ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

10/11/2016

ドイツの資生堂。メイクネタ

どうも!今日もコスメで散財したしましまです。
今まであまりメイクについて気合が入っていなかったんですが
先日クリニークでメイクをしてもらってから意識が変わりまして
軽く目覚め始めてます。

って言うか目覚めてはいないんですが
クリニークで買ったものすべてが実は肌に合わなかったということで
肌質激悪化中です。

部分メイク落としのアルコール成分が強烈過ぎて合わずに処分予定。
顔面用の拭き取り化粧水が異様にあわなかった事件。

を経て、クリニークのリップライナーとリップは残してまして
唇部分の皮膚&顔面の皮膚も完治したので
リップを使ってみたら2日使って唇の皮が剥けるという状態が起こり処分予定。
そして、
リップライナーだけなんとか!と思って3日位連続で使ったら
リップライナー部分だけ現在かぶれ中です♪

高級化粧品って1個あたり20ユーロ(2500円ほど)するんですが
アイライナーとアイシャドーみたいなスティックタイプのものが
かぶれずに使えてるので
3個無駄になったという感じだと思ってました。
でも何気に4個なのか??

実は、アイライナーがかなり固くて、どうも目の周りが痛い感アリです。
こ、これも処分なのか??多分処分でしょう。
かぶれはしないけれどなんだか痛いという状態。
とんだ散財です(T_T)

ちなみにアイライナーは実は4年色々と買って使ってみたんですが
ドイツの安コスメにはいいものがなかなかなくて
最終的にドイツで買える資生堂のアイブロウペンシル、そう眉毛用を使ってました。
しましま得意のミソもクソも一緒的アイデア。

で、資生堂のアイブロウペンシルは結構固くて良い品物だと思っていて
結局メイド・イン・ジャパンだねということで落ち着いていたんですが
クリニークで買ったアイライナーが
固いアイブロウペンシルよりも固いので
とりあえず今日は店員が邪魔しに来ない放置プレイ系の店Douglasにて
資生堂のアイライナー(リキッドタイプ)を買ってみました。
黒と茶色があったので、初心者ということで茶色をセレクトしましたが
やっぱり店員が来ないほうが色々見れていいですね。
自分にあうもの、自分にほしいものは自分がいちばんよくしってると、
店員邪魔、と、今日思いました。
ってことで、いろんな化粧品メーカーが混在しているDouglasは素晴らしい店だと思います。

自分で使ってみたらさすが資生堂、かなりの高品質でして
家で買ったものを使ってみて納得の仕上がり!
そもそも筆だから痛くないし!

今まで目の周りを痛い思いをして描いていたこの数週間を返せ
目のキワを数週間こすり続けて痛いぜ!と言いたいくらいですが
とにかく今回のことで、クリニークがびっくりするくらい自分に合わないとわかりまして
衝撃です。
ファンデーションは4年も使ってるのに。。。。

しかしあれですね、ほぼ新品の化粧品が自分に合わなかったときって
捨てる以外の方法ってないもんでしょうか。
誰かにタダであげたいけれどもあげる相手もいない。。。。
そういう化粧品数回で放出リサイクルみたいなのがあったらいいのにと思います。
合う人は合うわけだし!

逆万引きというか、クリニークの店員がいない好きに
置いていきたいくらいです。



0 件のコメント:

コメントを投稿