マイケル・ジャクソンとビートルズとBruno Marsはアルバム買いです。

で、そんなBruno Marsですが、この動画に感動!っていうか笑えるので是非。
実は前にも書いたと思いますが、
すでにBruno Marsのコンサートチケットを購入済みでして、
曲全部を完全コピーを予定してます。
こんな運転手みたいに歌えたら楽しそう。。。。



https://www.youtube.com/watch?v=AFxCO_DyzYM


で、コンサートチケットですが、
実はイギリスに転勤が決まったときに、
丁度マイケル・ジャクソンがまだ生きてたときで
イギリスでコンサートがあると言うので
行く気満々だったら死んでしまいまして
エアロ・スミスを経て、とりあえず最後に行った長渕剛コンサートを最後に
7年ぶりくらいのコンサートとなります!
コンサート行ってない歴7年。

で、長渕のときは一番後ろの席でしかも1人で行ってきて
(実弟がいけなくなったために代理で)
長渕リアルファンすぎる野郎系が常に拳を上げている状態2時間が体力的に持たずに大変でしたが
ハンブルクに来るBruno Marsの座席も後ろでいいかなとか思ったんですが、
値段を見てみると、結構金額に差がなくて
20ユーロ出すだけで前の方、
さらに20出すだけで、舞台袖の花道特等席という状態だったので
当然特等席を購入してしまいました。


この動画、他にもジャスティン・ビーバーとかシリーズがあって
いい感じの司会者というか運転手ですね。
必見!

それとコンサート。
実はちょっと行ってみたいな的な感じで
たまたまバイト先の若い男子に聞いてみたところ
とっとと買ったほうがいいとのこと。
なぜならどんどん値が上がるらしいです。
で、先日買って無事に届きまして、今見てみたらなんとすでにしましまが買った最前列の高額チケットの値段は、末席以下になってまして、
全体的に値段が上がっている状態です!
ある意味お得。
うっかりヤフオクで売りさばきたくなりますが、
こればかりはたとえ高値でも絶対に行きたいので楽しみ!

5ヶ月先ですでに歌に飽き飽きしてるかもしれないという恐れもありつつ
さすがに5ヶ月もあれば完コピは余裕なので
ベテランとして楽しんできたいと思ってます♪


12/14/2016

Yoko TawadaさんのAkzentrfeiようやく読み終わった!

多和田葉子さんって知ってます?
最近まで知りませんでした。

タンデムで週1回お茶してる老人が、
すごい日本人がいるということで買ったそうで
読み終わったから貸してくれました。
基本的に本の趣味もにてるので老人とは本の貸し借りもしてます。

で、Yoko Tawadaさん、日本人の小説家なのですが
なんとドイツ歴が相当長く、ハンブルク歴も長かったそうで
ドイツ語の文章力が相当あって、老人もびっくりの内容&文法。

しましまもこの本は結構手こずりまして
文法自体は普通のドイツ語ですが語彙力が半端ないので
結構辞書を弾いて7割位読みましたが
ちょっと時間がなかったので、あとは流し読みしたものの一応全部読みました。

基本的に日本人が日本人目線でドイツについて書いている本なので
何気に内容とかその人が持つ感覚は分かるから
流し読みは可能な本です。ただしC1レベル。
そして流し読みすると6割位の理解しかできないところがミソ。
結構難易度の高い単語を使ってます。
B2だとかなりきついです。

多分この本、もっとしっかり読んで、3回位スラスラ読めるようになったらC2レベルに到達できるのではないかと思える本でした。
その辺のドイツ人が書いた本よりはむしろ読みやすく
語彙力はマジで増えそうです。しっかり辞書使った場合。
(ちなみに使わないで単語は大体想像できるのでそのまま流し読みすると
読み終わったあと特に自己向上できてません。
本として読むならいいんですが、ドイツ語も学びつつ読みたい場合は辞書必須)
一応今年の10月に出た本なので最新内容。
C1レベルに達して、読書したい方にはおすすめの本です!





12/12/2016

若干復活!多忙だった先週の事

本当に激しい1週間でした。
今週はあまり激しくないことを祈る!

先週は何が大変だって、銀行の口座開設。
日本だと口座に維持費なんてかからず複数持ってたりしますし簡単に持てますが
ドイツだと口座維持費ってのがかかります。月500円程度とか。
クレジットカードも使用料金がかかります。月1000円程度。

↑高くないですか?!

しかもドイツは共同名義で口座を持つことが可能で
しまダンナと2人名義で持ってました。
4年使っていた銀行ですが、マニアック銀行な上にお金をおろしに行くのにやたら不便な上に
ここ数年でどんどんATMが閉じていき、先行き超不安ということで
東京三菱並にでかい銀行Haspaで口座を開設してきました。もちろん2人名義で。

ドイツって口座を開設すると、
前に使っていたドイツの口座の振込とか引き落とし情報を
新口座のサイトでワンクリックの自動が処理でき、
かつ、使っていた銀行の預金を全額移動した上に口座を閉じることも可能だそうです。
それもどの銀行でも。

ってことで、ワンクリックの自動ということに惹かれたわけですが
そのHaspaが3週間前に導入したという新システムがうまく作動せず
結局自分で自宅でやってくださいと言われ、先日自宅でやったんですが
結局自動でできなかったので手動モードに切り替えて一つ一つ地道に移動させました。

オンライン著名をスマホに送られてきた画面で指でサインしてそれをパソコンに反映させたりと面白いテクニック満載!
ただ、処理できる引き落としと処理できないものが色々あって
処理できなかったものを今日する予定。

一応全部自分で頑張って終了させました!
結局面倒くさい作業ですが、
Haspaの場合ATMが豊富、口座維持費は無料、クレジットカード代は月10€で2人でも同じ金額なのでお得感アリ。

といいつつ最近流行りのネット銀行は、
何もかもタダ。
その辺の適当なATMでクレジットカードで現金を引き落とせるようで、
実はこっちのほうが便利なんですが
しまダンナはHaspaの英語サイトで自分で色々したいという願いがあってのHaspa選択です。


って言う日がありました。

土曜日はしまダンナの買い物に付き合ったあとにパートの仕事に行って19時までガッツリ働き
その後、本屋で税金本を読み漁り、
(2時間では家にかえることもできず時間を潰してました)
夜9時からバイト先の食事会に参加し
11時に途中で脱退して家に戻りましたが、
すでに土曜日の朝時点で廃人だったんですが、
日曜日はもうヘロヘロでしたね。。。。
しかもしまダンナが選んでダウンロードした映画(邦画)が何気にホラーで衝撃。
(パンデミック系)
即やめてもらいました。
基本的に20代ではホラー好きでしたが、
最近の日本のホラーはえげつないと思うのはしましまだけでしょうか?

って言うか、そういう人的に作り上げられたホラーよりも
最近ドイツ国内を蔓延している鳥インフルエンザの方がホラー。
何気にパンデミック系。
12月21日までネコは室内または紐をつけて散歩、犬も綱必須で
綱なしで散歩してると警察に見つかったら罰金だそうです!
むしろ鳥インフルエンザよりも警察にビビる飼い主ら多数。
警察が来たら即犬を呼び寄せられるように犬とは距離を取らないほうがいいらしいです。
警察と法の威力がすごいドイツ!

ちなみに鳥インフル、最初はまったく焦ってませんでしたし
うちの犬は鳥も猫も怖がるチキン犬なので綱なし散歩は当たり前でしたが
公園の池にいるはずのあひるが近所の道をフラフラあるってたらどう思います??
それも超アグレッシブなはずのあひるがかなりの挙動不審だったり。

あひるって公園にいると普通に見えますが
近所の道に入ると白鳥便器にしか見えないですね!
本気でおまるサイズ、それも結構でかいので大人のおまるにも使えそうな感じの特大サイズで結構ビビりました。


それと水曜日から土曜日まで例の借金問題で
貸してる相手と激しくメールで交渉をしていて
精神的に疲れていたしましま。

ですが!そんなさなか、
木曜日にドイツ人カップルの友達がしま家に遊びに来まして
それも朝9時に来るといったのに、8時40分に来て、帰ったのが4時前!
ドイツのスープとクッキー3種を作りました。
しかしドイツ人って料理とおしゃべり(と言う名の主張)大好きですよねーー。
しましまは料理するときはスピードかつ無言、衛生面を非常に重視している寿司職人並みのノリなので、心底日本人だなと思ってしまいます。

それ以外の時間はすべて家事労働、庭仕事、または税金関係の調べ物という状態で
暇な時間一切なし!
バイトの時間も昼にかぶってる時間が多かったので
1日2食生活でした。

おかげでジムにも行けず、せっかくマッチョになってきたのに軽く痩せてしまい
昨日はとりあえず渋々ジムに行き、なんとか復活した感じです。
疲れたときこそむしろジム。
ジムで使ってる鉄アレイ、実は1キロなんですが、
1キロで頑張っていたら昨日2キロ(合計4キロ)出来るようになりまして
励みになりますね♪
地味に努力するとなんでもできるようになるものです。

借金返済の交渉もそうですが、結構2年以上地味に努力して来て
なんとか交友関係も維持しつつ、全額回収できそうです。
もしこれが達成できたら、自分の価値観がまた変わりそうです。

そしてしまテストジャパンのサイトにも書いたんですが
来年度から価格上昇&提供しているテストを2種類から3種類に変更を予定していて
今週はそれをガッツリ頑張って終わらせることと
税務関係を全部終わらせることを目標にしてます。

ちなみにこれ以外にも、弁当は作るしパンも作るし
毎日ゼリーも作ってますし
昨日は餃子を作りましたが、とにかく手作り率が半端ないです。
味噌汁には出汁をしっかりとってます。

といいつつ、
実は菓子類と菓子パンだけは手作りをせずに買ってますが
クッキーづくりをしたら、何気に手作りクッキーうまいし楽だねということで
毎週日曜日は1週間分のクッキーとかまんじゅうとか作ってもいいかもしれないと思ってしまいました。
ドイツ人の料理って面白いというか、日本と全く違う!と
文化の違いをかなり感じたので時間があったらアップします。お楽しみに!






12/09/2016

小休止中

びっくりするくらい忙しすぎるので
ネタの宝庫なんですが、
ブログ書く暇一切なし。
来週くらいにアップします!

12/06/2016

ドイツの税申告システム。DATEV

どうも!昨日はバイトがなかったので銀行に口座開設に行ったり
それ以外はずっと、多分8時間位、ドイツ語だけでひたすら税金系、税金申告系について調べていました。

本当にドイツはすごい国だと改めて実感。
ただ自分でもすごいのが、
もうこういう実用系関連の道に進んでいるということ。
しかも辞書引いても経理系でむしろわからないので
辞書なんて一切ひかずにドイツ語だけでひたすら調べてドイツ語だけで理解するという感じで
昨日は自分でも必死だったんで、日本語とか英語の検索と同じくらい苦労して情報を収集して読んでましたが
気づけば全部ドイツ語じゃないか、
さらに、今まで思いっきり避けていた経理系じゃないかという状態。
こうして人は大人になっていくんですね♪

簿記は一回も勉強したことないんですが
はっきり言って興味が湧いてきました。嫌いじゃないです。
そして多分簿記の基本は同じですが(複式簿記という理念はヨーロッパ生まれ)
要するに整理整頓能力が極めて必要な分野ってことですね。

日本だと給与明細って会社ごとに違う紙で違うフォームだったりしますし
勘定科目コードは日本で一律ではないんですが、

ドイツってDATEVという経理システムがあって、
しまダンナの会社もしましまのバイト先も、全く同じDATEV社ロゴの入った給与明細です。
これは自分の会社の経理の人が入力して、税理士とか会計事務所みたいなところを通じてDATEVに送られて、それで毎月の給与明細が出せたりするという感じです。

なぜDATEVに行き着いたかというと、
起業した自分の会社の簿記をエクセルでやってるんですが
勘定科目がいまいちわからなくて、
ベーシックな勘定科目ってないものなのかと検索していたら
ヤフー知恵袋ドイツ語バージョンなるものを発見。

基本的に起業した人って簿記に無知な人が多く
無知だからこそネットで質問するんですが、

質問に答えるネットに徘徊している簿記関係の人って
濃い経理体質というか気質の人ばかりで、
経理に詳しいからネットで嫌味な感じで答えてくると思うんですが、

勘定科目について誰かが聞くと
それは1400だとか、とりあえず数字4桁の答えが多し。

なんで数字なんだよと調べてみたら、DATEVでは
勘定科目がすべて数字コード化されてまして、
それがどうやらドイツで一律らしく、
しかもDATEVが幅を利かせているようで、周知の事実のようです。

ただ、ドイツを知っている方はわかると思いますが
とにかく法律が多い、規則多すぎです!
先週も鳥ペストが流行ったために、犬は綱を付けて散歩するようにと言う新たな法律も誕生したくらいですから。

で、しましま、複式簿記がすでに入っている市販の会計ソフトを現在無料お試し中なんですが、
そこで何かを入れようとすると、勘定科目を選択しないといけないわけで
お手軽だなと思ったら大間違い。
勘定科目の量が半端なく、しかも何を選んでいいかわからないくらい!
しかも0%と7%と19%という3種類がもれなくセットという!

ってことで、色々調べた結果、収入はそもそも少ない上に
4ヶ月だけの収入で申告するので、
明らかに税金を払わなくていい対象となっていることがわかりまして
(すでに知ってましたし、面倒くさいからあえて価格控えめに設定してます。)
この市販ソフトはもう使わないことにして
エクセルで単式簿記にすることに決定しました!
ちなみにドイツだと17500€以下なら対象外。でも申告義務あり。
約200万弱って結構すごいですよね。

で、単式簿記での提出方法は、決まったフォームのないフォームで提出可能ということで
でも、いくらなんでも決まったフォームのないフォームでも
基本フォームってあるだろうと思って、それで激しく色々な事例を検索しまして
色々見つけた結果、いい感じの決まったフォームのない用フォームと言うものを探し出すことができました。

実は、2016年9月に新たな法律ができまして、税申告はすべてオンラインでしなければいけないそうです。手書きNG。
ということで、ネックなのが、個人事業主の税申告用の本が今年から売っていません(泣)まあその他の年金生活者とか普通のサラリーマン用の本はかろうじて売ってますが、個人事業主用が今年から消えました!
もう完全にオンライン時代に突入です。

日本ってネットに必ず親切な人がいて、
人に色々教えるのが好きな人が細かく書いてアクセス数を稼いだりするというシステムが構築されていますし
しましまだってある意味そういう感じで、人に情報を教えるのが大好きで
そういう人に助けられ、そして自分も助けという感じが日本のネット社会だと思います。

それがドイツだと、とにかくこういう助け合い的ないい感じの情報が全く手に入りません。
基本的にドイツ人は情報を公開する=仕事=懲罰(キリスト教は仕事=懲罰の認識)という意識があると想像できるので、
きっと情報を公開しないんだろうと思います。

情報を思いっきり出している人は基本的に税理士、会計士的な人。またはそういった学校。
だから情報が小出しになっていて、前置きだけ説明されていて、本当に知りたいことは一切出されていない、続きはお金を払ってに要相談!みたいな感じです。

ってことでドイツで情報を検索するのは、いい情報が入らなくて恐ろしいので
基本的に書物を買うことがベターなんですが
本が買えないって何事だよ、という自体に陥ってます。

多分市販ソフトを買って、そのソフトに従って項目に入力すれば税申告はできるんでしょうね。。。。
っていうか申告は市販ソフトを買うのも義務付けられています。
そのソフトももうマックユーザーなんで、ほぼ買うのが決まってるんですが
一応そのソフトも現在お試し無料使用中です。

ってことで、苦悩の日々!
一応年末までに終わらせる予定です。
が、締切は5月末日なのでまあ楽ですがね。
とは言え自分の中では、本当は複式簿記のフォームで提出したいと思ってます。
時間があれば是非とも全部自分で挑戦してみたいッス。
ただ、多分ですが、最近書店にぶっとい本(税の法律書)が並んでいるので、
多分買うんだったらこういう本なんだろうな、でも買いたくないよなと言う感じです。

追加記事12月7日
本、結局発見しました!
ただ本当に2017年版の個人事業主用のは1冊しかでてないみたいです。
そしてアマゾンではなく経理本をかなり多く扱っているオンライン書店も発見。
まあ見つけようとすれば1冊くらいはあるもんなんですね♪


12/03/2016

クリスマスマルクトWeihnachtsmarkt 写真アリ

マイナス3度!
でもクリスマス時期ということで、激混みのクリスマスマルクトに行ってきました。
しましまのバイト帰りに家族としま犬で集合しまして、
外で立ち食いをし、人が多すぎたので疲れて帰宅という。。。。

まあいい写真がとれたのと、雰囲気は味わえたのでよかったですが、
昼飯抜き、バイト立ちっぱなしで5時間のあとに2時間位立ち食いしながら人混みを歩くのって結構キツイッスね・・・
とは言え一応体力はあるみたいで全然余力あるッス!

ってことでさっきとった写真を一応載せましょう!

とにかく人混みがすごい。牛歩戦術並。


市庁舎の前でやってるのでなんだかかっこいい見た目
この揚げドーナツみたいなやつが激ウマです。
紙袋に入れてくれて粉砂糖をたくさんかけてくれて
長い爪楊枝をくれるのでそれで一つずつ食べる感じです。
服粉だらけ。。。

しま犬としまおら








ニベアってハンブルクが本社!


12/02/2016

ドイツで落とし物Fundbüro。起業ネタ

自分の所有物をなくすなんてと、衝撃のしましまです。
で、昨日はFundbüroあてに電話したら誰もでなかったのでメールをし
今朝メールが来てないのを確認して再度電話したところでたので問い合わせたところ
なんとないそうです!
そんなはずはないと、もう一軒別の電話番号も聞いてそこにかけてみたら
そこにもないそうで、
夕方、今度はメールの返事が来まして、ありませんとのこと。
違う人が同じタイミングで違う帽子を落としたみたいです。ショックー!

ということで、早速デパートにて帽子を購入しました。
知らないブランド。

デパートについた瞬間、いきなり発見して試着したらいきなり似合ってしまい
それから値段を確認したら非常にお手軽価格だったので
それをキープしつつ他にも色々かぶってみたもののやっぱり一発目がイイねということで
お買上げです。

何気に前の帽子はかなりの勢いでダークグレイで
完全に田中邦衛状態でしたので、脱!邦衛ということで、
明るめのグレーにしてみました。
勢いでマフラーと手袋も新調したい気分に駆られましたが
「首周りと手は邦衛のままで2016冬」という感じでいきます。

で、今日の目的は帽子を買うことともう一つ
ソフトの物色です。
ソフトクリームじゃないっすよ!ソフトウエアの方です。

しましま、起業したのはいいものの、そろそろ税務関係の季節が到来ですね!ということで
未だにソフトをゲットしていないため、最近ソフトを物色中で脳みそしわしわです。
朝は10時からオープンしている本屋に行って税金の本を立ち読みしつつ
ソフトを実際に手にとって見比べてみたり。

すでにアマゾンやその他ドイツ語サイトで大体頭に入ってるんですが
何が悲しいって、Macユーザーだとこういう業務系ソフトを買う際に
選択肢が非常に少ないこと。

しかしドイツって本当に法律でがんじがらめというか法律大好きですね。
そして日本人みたいに無償でブログを書いて情報をみんなに教えるような人って
皆無ですね。
基本的に税金関係について知りたいなとネットで検索しても
出てくるのは税理士オンリー。
税理士が触りの部分だけ説明していて、あとは私に金払って任せて!みたいな感じです。
そもそも税金関係がこんなに複雑なのは、税理士という職業を作るためなのではないかと思っているので
なるべく自力で行きたい、そう考えてます。

税金系コーナーには異様にぶっとい本が大量に並んでました。
もちろん買いません。
その後即図書館に行って10冊位借りて帰ってきました。

詳細は起業ネタとして記事に書く予定ですが
(マニアックすぎ。一体誰の参考になるんでしょうね。)
とにかくマニュアルとか法律とかそもそも文章を読むのが嫌いな人は酷な作業だろうなとは思いました。
しましまはドイツ語が難しいんですが、読むことが全く苦にならない人なので
辞書無しで全然いけてます。今のところ。
起業するにあたってかなり辞書を引いて単語は頭に入ってるから多分基礎はできてると思うんですが、
あとはとにかく自分にあった簡単な税金関係の本一冊とソフトを買って、とっととこなしたい、そう思ってます。
一応ソフトの目星はついてまして、すでに無料おためし版を使ってますが、
こういうネタを話し合える友達が一切いないのがネック!
知り合いで起業している人が数人いますが、皆さん税理士にお金払ってやってもらってるそうで、数万円をケチるために激しく疲労しているって実は割に合わないのか?と思ってみたり。。。。
でもそんなに稼ぎがないはずなので、脳は無料かつ信じられないくらい空き容量があるらしいので、とにかく脳を使っていきたい、そう思ってます。







12/01/2016

ドイツのクリスマス文化。Wichteln(ヴィヒテルン)

どうも!先日うっかり電車内にニット帽を忘れてしまって帽子無しで数日過ごしている
ニット帽がお似合いの田中邦衛こと、しましまです。
ドイツの冬はマジでニット帽がないと無理ッス!
まあ丁度 数日前はマイナス気温でしたが その後マイナスではなくなり
むしろ1度くらいでも春到来?位の勢いで暖かく感じるくらいなので
帽子なしでも生きていけますが

多分明日、直接訪問予定です。
Fundbüroに。(落とし物コーナー)

ネットで検索してみたら、
日付と場所などを指定すると
なんとまさにあの日あの時あの場所でなくしたニット帽らしき記載があって
電話しても誰もでなかったので一応メールしてみましたが
返事がない上に待ちきれないので
明日行ってこようと思ってます。

まあ実際頭は寒くないんですが耳が冷えるもんで!
常に音楽を聞いてるタイプなので、耳あて付きヘッドホンがあればいいのにと思う今日このごろ。。。。



面白いのが、ネットの落とし物の項目に「動物」というのがあるところ。
確かに家のしま犬なんて、おとなしいので忘れそうで怖い。。。
気をつけないと!
っつーか犬以外の生き物で忘れる動物ってあるんでしょうか?
まあ犬も普通忘れませんけどね。

っていうかニット帽だって本当は忘れる人ではありません。
夜シフトに向かっている夕方のガラガラの電車内で
ボックス席に座っていて、ほかも空いているのに
急に方向転換し、なぜかしましまの真隣に座ってきた女性がいて、
席を空けるためにリュックだけ膝に乗せたときに、
多分帽子はそのまま置き忘れてしまい
その方が上に座ったものと思われます!
ものすごくショック!
降りて帽子をリュックから出そうとして
そもそもいれてないことに気づいた私!


それはさておき、本題のWichteln。
こんな単語があること自体が面白いですね、ドイツ。
ドイツはクリスマスがかなりの伝統行事なので
クリスマス系の単語がかなりいっぱいありまして
例えばクッキー一つにしても呼び名がいちいち違うという。。。。
日本で言うとぼたもち、かしわ餅、おはぎ、桜餅(道明寺)、串団子、白玉団子みたいなノリでしょうか。全部餅じゃないの?みたいな。

そんな中、そのヴィヒテルンというのは、クリスマス前の12月に学校とかグループで行われるプレゼント交換のこと。
それも、プレゼント交換も、色々方法がありまして
基本は5ユーロ程度で、あらかじめ誰に買うかを内緒でくじ引きとかして決めておいて
12月1日から毎日一人一人開封の儀が行われるという。
一斉にプレゼントを交換するパターンもありますが
アドベントカレンダー的なノリが多いみたいです。

で、しまお13歳は男子に、しまお15歳は女子のくじをひきまして
しましまが女子用のシロモノを買いましたが
しまお13歳なんて、あげる相手の男子にバレてしまい
その男子から10ユーロ貰って自分の5ユーロと足して、15ユーロでオンラインゲームの金券を購入したという恐ろしく現実的なプレゼントとなっております。
でもこれが一番嬉しかったり。。。
オンラインゲーム課金なんて親が許さないと思うので、
そういうタイミングでゲットするという姑息な男子。。。。。
いろいろ考えてますね。。。。

あとは自分の一番お気に入りのものでお守り的なものと、捨てようと思ってるゴミみたいなものを2つ別々にきれいにラッピングしてプレゼント交換という制度もあります。
意外にゴミみたいなものが他人にとって宝になることもあるし
なかなか面白いもんです。
いかにもリサイクル文化のあるドイツって感じですね。


それはそうと、ドイツのアドベントネタ。
ドイツはクリスマスがかなり大イベントなので、
11月下旬から色々始まります。

11月になると日本の正月飾りみたいなシロモノがスーパーに大量に売られるんですが
もみの木の立派な枝部分だけ売られていたり
そこにデコレーションがしてあったりするものは、お墓用クリスマス飾りです。
ドイツの墓、いいですよーーー。
基本的に土なので、直接地面に鉢植えを植えたり
こういうデコレーションを置く感じで、クリスマス時期には墓にもクリスマスムード。
墓をガーデニングっていいですよね。


それと同時に、円形にもみの木の枝部分が土台になったリースみたいな上に
ぶっといろうそくが4本置いてあるのが売られまして
これが家庭用の食卓の上に置くアドベントろうそくです。
クリスマス前の4週間から毎週日曜日に1本ずつ燃やしていくらしく
先日の日曜日は1本目。ファーストアドベントというらしいです。

で、次に来る日曜日には、その1本と新たな1本の合計2本を同時に燃やすという。
そして最終的に4本同時に燃やすときには、長さがバラバラというミステリー。
ちなみにしま家ではこの行事は一回も取り入れたことがありません。
(買うのが面倒くさくて)

で面白いのが、アドベント時期、特に最初のアドベントの日曜日には
家族でクッキーを焼くみたいです。
そのせいで、翌日の月曜日には男子も女子も学校で自分が焼いたクッキー配りまくり。

ただ、ドイツのクリスマスクッキーは
基本的にスパイス&ナッツ入りです。
細かいアーモンドの粉を入れて作るみたいで、激ウマなんですが
しまおらはナッツアレルギーなので、ナッツなしの少年少女の手作りクッキーをもらって食ったそうですが、
手作りだと本人も原材料を熟知してるので便利ですね♪

そして、12月6日にはニコラウスというサンタがトルコからドイツに来る日で
子供は靴を磨いて玄関においておくと、玄関とかそのリアルな普段履きの靴の中にトルコ出身のサンタが食べ物など入れるそうです!
日本みたいに高級なプレゼントではなく、ナッツとかみかんとかサンタ型のチョコとかですが。

ってことで、12月はひたすらクリスマスに向けて色々盛り上がる感じです。
こういう静かな地味な盛り上がり方が結構好きで、だからドイツの冬大好き人間!

そうそう、うちはアドベントカレンダーも廃止しました。
(買うのが面倒くさいのと毎日チョコを食べさせるのもどうかと思って)

その代わり今日は、所持しているスライサーで肉を大量スライスしたので
これからすき焼きを行います!The日本!