ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

6/17/2016

ブログ一時休止します

もうやばいです。
毎日勉強してますがすればするほど自分の出来なさに凹む毎日。
ただVHSに行かなくなったら時間が増えたので自宅で模擬試験をする時間が出来
それは良かったと思ってます。
が、バイトのシフトは増やされてるのでてんてこ舞い状態。
さらにVHSが終わったら気が緩んで風邪症状もある状態。
気合と昼寝で回復させましたがネ。

日々ネタの宝庫でブログを書きたくてしょうがない症候群将軍
(あえての将軍)ですが、
とりあえずテスト前なのでテストに集中するために追い込みかけます。
もうラストスパートをかけてるんで!

ってことで、ブログ再開は7月2日を予定してます♪

しかしC1はB2と比べて格段にレベルが高くて
あまりにレベルが高いんでむしろ新聞を激しく読む毎日です。
多分新聞とか読まないと受からない試験だと見た!
ただ、勉強してるだけに新聞を読むのが異様に楽にはなってきました。

それとバイトしてるからスピーキング力は伸びるのかなと思ったのですが
実はドイツに住んでるだけでも、働いてるだけでもドイツ語というのは一切伸びません!
やっぱりなとは思ってましたが実際にそうだと2ヶ月弱働いて思う今日このごろ。
結局勉強しないと出来ないのがドイツ語で、
バイトは単なるアウトプットの場。
インプットがないとアウトプットが出来ないと実感しました。

ということでドイツに済まなくてもドイツでバイトをしなくても
ドイツ語というのは上達できます。
一番の上達は多分、正しい発音での音読と、自分で鏡に向かってしゃべることでしょう。
結局バイトをすることで勉強時間を思いっ切り失ってる状態で
多分落ちる、いや、確実に落ちる、と思って勉強している次第です♪

ってことで2週間後くらいに!!

6/15/2016

最後の授業&夜シフト

どうも!激疲れのしましまでございます。
みんな元気ぃ?←久々すぎて妙なテンション。

実はブログには一切書いていませんでしたが
実はVHS(語学学校)に通っておりました。引き続きネ。

ドイツに来てからひたすら語学学校に通い続けていましたが
ついに昨日で終止符が打たれましたYO。
40代の女学生♪

と言いつつとっていたC1-2という上級ドイツ語の後半クラスは
試験対策用のクラスで、20人位いてほぼ主婦。
ほぼ主婦と言ってもドイツ在住歴が10年とかで、
仕事をしている人が殆どで、仕事をしていなくても自分の国では教師だった人が多数。
要するにただの主婦ではなく異様に向上心のある主婦団体に混じって授業を受けていたので
苦痛オンリー。
そもそもお前らC1じゃなくてC2レベルじゃないの?というレベルの高さ。

なぜしましまがC1−2というコースを2度も受けたのかというと
それには訳が。。。

もうC1-2を受けたからVHSはご卒業し、あとは自力で自宅で自主勉と思っていて
C1の試験だけを申し込みに行きました。
で、申し込みに行ったら2時間弱ほど待って、いざ自分の番号が呼ばれて窓口に行ったら
この窓口では受け付けていなくて、
テストだけなら別のフロアーだと言われ撃沈。

ただ、事前にC1−2のコースは人気が高くて既に空きがないという噂を聞いていたので
試しに空きがあるか聞いたら1つ空きがあると言われ、
さらにテキストもZielというのからSicherというのに新しく変わったため
ある意味夏目漱石のこころで、Kを裏切った主人公みたいな心境ッスね。
別にとるきはさらさらないのに、空いてたから申し込む、みたいな。

いいペースメーカーになるかなと思って申し込んだら
厳しい女教師とドイツ語がバリバリ出来るツワモノ揃いのコースで
当初登校拒否になりそうでしたが、
開き直って出続けたら勇気が出てきまして、頑張って最後までいたら
先生がものすごくいい人だということもわかり、
結果出てよかったクラスです。

何がいいってテキストがびっくりするほど良かったので
これは是非モノです。

リンクの上はC1-1、下はC1-2。









↑B1の後半からでているみたいですね。

で、その授業が昨日最終日で、授業が終わってから夜9時までバイトして来ました。
もちろん夕食は朝のうちに作っておいてるんで
子どもやしまダンナは自分で食べる方式。
しましまも帰ってきたらおいしい食事が待ってるしで一石二鳥ッスね。

基本店は8時に閉まるので、
8時に閉めてそれからしましまが掃除をするんですが
掃除機をかけて、モップで拭いて、便所掃除、その他の器具などを洗浄というメニュー。
通常2人いるんですが、大嵐でどしゃ降りだった昨日はしましま1人だったので
1人で全部やって激疲れ&大量発汗ですYO!

その後は電車で帰宅ですが、もちろん車内では勉強に没頭。
そう、学校が終わってもテストまでまだ2週間もあるということで
必死に詰め込んでおります。

そうそう、先週の週末にしまお13才が卓球のハンブルク州大会にでまして
2003年の部で州で3位でした!
勝ち残ったおかげで12時から夜8時まで試合会場で応援していたしましま。
最近激務が多いぜ!








6/10/2016

少年置き去り事件と読書の必要性。

ドイツ語ばかり勉強していてニュースを全然見ないのですが
ドイツの新聞に日本の記事が載っていたので、それを読んでびっくりし
日本語で検索していろいろしった次第です。遅っ。

子供に記事を読ませて感想を聞いてみたところ、
こんなことを言っていました。

しまお15歳
石を人に投げてはいけないという理由を説明して納得させるのが大切。
子供の教育というのは、3歳までに挨拶、6歳までに善悪の区別をつけないといけないから6歳までに教育すべきだった。

というモロ正統派意見。引用もすごい。
しましまも100%同感です。

そもそも置き去りにして仮に子供が、置き去りにされるのが嫌だから石は投げないと思ったとしたら、
それって、警察に捕まるから万引きをしないという理由と全く同じで、
万引きをしない理由=人件費や材料費をかけて作られたものをタダで持って行くという行為は生産者や販売者に失礼というのを心底理解する必要があるわけで、
確かに説明しても一切聞いてくれない子供もいますが、
置き去りみたいな方法はしましまは絶対にNGですね。
むしろ人に石を投げるような子は、この子またはこの子が大切にしているものに対して石を投げるくらいのしつけが必要なのではと思います。

ただ置き去りにする人は、多分自分が置き去り的な罰を子供の頃にうけていなかったから怖さとか知らないのかな、ある意味羨ましいなと思ったりしてしまいました。

しましまの場合、家庭での虐待は一切受けていませんが、
保育園で給食が一人前食べられなかったという理由での虐待というか、保育園の担任の先生からの超真っ暗な押入れ閉じ込めも日常茶飯事
小学校では給食が一人前食べれなかったという理由での、担任からの掃除の時間までの居残り給食も日常茶飯事、
中学時代には山での遭難も経験。
高校時代には先生から教室の面前で30回連続のげんこつを食らった経験もあります。

ということで、置き去りにされた子の気持がものすごく理解できます&
大人ってなんでこんなにひどい生き物なのか、小さな子供をいじめて何が楽しいのか、早く大人になって子供の味方になりたい等と何度も涙した経験あり♪
(まあこういう苦労のおかげで、腹黒くもあり清い大人になれたので今ではありがたいと思ってますYO。マジで。もちろん虐待と暴力は絶対にNGですが、つらい経験を乗り越えるには自分の思考回路を変えることにより同じことを繰り返さないというプロセスも大切ですね。
あと捨てる神あれば拾う神あり状態で、いい先生や大人にも数少ないですが巡り会えまして、つらい経験から人を見る目が幼少の頃から相当やしなえたくさいです。
ただ、つらい経験はしないに限る。つらい経験なんてしないほうが豊かに生きられます。)

しまお15歳は普段たくさん本も新聞も読んでますんで
想像力があって、非常に色々知識があるので
しましまと同じ感想を持ってよかったと思ってます。
ある意味しつけの成功か??

一方しまお13歳ですが、
置き去りにされた子のスペックと大逆転系の結末に興奮したようで、
(親が世間から大バッシング)
こいつの身体能力と感覚のおかげで、親に思い知らすことができたという感想。
えっ??
しかも俺なら同様に死なないとか言ってます。

確かにしまお13歳を育てるのはとにかく苦労しましたが(本を読まないので)
でも本を読ませることに成功するとどんどん読めるようになるので
自分の世界と想像力を広げるためには絶対にしつけには本が必須(想像力を豊かにするために)と今回の事件で強く思いました。

ちなみにしまお13才、2冊めのナミヤ雑貨店(東野圭吾)も終了。

どうやって読ませたかというと、
とにかく小学1年の時のかいけつゾロリ以外は一切読書をしなかったので
小学5年生位にはじめて、くもの糸という本を一緒に音読し(要するに読み聞かせ)
その後に、巌窟王(がんくつおう)も最初だけ音読してあとは読んでもらい、
さらについ半年前くらいに、ああ無情をやっぱり最初は音読してそれから全部一人で読んでもらって、
その後に、カエルの楽園を同じくしましまが読み聞かせをして
それで東野圭吾の手紙からしましまの音読無しで自分で読めるようになりました!!

中学生の男子に読み聞かせってどうなの??と思いますが
永遠につづくわけではなく、その後読めるようになると一気に花開きますんで
マジで良書の読書はおすすめです。
しかも音読の秘訣は、最初は普通の速度または早めに読みますが
いい感じのところに来たら急にスピードを緩めること。
すると、読まれてると遅すぎて苛々するから自分で読みます!ってなるんで、
そこで一言、目で読むのが早いね♪なんて言うとどんどん読むので
最終的には褒めることになりますが、
やっぱりほめられると褒めてる方も例え嘘でも笑顔になれますし
たとえウソでも褒められて嫌な気はしないので、
とりあえず褒めまくって読ませましたネ。

特に読書大っ嫌いで食うことと運動することだけが好きな子の場合
しまお13才が読んできた本はおすすめです。
むしろこのまま同じ本をたどってもらいたいほど♪
良書それもはらはらドキドキ系で泣ける系じゃないと食い付きが悪いんで!

それと、しつけはとにかく罰則ではなく
説明と褒めることが大事だと思います。

ドイツに来て特にそう思うのが犬のしつけ。
基本的に犬と子供は一緒だと思うんですが、
ドイツだととにかく犬にしっかり説明して犬もしっかり聞いてますし
犬がとにかくしっかりしてます。
リード無しでまちなかも電車も普通に歩いたり乗り降りしてますし!

しま犬は基本的にしっかりしつけをしたのでいい犬に育ってますが
やっぱりドイツの犬に比べるとまだまだ甘いので
しつけが甘かったなと感じる今日このごろ。。。。

ただ今からでも遅くないので言って聞かせてます♪
犬もバカじゃないんで、ちゃんと説明すると一応自分なりにきいてますし
わからないことは首を傾げたりもするので
意思疎通はがっつりできてます。

ってことで、たしかに人間のスペック、脳の出来などが違うから
しつけが難しいと思う子もいるかもしれませんが
しつけが難しかったり自分のいうことを聞いてくれないと思ったら
怒ってもいいけれど、
脅しと暴力だけは絶対にしないときめたら、
まあそれなりに育つと思いますがどうなんでしょうか??

完璧な子供も親もいないし、あまりヒステリックに怒っても
自分の人相が悪くなるだけでろくな事がないなと思いますし
しましまは親に叩かれたことはありませんが、高校教師に叩かれたことは何度もありますし、叩かれた屈辱は42歳の今でもしっかり覚えていますので、
(詳細もね!)
叩きたくても絶対に叩かないがベストでしょう!
今その先生にばったりあったら、今はもうしましまは大人なんで、謝罪は一切必要はないですが(そもそもこういう暴力教師は謝罪という行為、説明という行為が出来ないから暴力を振るっていたわけで)説明していかにその先生がダメ人間だったかを教えてあげたいですね♪まあ教えるまでもなく多分今頃バチが当たってろくな人生を歩んでいるとは思えませんが♪
はっきり言って人に相当悪いことをしている人間は、他人やしましまが罰をくださなくても自分で不幸に陥るパターンが多いので、基本は放置プレイと言うことにしています。
(ということで死刑制度は反対派。でも性犯罪者の場合は去勢手術賛成派。)

真っ暗なところに閉じ込められたり山で遭難した経験者としては
置き去りにされたらその子と同じように
その場にとどまっていなくて山中を走り回って野宿可能なところを探しまくると思いますネ。実際遭難した時もそうしてましたし。
実際に遭難すると、ずっと同じ所にたって親が戻ってくるかどうか信じて待つなんて絶対にできないし、山ではおとなしくその場から動かないで待つという常識を知らない子供の場合は、ひたすら歩く心理状態になります。

ちなみにドイツの新聞Hamburger Abendblattでは、
退院した男の子の超デカ写真と
ニュートラルな記事が載っていただけです。
結構ニュートラルな伝え方をするので日本やイギリスの新聞と違って、
ドイツの新聞はなかなか気に入ってます。
新聞は新聞社の意見とか主張しないでもらいたいッスね。
こっちが知りたいのは情報だけなんで。





6/08/2016

勉強しすぎて脳内革命!

プラトー現象というかスランプに陥り中のようです。
あと3週間後に迫ったドイツ語のテストに向けて、がむしゃらに勉強しすぎたため、
今日は脳が一切受け付けない状態となってしまいました。
よく、スポーツ選手がスランプに陥るとフォームを変えたり練習メニューを変えたりしてるので、
自分も勉強メニューを変えようかなと思ったり。。。

テストに落ちたからといって何のデメリットもないある意味記念の受験なわけですが
B2の時もいろんな人からこいつは落ちると思われていて
受かったことを告げると異様にびっくりされ、
C1の今回もいろんな人からそもそもテスト料の無駄とか
遠回りに受からない的なことも言われてまして
相当ネガティブな気分でいっぱいですが、
そういうメンタル的なこともスランプに陥る理由なのかなと思ったり。。。

本当にテストというものは秘密で受けたいもんですね♪
人に受けると宣言するとろくな事ないなと感じる今日このごろ。

まあ身の程知らずと言われようとも、
テストのために受験料を支払わなかったらここまで激しく勉強しなかったし
バイトだってはじめなかったわけなので
自分の中では成功者だと思ってますがね!

ただ、リラックス時間一切無しでひたすら詰め込んでると脳がいっぱいになるのね♪と
今日はじめて知りました。
ばかみたいに勉強してましたんで。

今日は夜11時までしっかり勉強し、最後軽く力尽きたので音源を聞き
(音楽はたとえドイツ語歌手だとしても、テストが終わるまで一切聞かないことにしてます)
これから就寝っす、脳に記憶を定着させないと!

ちなみに今日はジムに行って筋トレしてきましたが
筋トレ中も勝手にお題を考えて筋トレしながら4分プレゼンを練習したりもしてました。
基本的に4分という時間があると1人プレゼンをつぶやいてます。

余談ですがB2の口頭試験の時は、シャワータイムがプレゼンタイムでした。
懐かしい。

今回はテスト対策として、脳内定着を目標としているので
テスト3週間前の今からラストスパートをかけ、3,4日前には終了させ
筆記などはせずにリスニング対策くらいにとどめたいと予定してます。
多分こういうやり方をするとテスト後に一気に忘れるということがなく確実に長期記憶になるんで
テストが受かろうが落ちろうが
かねかけてテストを受けただけの実力をつけたいなと思っている次第です。

ドイツ生活が始まってからとにかく勉強漬けだったので
テスト後は学生ではない人生をエンジョイしたいッス。


6/04/2016

C1テストを受けるには早すぎた感。。。

どうも。わかっているけれどやっぱりなという感じがする
C1に向けて猛勉強中のしましまです。
ただ、B1とかB2の時と比べて、
C1というテスト自体のレベルがクソ高い事、
勉強時間がほぼないことで
今からすでに凹みっぱなしでございます。

今日はバイト先の同僚のアジア人から
ドイツ語が下手すぎることを指摘され、
この状態でC1を受けること自体が金の無駄的なことをいわれ
でも、こういう風に自分の弱点を思いっきり指摘されるのが大好きなんで
(ドMかも知れない)
まあ自分なりに頑張りたいと思ってます。
と言いつつなにげにギリギリ受かりたい気持ちもあるんで、かなり頑張ってますがネ。

一応C1のテストを受けて、落ちたら二度と受けないと思ってますんで
ある意味記念の受験になるわけで
どれくらい点数が取れるかだけ知って、ドイツ語のテストからはもう撤退したいッスね。
ドイツに来て勉強しかしてないもんで。

もちろん勉強自体は続けます、ドイツにいる限りは。
ただ、テストがあるとやっぱりそれなりの金を払っただけに
試験に挑む真剣度が違うので
受けないよりはやっぱり受けたほうがよかったし
結果よりもむしろこの1ヶ月で自分を追い込みたかったというのもあるんで
多分落ちると思いますが、申し込んだことには後悔してません。
むしろどれくらいの点数が自分に付くのかかなり興味もあるし。。。。

でもやっぱりC1を受けるにはまだまだ早すぎたなと
問題を解く度に思ってます。
結構お手上げ問題もあるので、とにかく困りっぱなし。

それと、バイト先では明らかにシルバーオーラを放っているのと
見た目が高齢日本人なんで、日本から直接転勤させられた風っぽいらしく
色々な人から日本からの派遣社員だと思われてしまいがち=
ドイツ語で話しているだけでも立派扱い、
を受けている状態です。
ある意味恵まれてますね。

おかげで、話しかけてくる人はだいたい高齢者&日本好きだったりします。

余談ですが、レジの仕事で現金の受け渡しやカード払いの処理もしてますが
お金やカード、レシートは絶対に両手で渡してます。
日本だと当たり前ですが、ドイツだと商品も投げるしカードも指でつまんで渡したりとか日常茶飯事で
お金はとにかく丁寧に、を勝手にモットーにしてます。

あと、掃除!
基本的に夜9時まで働くことが多いので
最後の掃除もしてますが(完全にシルバー扱い)
やっぱり掃除は丁寧にしたいッスね。
明らかにみんながキライな仕事ですが、
全フロアの床掃除と便所掃除は好んで行ってます。
っていうか業務用の掃除機が昔から結構好きなので
その吸いっぷりが感動で結構楽しくやってます。
それと、自宅の便所よりも女子便所がキレイな便所あるある。
やっぱり立ちションをする男子がいる便所は相当汚れるんだなと
女子が多い職場で感じます。
ってことで女子トイレなら掃除大好きだぜ!

ということで、家電とレジ、女子便、クレジットカードと現金を扱うのが好きなので
まあ適職かなぁと思ってますね。

と、バイトは普通に楽しくやってますが
ドイツ語、覚えても覚えてもきりがない!

嗚呼、一応一生懸命やってるんで
ギリギリで受からないかなぁ、、、と思う今日このごろです。
特にスピーキングがマジでやばい状態です。





6/02/2016

C1の勉強中ーorz

どうも!
最近凹みっぱなしのしましまです。
ズバリ、勉強してもしてもなかなか上達しないから!

すれば少しは上達していますし、上達しているなという実感があるんですが
ポイントとして、C1レベルに達するほど上達していない、のがミソなわけです。

さすがに仕事をして1ヶ月経ち、1ヶ月で80時間ドイツ語環境にいたわけですが
おかげで話すという行為自体は慣れてきました。
が、ドイツ語環境で働いているからドイツ語が伸びるわけではけっしてなく
自分の向上心というものがなければ向上しないわけで
しましまの場合はインプット多めでアウトプットがなかった人生INドイツだったので
アウトプットが出来る場が与えられてかなりのプラスになっていることは確かです。

おかげで、役所関連の電話も全然余裕、文法や聞き取りもバッチリという状態です。

最近しまお15歳の歯科矯正が無事終了して、
今まで払ってきた金額が全部振り込まれて返金されるという方式なので
返金に対しての書類とか電話連絡とかしてますが
それも余裕。

はっきり言って自分の中では、C1レベルだと思ってます。
だって、役所とか保険とか法律系用語には異様に詳しくなったので
辞書無しで全部読めるし問い合わせくらいなら電話で全然平気ですから!

ただし、ドイツ語での試験用のプレゼントか、隣人のベビーシッターのドイツ語がとにかく難しくて
それで凹んでるという有様です。

最近忙しすぎて、とにかく時間がなくて
電車でも家でも時間が5分あったら速問題を解いたり、音源を聞いたりしていますが
今日はなんと仕事がオフでして
オフだから勉強しようと思ったらしまお13才がどら焼きを作って欲しいというので
先ほどあんこを作り、
夜にどら焼きの皮を作ろうと思ってます。一緒にですが。

っていうか先ほど昼ごはんとしてチャーハンを作って2人で食べたら
腹一杯で、それで今休憩をしつつブログを更新している次第です。

10日ほど筋トレのジムに行ってなかったので
これから行ってきます!
やっぱり体が資本ッス。

あと、昨日も実はオフで、老人とカフェり、
しまお13才が本を借りてくれというので図書館に行って3冊ほど東野圭吾の本を借り、
なにげにかなりのタイムロス!

でもしまお13才(本大嫌い)がこの間半ば強引に読ませた東野圭吾の手紙に感銘をうけ、
本の楽しさを知ったため、ほしい時に絶対に借りないと読まなくなる恐怖があって
必死で借りに行きました。
自分のどうでも良いテストよりも、子供の教育のほうが大事っすよね。

ちなみに、今週朝ベビーシッターをしてたんですが
(隣の子をうちで預かるパターン)
しまお13才が6歳時と本気で喧嘩してまして
今までだったら「テメェ、殺してやる」的なことを言っていました。
が、東野圭吾の手紙の本を読んだあとはなんと、
「お前のことを殺そうと思ったら簡単に殺せるけど俺は殺さない。
だって、お前みたいなどうでもいいやつを殺すと、刑務所にはいったりして、俺の人生が台無しになるから。」と子供相手に語ってました!

とにかくアグレッシブな子は東野圭吾の手紙を読んだほうがいいと思いましたネ。

今は、同じく東野圭吾のナミヤ雑貨店を読んでます。これも良書。

しまお15歳はこの間1Q84を読み終えたばかり。


いいなぁ、しましまも早く本が読みたい。。。。


で、本題です。C1テストについて。
口頭試験対策として、日々頑張ってますが
とにかく話すのがくそおそいです。
口頭試験は、いきなり与えられた課題を15分で考えてスピーチメモを作り
そのメモを元に4分ほどのスピーチをするんですが、
気づくと7分しゃべってしまうしましま。
子供にも段落と段落の間の休憩が長すぎるとダメ出しされ、
とにかくひっきりなしにしゃべらないとダメだという結論に達し
毎日タイマー片手に4分以内を目指して頑張ってます。

余談ですが、B2を受ける際に携帯に自分の声を録音していたようで
1年前の自分のドイツ語を昨日聞いて衝撃でした。
激遅&ド下手で!

ってことは、1年で相当力が付いてるってことですね。
そしてスピードも自分なりに増したくさいです。

1年に1回録音しようかなぁ。。。。

今週末は筆記対策を頑張ろうと思ってます。

そうそう、この写真。
しまお15歳は現在学校のプログラムのため、フランスでホームステイ中♪
フランス語が超苦手なので、フランス人家族にもまれて帰ってくるはず。
でもドイツからフランスって2時間弱の飛行機なので激近ですね。
東京大阪間、たこ焼き合宿みたいなノリです。