ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

10/08/2016

学生インターン(ドイツのPraktikum事情)

どうも!いいニュースでウキウキです。
子供にいいことがあると本当にうれしいもんですね。

しまお15歳、現在9年生です。
ハンブルクでは10年生になったばかりの9月下旬から10月くらいまでに
2週間程度のインターンで働くことが決まってます。
学生インターン。それも15歳位の日本で言う中3の年齢です。

ドイツと日本は学年が若干ずれていて
9月始まりという時期のずれもあるのでややこしいんですが、
日本だとドイツの9年生は中学3年生だと考えられていますが
実際は日本の中2の年齢の子が多いです。
しまお15歳は1年落としてるので本当は10年生なんですが
日本だと中3なのにすでにドイツで高校1年生という繰り上がり系はおかしいので
落としてちょうどいい感じになってます。

で、最近イケアに行ってもスーパーに行っても
いかにもドイツの10年生になりましたって言う感じの子が
働いているのを目にします。

ドイツだと前のブログ記事にも書きましたが
親のコネとか知り合いとか
そういうところで働かせてもらうということもありますが
先日学生インターンメッセというところに行って、
色々なブースに行って資料をもらったりしてきたしまお15歳ですが
カバーレター(添え状)と写真付き履歴書を自分で作成し
自分の目指すIT企業を片っ端から連絡し
応募フォームで送るという作業をし、
不採用メールも届くなか、
今日郵便で合格通知が来ました!

有名パソコンメーカーの修理センターで2週間働くそうですが
修理センターで一体何を。。。。

ちなみにしまお15歳の履歴書写真がオシャレで、
自分の背景を丁寧にくり抜いてあります。
そう、上半身写真だけという、軽く自分のIT技術も披露している状態で
こんな写真でも合格するのねと、
パソコンメーカーの懐の深さに感銘です。

しましまは全く手出しをせず、放置プレイだったので
(仮にどこも決まらなかったら学校で何か2週間先生が活動をしてくれるらしいというので)
受かってホッとしました。

子供の就職活動も、親はきっとこんな気持なんだろうなと思いますし
コネ入社を思いっきり否定しているしましまなので
やっぱりコネよりも自分の力で見つけられたことに対して本当に偉い!
我が子ながら偉い!と思ってます。

ってことで、来年が楽しみです(1年後の募集に対しての応募というところがミソ)




0 件のコメント:

コメントを投稿