ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

3/31/2016

いろいろありましてしばらくブログ休みます

とにかくいろいろ事件勃発中!
ブログにかけないようなこと満載ですのでブログを休みます。

本当に人生いろいろありますね。

体調はバッチリ、精神面もバッチリですが
処理時間が足りない上
迫りくる多忙スケジュールの数々アリなので、
1週間位?2週間位??何も書きません♪
っつーか書けません。

すべて終わったらいろいろ公開しますので、
その時までお楽しみに!

3/26/2016

頭皮ケアブラシ、湯シャン、固形石鹸洗髪、白髪染め。

頭皮ケアネタです。

誰しも頭髪とか頭皮の悩みは持っていると思います。

しまダンナは頭頂部とか髪が細くなってきたという悩みですが
しましまは毛量が異様に多い、髪の毛がギネス並みに太くて丈夫というのが悩みです。
夫婦で正反対!

いろいろサイトを見ていまして、髪の毛じゃなくて頭皮をブラッシングする、それも洗髪前に50回ほどというのに深く感銘を受けまして
実施してます。



こんな感じのブラシを2個買いまして夫婦で使い始めました。

しましまは、今までブラッシングなんてしたことがなく
そもそも毛が絡まることもなく、一本一本独立した毛髪なので
クシ派です。
それも木製のくし。
クシだと頭皮とは全く関係がないので頭皮ケアなんて考えたこともありませんでした。

ただ、このブラシを買って、ブラッシングするようになったら
とにかく頭皮がいい感じでマッサージ効果のせいか
髪質が異様に良くなってきました!


それと!
しましまとしまおらは、固形石鹸で洗髪する派です。
また、しましまは白髪があるんでケミカル系の普通の白髪染めで2ヶ月に1回位自分で染めてますが、
固形石鹸で毎日洗ってると結構落ちが早くて
よくないなと思ってました。

で、日本人くらいですよね、毎日洗髪してる民族って。
さらに風呂が毎日の日課ですよね。

ヨーロッパの人はシャワーが1日おきなのがスタンダードで
洗髪も髪の毛の長い人は週1とかそんな感じです。

そう考えると洗いすぎだよなと思ったので
固形石鹸で毎日と言うのはやめて、湯シャン(お湯だけで洗う)というのを取り入れることにしました!

ネットでみると、湯シャンと言うのは、
女子が大好きな福山雅治や、しましまが大好きなタモリがしている洗髪方法で
お湯でしか洗わないという方式です。
そう思いっきり汚いイメージ。

リアル湯シャンの方は、リアルに一生湯シャンですが、
しましまは、石けんと湯シャンを交互に行うようにしていまして
(結局洗うのは毎日ですが)
非常にいいです!
特に白髪染めなんてしてる人は、毎日洗っちゃいけませんね!

それとしましまは髪の毛が異様に乾燥している派なので
もちろん頭皮も油っぽくない派なので
これくらいが自分の頭皮にとって調度良かったみたいです。

中学生くらいの時に気づいておけばよかった!
中学の時から朝シャンという風習が流行って、
意気込んで朝シャンをして以来髪質パッサパサで
それ以来、毎日洗髪、毎日パサパサという状態だったので
頭皮ブラッシング&1日ごとの湯シャンという方法が
自分にベストだと気づきました。

あと、頭皮ブラシですが、日本のサイトを見てビックリしたのが
ドイツのブラシがかなり売られているという実態。

確かに木製の見た目がおしゃれなブラシが普通に売られていますが
ネットだと、ドイツFaller社とかRedecker社という老舗ブランドというのを全面に押し出して高額販売されていますが、
別にそのブランドでなくても大量にいろいろな老舗ブランドがあって
たまたまそのブランドを日本で「これがドイツの代表老舗ブランド」と言って売っているだけで、別にドイツでは有名でもなんでもありません。
むしろドイツでは別のブランドの方がアマゾンで売れています。

この間ノイシュバンシュタイン城に行ったのですが
日本だとドイツの城=ノイシュバンシュタイン城ですが
ドイツ人からすると、ノイシュバンシュタイン城=外人が行く観光スポット だそうです。

ようするに企業戦略ですね。
確かに外人しかいませんでしたし、100人位の日本人観光客がいましたし
日本人はとにかくノイシュバンシュタイン城なんだなと実感しました。
ちなみにこの城になぜ行ったのかというと、
しまダンナが日本語サイトで見て、せっかくドイツにいるんだから有名な城に行っておかないとということで、ただそれだけの理由で行っただけですが
実際に行ってみて、別にその城だけが特別というわけでもなく、いたって普通の城でした。


ということでドイツのブラシはもちろんおすすめですが
木製ブラシとはいっても、持ち手が木製なだけであとはプラスチックなので
プラスチック製でも何の問題もないです♪
そう、値段じゃなくて頭皮をマッサージすることの出来るブラシということが大切で
日本のほうがむしろブラシの質は100倍上だと思います。小ぶりですし。




3/24/2016

フランス人交換留学生受け入れ&ホームステイ

ドイツでは提携を結んでいる学校がありまして
しまおらが行っているギムナジウムではアメリカ、フランス、スペイン、イギリス、アイルランドなどなどと提携を結んでいて
たまに何人か留学というか1週間位滞在していたり
誰かがその国に行ったり、そういうことが結構行われています。

しまお14歳は大嫌いなフランス語を専攻していて
(当初フランス語かラテン語の二択だったためしぶしぶ専攻)
あまりにも成績が低いため金曜日はもう一人のダメ女子と先生と3人の補習クラスにでているくらいのダメっぷりですが、
やる気もなければ成績も悪くフランスに対して全くの興味が無いしまお14才が
フランス交換留学に申し込みをしました!

そもそも募集が来た時には親子で完全スルーをしていたのですが
あまりにも今年は人数が少ないので何度もしつこく連絡が来まして
応募してしまいました。

フランス側はたくさん応募者がいたらしいですが
ドイツ側が30人だけだったので、30人のフランス人の受け入れをすることに。

どんな相手なのかはくじ引きだったみたいですが
同じく14歳の男子が来月しま家にホームステイに来ます。1週間。

ゲストルームというものがないので
しまお14歳はしまお12歳の部屋の床で寝袋で生活してもらいます。

で、しまお14歳は5月にフランスに行く予定!

おとといそのフランス交換留学用の保護者会に出てきたんですが
1時間ほど先生が話していて、言ってることは99%理解できるしましまに
一緒に参加していたしまお14歳がびっくりしてました。
何でこんなに話せないのにこんなに理解が出来るのかと。

まあ自分が思ってる以上に話せるとは思うんですが
やっぱりバランスは悪いのかなと思いますね。
聞けるのに話せないって、うちのしま犬じゃないっすか!

それはそうと、フラン人男子、土曜日に空港に迎えに行って
土曜の夜はしま家族と一緒に過ごし、
日曜日も一緒に何かするわけですが、
日曜日にはしまお14歳のサッカーの試合があるんで、
一応試合を見せて、その後何か近所の見学施設にでも連れて行こうかと思ってます。

しましまは動物園がいいななんて思ってますが
しまダンナはLaser Tagという銃を撃ち合える遊び場がいいんじゃないかと言ってます。
ちなみに動物園ですが、Hagenbeckstierpark(ハーゲンベックスティアパーク)というのがありまして、柵がない画期的な動物園で
手持ちのリンゴとかバナナを餌付け可能!
たくさん象がいて、呼ぶと来るからもちろん触れるし、動物が閉じ込められていないところがかなりすごいシステムとなってます。
しかも最近子象が生まれたらしいし。

ただ、14才男子には象とか興味ないだろうなとも思うんで
最悪銃の撃ち合い&室内でゲーム大会なのか??という気も。。。。

ドイツに来たのに衝撃日本人家庭でスミマセンね♪と思いつつ
申し込んだだけマシだろ状態、
そして、タダで宿泊施設を提供するという役割なだけなので
学校にも近いし、かなりの好条件だと思ってます。

その子5人兄弟の真ん中なので、多分どんな扱いを受けてもOKなのかなと思ってます。

掃除しないと!

3/23/2016

ドイツの裁判所見学(しまお14歳)

昨日しまお14歳、クラスの行事として裁判所に見学に行ってきました。
8年生なのですが、8年生は6クラスあって、
全員で行かずに、1日1クラスと言う感じで行ったみたいです。
1クラス25人程度。

で、裁判所の中を見学するのが目的ではなく
実際の裁判を見学という。

25人だと多いので半分に分かれて、2箇所の2タイプの裁判を3時間ほど傍聴したそうです。

カメラはNG、メモはOK。

しまお14歳のグループは、40代後半くらいのポーランド人ホームレス男性が被告で
12回も万引きなどの軽犯罪を繰り返していたそうです。
盗んだものはすべて酒類。
65ユーロもするワインを盗んだ時に店員と客が3人見ていまして
その4人が証言台にたって、被告の弁護士の質問に答えたりするわけです。

で、他にも証言する人が3人位いたそうですが
裁判終了ギリギリに到着、そう遅れてきていて罰金払っていたそうです!
遅れると罰金ってすごいですね。証言しにきたってだけなのに。

原告側が1年4ヶ月、被告側が1年と主張し、
3人の裁判官が退席し、30秒後に戻ってきて1年二ヶ月の観察処分という求刑となりました。この期間内にもう一回したら即牢屋だそうです。

もう一組のグループは、ドラック漬けの若者だったそうです。

いやあすごい体験ですね。
しまお14才、弁護士とか裁判官という職業を初めて目の当たりにして
また弁護士のうますぎるトークにものすごく感銘を受けたそうです。

しかしいいですね、こういう体験学習。
勝ち組の職業も見れるし、負け組の醜態も同時に見れるわけです。
ああはなりたくない、ああなりたいという感情を芽生えさせるには
こういうリアルな場所で体験するのが一番ですね。

本当にドイツのこういう教育が大好きです。

ちなみにポーランド人には通訳もいまして
裁判の通訳は裁判用の資格がある人じゃないとなれないそうで
そういうことにもいちいち感銘を受けていたしまお14才。

裁判官3人は、男2,女1の割合でした。
日本はこういう男女比なんでしょうか。






3/22/2016

ドイツ語 C1 勉強法

いやあ、B2からC1の勉強ってのはなかなか難しいもんですね。
時間が足りないっつーの!と思います。

これを伸び悩みというのでしょうか。
確かに伸び悩むというかマンネリというか
昔に比べて勉強量が減ったとは思いますが
継続的にしている方だとは思うんですがね。

一応日本語でドイツ語上級者向け文法本を読んでますが
あまりにそればかりやり過ぎると(一時期ドハマリしてました)
ドイツ語の感覚がなくなってくるので
一気に読まないように気をつけながらスキマ時間に読む感じ?にしてます。

やっぱり言語学習ってのはバランスが大事ですね。

そして単語の覚え方ですが、
単語だけ覚えても絶対ダメで、
B2までは単語だけ覚えても基本的なことなのでむしろ単語は大いに単語だけ覚えるべきですが、
C1くらいになってくると、日本語で絶対に訳しきれないドイツ語がバンバン登場してくるわけです。

例えば real と reellの違い。
これって説明できますぅ???

しましまは今日この2つの単語で悩みまくりまして
結局ネットでドイツ人に相談して完全理解をしましたが
上記の二単語は、英語のtrue, real以上に理解が困難なシロモノでした。

ちなみに日本語だと真の、現実のという意味の単語。
日本語ではこうしか訳せません。

思うんですが、辞書って犬とか机とかそういう簡単なものはそのまま簡単に訳せるからいいですが、
日本語に訳しきれない単語、特にほぼ同じ意味なのに存在している単語ってのは、
用途があるから廃れることなく2個とも存在しているわけです。
たとえそれが名詞だとしても強引に漢字で表したり
カタカナだけでそのまんま書いたりせずに思いっきり文章で説明すべきなのでは?と思いますね。
辞書がいかに不適切かということが上級を目指すとよくわかります。

ってことでドイツ語の上級を目指すとなるともうドイツ語で覚えるしかないみたいです。

ドイツ人にドイツ語で説明されて、なるほどねーーーという感じでした。
辞書会社で働きたい。。。。
辞書作りたい。。。。

最近しましま、自分の勉強方法の良くない点が分かったので
あるノートを買いました。

単語帳なんですが、小さいノートで、縦に線が入っていて
左にドイツ語、右に日本語とか書いて覚える系の単語帳。

当然左にドイツ語を書いて右にヒントとなる日本語とか英語とかドイツ語とか人名、引用先とか書いたりしますが
基本的にドイツ語は単語ではなくちょっとした文章で書いてます。

でヒントとなる日本語とかはなるべく書かないことにしてます!
おかげで超不便!
あまりに不便なので覚えるしかないという追い込み(笑)
完全にクイズ問題となっております。

ポイントは、実はいつもこういうノートを持っていて
メモとして活用していて色々書いたりしてましたが
まず見返さないので
昨日書いたことは絶対に今日見返す復習型にすることにしました。
その場で覚えられないから数日かけて覚えろよという恐怖ノート。

とにかく音読して見ないでも言えるようにして、
気づいたらそのノートを開いて適当な単語を見て思い出す感じにしてます。

人は年令に関係なく、今日覚えたことの半分以上、いやほとんどを忘れるようにできているみたいで、
繰り返し学習、これが大事みたいです。

今日も死ぬほどreal, reellという単語を見ていたらもう完璧理解をしてしまったので
多分大丈夫でしょう。
1日に2単語だとさすがに少なすぎるので、
やっぱり20個位行きたいわけで、(語学学校の先生は大体20個という感じだなと、いろいろな先生を見ていて思います)
日々色々な新単語を目にしていて辞書ひきまくりですが(1日に100回位ひいてると思います)
このノートに書くのは絶対に覚えないとヤバイと思える単語または文章だけにしてます。
本当は辞書でひいたものを全部書きたいところですが
そうなると過去の無駄ノート状態になってしまうので
欲張らない自分♪をコンセプトにしたいものです。

あとはドイツ語自宅学習の休憩時間には
YouTubeの動画(当然ドイツ語のみ)を閲覧したり
ドイツ語で色々書いたりとかしてる感じです。

で子供が帰ってきたら日本語モードに切り替える私♪
まあ子供らも学校でドイツ語漬けなので同じ立場ッスね。

ただ、どうしてもドイツ語が苦痛な瞬間、それは音楽。
しましま、曲を聞かないとダメなので
名曲=英語の曲 なもので、英語の曲ばかり聞いてしまってます。
一応ドイツ語の曲もたくさん持っていますがテンション下がります、
音楽性が相当低めなんで!
やっぱりテンション上げていかないと生きてる意味ないですからね、
たとえテストを控えている身分だとしても!
さらに、車で子供を待っている間とかは
スマホのアプリでドラム叩いてます。

ってことで、7月のテストが終わったら
リアルなドラム( eine reale Trommel)を叩いてみたいものです。

一応おやじバンドなるものを劇団ひとり感覚でやりたいなと将来的に考えていて(もちろん趣味の範囲)
あ、どういう意味かというと
1人で全部演奏するという。

なんだか足でドラムが叩ける機械があるらしいので
ギターひきながらドラム叩いてハーモニカも吹ければ最高なんですが
まあいろいろ構想を寝るのが楽しい今日このごろ。。。

ということでこの恐怖ノートはまだ1週間しかやってませんが
数ヶ月やってみて効果が出たらまた書きます。

3/21/2016

報道の自由のない日本(報道の自由度ランキング)

先ほど雨の中犬を連れて歩きとバスで
自分の車をゲットしてきました。

金曜日にパンクをし運んでもらって
土曜日の朝に連絡があったのですが
土曜日の朝はちょうどタンデム(日本語の出来るドイツ人とお茶しながら2時間以上トーク)に向かう途中のバスの中だったもんで
車の引き取りに行けずに今日になってしまったという。。。。

ちなみに途中のバスの中でアジア人のおっさんにセクハラを受けるという被害にあったしましま!
最近春めいてきまして、寒いんですが、春になる=おっさんが変態化するという季節ですね!

ドイツに来た当初は39歳だったので、いろんなドイツ人のおっさんに話しかけられ、
電車に座ればおっさんが隣に乗ってきたりという状態でしたが
40歳になってからそんなことは一切なくなりまして、
その代わりギターを持ってると若い男子が隣に乗ってくるという不思議状態を経験し、
そして春めいた今日、
42歳なんですが、しましまが電車やバスに乗っていると
40代以上のおっさんが必ず隣に乗ってくるという始末!
他の開いてる席に乗れよ!がら空きなんだから!!と思うんですが

本当にこういうことがあると
若くて美人でモテモテの女子って大変な人生ですね。
日々セクハラに会いまくりなのではないかと思います。

それはさておき、パンクするわセクハラに会うわ、
大雨の中車をとりに行くわで若干不運な日々ですが
まあそういう日もあるってことで、本題。

よく、国境なき医師団というのがありますが
国境なき記者団というのもあるそうです!

そんな国境なき記者団というところが毎年つけているランキングがありまして
報道の自由度ランキング!

いろんな国のランキングが載ってます。

ドイツは12位、日本は62位!

昔は11位だったこともあるのに、原発事故をきっかけにランクがどんどん下がっているという日本。

詳しい解説あり

ドイツの新聞を読むと、確かに思いっきり自由というわけではないですが
日本よりはかなり自由度が高いという感じです、内容が。

ということで、メディアと言うのは日本の場合、国民をコントロールするものであり
情報をただ伝えるためのものではない位置づけみたいですね。
利害関係もありますし、持ちつ持たれるの関係がかなり濃そうな上層部なので
こういう国家の中で生きていくには、
どんな一般人になれば比較的有利なのかなということをよく考えて生活したいもんですね。

古舘伊知郎 ワイマールと入れると動画が出てきますが
日本にしてはすごい内容の動画で、
動画を見ずに内容が知りたい方はこのサイトを見ればわかりますが

ようするに、今日本がしようとしている憲法改正はヒトラーがワイマール憲法を利用して独裁政治に走ったのとそっくりだというのが趣旨です。

↑こうやってたった2行で書いてしまうと、
ワイマール憲法って何??
ヒトラーと日本の政治を同じだというのは極端じゃない??
なんて思ってしまいますが、報道ステーションの動画を見たら、なるほどね~と理解できると思います。

見たうえで反論のある人、意見のある方は是非コメント欄にコメントを!

それくらい憲法ってのは都合のいいように改正してはいけないってものなんですね。

受験対策というか、子供らのモチベーションを上げるために
ドラゴン桜のドラマを見始めました。

ドラゴン桜では、下の階級にいる人間はピンはねされて騙されるだけの人生で
勉強さえすれば上層部に上がれて自分が搾取する側になれる、
日本の場合は性格がいいとか関係なく、出身大学が極めて重要という内容のドラマっす。
ようするに東大に入ればいいわけですネ。

ということで、いろんな国家がありますが
国家がどうあれ、国家のせいにしてはいけないわけで
そういう国家を選んだのは自分、
結局は自分自身がいろいろな知識を勉強してそういう国家でうまく行きていけるようにするのがベストですね。

そもそも原発だってそうです。
原発設置の際に反対をすればよかったわけです。
それを勉強不足だったために反対の仕方もわからないからこうなったわけで
結局は勉強ですね。

勉強ができれば自信がつくし、情報収集能力も行動力もつくわけですが
日本がこうなってしまったのも結局は怠けて平和ぼけしていた
頭を一切使ってこなかった、テレビの情報だけが100%正しいと信じている自分自身のせいなわけで
これからどんどんいろいろな情報を収集して
民主主義国家にしていけたらいいのにななんて思います。

ということでリンクにも張りましたが、
日本のマスメディアは情報をかなり操作していて自由度がないということを踏まえて付き合うということが必要だなと思います。

ってことをブログに書くのもヒヤヒヤもののしましま♪
こういうタブー発言をアメリカ、ヨーロッパ系ですると
基本的に意見をもつことはいいこと、人と同じ意見ではある意味ヒトラーみたいな人にすぐに牛耳られてしまうので、絶対に人に流されてはいけない系なので
人がぜんぜん違う意見を言った時には
その人はその人の意見だけれど自分はこうです、という感じに意見交換するのがスタンダード。

日本だと、先輩とか偉い人に対しては基本、同調すべし、
目上の人から自分の意見を指摘するという場合は、身分の低いものの考えはそもそも間違っている的に扱われますね。
そう、目上=正しい という不思議構図!

政治ネタは究極のタブーですが
自分の意見を持つこと、述べることってそんなに悪いことですかねぇ。
そして国家に対して不平不満を言うことってタブーなんでしょうか?
税金払って雇ってるんだからまともな感覚で働けよ、国民にいちいち余計なこと考えさせるなよという感じなんですがね。








超難関高校に行くハイレベル中学生用の模擬テストSAPIXを受験!

SAPIXが難問過ぎて瀕死気味、しましまです。

しまおらは漢字とか日本語の勉強モードにさせて徹底的にしごいておりますが
そんな中、海外でも自分の偏差値がわかるという模擬テストを受けることにしまして
SAPIXという会社のものを選択しました。

こいつ、人生初の模擬試験で人生初の自分の偏差値がわかるわけですが
SAPIXと言うのは異様にエリートな、そう、ラサール後に東大に行くような子が入る塾みたいです。
当然問題が難問過ぎてびっくりでした。

ちなみに、強引に解いたものの、ほぼ白紙でしたんで
(ドイツ語漬けの単なる一般人なので♪)
しましまと全問題を一緒に復習しました。

SAPIXの問題を見て思ったのが、数学の難易度が異様に高いこと。
他の教科もかなり高いですが、数学の高さはひどすぎです。

まあこれがスラスラ解けたらかっこいいですけどね。
多分クイズ問題とかスラスラ解きたい系の子がこういうひねりまくった応用問題が大好きなんだと思います。

だって、国語の漢字だって、
トロウとか、ハイオク、ドンテンとか書かせるんですが、
徒労、廃屋、曇天が正解なんですけど、
(まあしましまは書けますがネ)

ハイオクっていったら、ガソリンだし
ドンテンっていったら、業界用語の天丼じゃないの??って思いますが
(グラサンがサングラス、マネージャーがジャーマネ、天どんがドンテンみたいな!)
こういう漢字ばかりなのがすごいですね。

こういう問題をみるとしまお14歳は一気にやる気がなくなりため息連発ですが
しまお12歳はやる気満々で挑むんで
性格とセンスってあるよなーーーと思いますね。

もう二度とSAPIXのテストは受けさせない予定
近寄らない予定ですが、(無知なんで超身の程知らずでした)
最低限度の日本語力を身につけさせる方向で頑張ろう、そう思いました。

漢字の書き順もおろそかにしてはいけないので、
おかしいな?と思った時点で携帯のサイトでチェックすると
動画で書き順が出てくるのがあるんで
手軽に漢字学習に励んでます。

本来だったら楽しく勉強、自主的に勉強させたいところなんですが
そうすると絶対にやらないので
鬼コーチと化して、家庭の雰囲気をぶち壊してまでもやらせてます。
ある意味見た目お受験ママですが、
偏差値40位を目標にしているだけの女でございます♪

なにもしないで伸び伸び生活したいのと
こういう教育系は補習校でも行ってもらってアウトソーシングしたいところですが、
補習校は絶対に行きたくないというし
やっぱり日本人は漢字を学習しないと何も始まらないので
週末は自分の時間を思いっきり犠牲にして子供らの日本語教育に費やしてます。

そして子供らが嫌がる素振りを見せたら部活やめさせるぞという脅し付き!

恐ろしい母親ッスね。本当はこんなふうにしたくないんですが
漢字が本当に書けなくなってるのでこういうことになってます。

多分リアルバイリンガルの人は親の努力、特に母親の努力が半端なかったんだろうなと思いますね。
ただ、中学の内容なんて公立系希望だったら何ら難しいことなんて一切ないので
教えること自体はクソ簡単です。
本人たちも内容的にはクソ簡単だといってますが
とにかくネックは漢字。そして国語の回答の書き方とか。

もう徹底的に指導しまくりたい、そう思ってます。面倒くさいですがね。



3/20/2016

ハンブルクの韓国料理店Hanmiで焼き肉

どうも、肉大っ嫌いなしましまです。
焼き肉が食いたいねということで(しましま以外)
ハンブルクでみんながおいしいと言う人気の店、ハンミ(Hanmi)に行ってきました。


びっくりなのが、日本の1人前は1人前では決してないのですが
韓国の1人前はしっかりと1人前だったこと。
おかげで沢山頼みすぎて大変でした。

しましまにとっては日本の1人前でも無理ッス。

で、しまおらにとっては人生2回めの焼肉店での焼き肉ですが
非常に喜んで食べていました。


肉によって焼く鉄板が違うことにびっくり。
あと、店がキレイです。
従業員もみんな親切!

ちなみにしましま、この店には3年前に中国人女子らとランチをしにきたことがあります。
中国人と日本人で、ドイツの韓国料理店でランチ!

肉が好きな人にはたまらない店ですが
嫌いなもの=肉 
脂っこいもの、辛いものが超苦手、
にんにく大っ嫌いという人は軽く地獄を見ますが
肉数枚とご飯を食べて普通に満足できました。

肉が余ったので持ち帰ってきましたが
今日はその肉で夕食を作ろうと思ってます。

ということでこれから行く人は、しっかり人数分だけ頼んだほうがいいです。


タイヤパンクでレッカー事件

いやあ、ドイツで初パンクのしましまです。

しまお14歳がサッカー合宿から戻ってきまして、
ハンブルクの集合場所に車で迎えに行ったのですが
その駐車場でいきなりパンクしていたみたいで、他の親から指摘されました。

で、パンクといえばタイヤ交換!
タイヤ交換といえばスペアタイヤ!

という発想の40代しましまで
タイヤ交換歴も、1人で交換したことも何度もありますし
ロンドンでも人のベンツのタイヤも交換したこともあります。
(ベンツの交換キットがいたれりつくせりで最高で衝撃)

ということで後ろに積んであるとおもいきや
まさかのスペアタイヤ部分が空っぽ!!

レッカー会社(自分の入っている車の保険会社)に連絡し
大荷物を持ったしまお14才と30分ほど待ちましたが
電話がかかってきて、また1時間待たせてしまうというので
大荷物持って歩いてバス、その後電車で家まで戻ることに。

で、戻ってる途中に電話があったので
今度は即チャリで現場に向かい、巨大な車に積んでもらって
いつも点検で行っている修理工場まで運び去られましたが
いやいや、荷物持っての大移動だったりその後チャリで猛スピードで走ったりして
いい感じでさらにマッチョになりました。

で、戻ってきて夕食後に着物女子(ドイツ人)とチャットなどしたんですが
最近はスペアタイヤなんて積まないよ!との衝撃事実!
しまダンナの車にもスペアタイヤなんて積んでおらず、
その代わりにスプレーみたいなのが積んであるようです。

で、スプレーって一体??ってことで検索してみたんですが
衝撃の事実!

タイヤの中に液を注入するんですが(500ml程度)
注入前に空気を入れる電動ポンプみたいのもついてまして
それで空気を入れて膨らませてから液を入れ、
穴が塞がってないけどとにかく走る!という手法。

なんで??と思いますが、
遠心力で液を全体に広げ、その液が穴の部分をふさいでいくらしいので
相当な負荷をかけた運転をしようとも
高速道路で高速で走ろうとも
巨大トラックのタイヤであろうとも
この液さえあれば大丈夫みたいです。

遠心力なんてドリフのコントで利用するくらいしか
利用方法がないと思ってましたが
文明の利器っすね!

そして自分の老いにもびっくり。
こんな液の流行、しらなかった!

ちなみにアメリカにいた頃、1000円位の中古タイヤを常に買ってまして
中古なだけにとにかくすぐパンクしてしまい
パンクするたびにまた中古のを買うという方式で
とにかく自分で道端でタイヤを交換していた経験が相当豊富です。

そういえばロンドンにいた頃自分のタイヤもパンクした経験があるなと
今思い出しました。
あの時はスペアタイヤ積んでました。
ボルトが固すぎて、しまダンナがきてくれまして
一緒にやったのですがピクリとも動かず、結局業者に来てもらってタイヤ交換してもらった経験アリ。

そう、3年前まではスペアタイヤの時代でしたYO!
間違いなく!
一体いつの間に??と思ってしまいました。

ってことでしまお14歳は楽しい合宿をエンジョイし
なんだか日焼けしてドイツ語漬けでドイツ人化して帰ってきましたが
家に戻ったらSAPIXテストが待ってまして、
昨日は英語と理科をさせ、
今日は残りの3教科をさせて送付予定ッス。

人生初の模擬試験。
ちなみにこの人、テストの際に自分の名前の上のフリガナの部分がカタカナでフリガナと書いてあるとカタカナで書くというルールを知らなかったので教えましたが
自分の名前のカタカナもど忘れしている始末で
大丈夫かこいつ??という感じです。

サピックステストですが、しまお12歳にとかせてみたら満点!
しまお14歳は半分くらい間違ってる感じがします。
語学にしてもスポーツにしても何にしても、センスって大事だな、と思いました。

確かにイチローは努力してるのはわかりますが
センスがない人がイチロー以上に努力しても絶対にイチローになれないので
向き不向きを見極めるって大切だと思うし
勉強というものに向いてない人は無理してする必要もないなと感じてます。

よく、勉強をたくさんしてTOEIC満点とりましたとかありますが
そういう人の成功論って一切参考にならないと思います。
そもそもセンスがあってそもそも頭がいいんだと思います、生まれながらに。

勉強もスポーツもダメ、顔もブサイク、センスもないという恵まれない人はじゃあどうすればいいのか、
性格を磨くしかないですね。
性格は努力で変えられますから!
むしろ性格さえ良ければみんなに好かれるはずです♪




3/17/2016

競争社会から降りた感アリ

どうも!
今回は断捨離ネタ。

ネットの情報とかいろいろ見ていまして
そもそもなぜしましまがこんなにも受験否定派なのかちょっとわかった気が。。。

しましまの家の中、相当キレイです。
なぜならモノがないから!

風水本とか片付け本の影響もありますが
お買い物大好き&コレクション大好きだったしましまが
ものはとにかく捨てろ系のしまダンナと結婚したことにより
本棚のスペースも絶対に増やしてもらえず、
入りきるだけの本にしろととにかく強く言われ続けていたもので
そのおかげで泣く泣く物を捨てたり、捨ててから買うように心がけていたところ
気づいたらしまダンナ以上に,
ものに対しての執着心が減ってしまいました!

しまおらも男子なんで服にもこだわりがなく
とにかくしま家には服、靴、かばん類がびっくりするくらいないです!

おかげでタンスはいつもスカスカ。

あとはスティーブ・ジョブズなどのネット系大御所に憧れているもので
女子なのにいつも同じ服を心がけていまして数年前から
基本的にいつも同じ服です。
いつもっていうかヘビーローテションしているので
着るものに一切の迷いがない日々!
自分がいちばん似合うと思う服しか着ないということを徹底付けると
はっきり言って服単価は上がりますが、
単なる私服なのに、1年以上ひたすらスーツのごとく着続けるので
テンションも上がる上に飽きも来ない上常に一番似合う状態を維持できるので
リアルにオススメです。

おかげでショッピング率も減り、物欲も減り
そういえば洋服代もかからなくなったよなぁと今思ってみたり。。。
ただ似合う服も着すぎてボロボロになるので、そうなったら新しい服を買いますがね。
そしてボロボロの服はリサイクルへ!

それと、化粧はガッツリするものの
基礎化粧品は一切使わない派歴も数年。

調理器具や食器が異様に少ない、冷蔵庫はいつも空っぽ系なので
先ほど気づいたのですが
こういうことをしてるから視点がそもそも違っているため
競争社会というものからすでに離脱してんじゃないか??ということ。

子供の高校受験というのを考えると
本来だったらいい教育を受けさせたいと思うのですが
高校のいい教育ってなんだろうと考えた時に
いい大学、いい就職先で金をゲットするため、人に見せびらかすための派手な経歴のための教育だったら全く必要ないななんて思えてきます。

学問はむしろ必要。そういう意味での教育は必要です。
高校は友達とエンジョイし、
卒業した時に自分が楽しめるような環境にいける準備ができる所が良いなということだけなので、
いい大学に入ってほしいとか、大学に入って欲しいということも特に思わない自分発見!
やっぱり競争社会から離脱してたからこんな思考回路なのかYO!

ただ、今は駐在家庭なのでこんなふうですが、
日本の教育制度に戻る時に
漢字をおろそかにしてはいけない、
ドイツ語並みに一生懸命日本語を勉強しないといけない、そう思ったので
漢字は絶対に書けるように、作文もしっかり書けるように、
そう、語学能力は自己表現において非常に大切なので
ここはきっちりやらせたいと思うようになりました。

別に良い高校に入るための漢字ではなく、
日本語という語学をきっちり学ぶためという感じッスね。

多分こういう親だと絶対に子供はやる気がでないと思いますが
競争社会から離れるとすごく楽で、
むしろ別のものが見えてくる感がありますね。
多分こういう人間とか感性が競争社会とか和を重んじる社会だとウザいと思われそうな予感大ですが、
せっかくの人生なんだから自分のペースで楽しくエンジョイするのが一番でしょう!

確かにブランドのスーツを着た金融マンとか見た目はかっこいいし
資本主義を有利に活用している感じがして勝ち組っぽいですが、

ドロドロになりながら道路工事をしているおっさんが
負け組だとは決して思いません。
むしろ勝ってるんじゃないの??くらいに思ってます。
っていうか勝ち負けじゃなくて、自分の状況を楽しめたらそれが良い人生じゃないかなと思ってます。

そんな中昨日SAPIXというところで注文していて中二用の模擬試験5教科が届きました。
本人まだいませんが、しましま、しまだんな、しまお12歳で解いてみてびっくりの内容。
超難問だと思います。
むしろ英語と社会しかこいつできないんじゃないの??と思えるような内容!

ちなみにこれ、英語の問1です。
もちろん3人とも余裕でできましたが、それは英語圏に住んでいた経験があるから。
これ、自分が中2の時に出されたら解けるかな??と思ってしまいます。
とくに4番!!
これは数学ですね。
全体的にそうですが、英語の問題ではなく国語力とか数学力も問われている感じです。
これがサピックスなのか。。。。とびっくりですが
ショック療法としての模擬試験。これが本人にとってきっとプラスになるだろうと思ってます。








3/16/2016

食べて応援しよう。農林水産省

農林水産省 食べて応援サイト

原発事故から5年経ちました。
炎上を回避したいところですが、意見があったら是非是非コメント欄にお願いします。
辛口コメントでも喜んで受け付けます。


デュッセルドルフのアジア食材店でいろいろ
棒ラーメン、桃山(和菓子)などを買いました。

もちろんハンブルクにも小規模なアジア食材店が数軒ありますが
デュッセルドルフは種類も豊富、弁当まで売ってる始末で完全に日本!

で、海外で売っている日本食材は2種類ありまして、
一つは日本のものをそのまま運んできて海外用のシールを貼って販売するもの、
もう一つは、
パッケージが海外仕様に作られたもの です。

基本的に和菓子系は日本から直接というパターンが多いのですが
今回こんな超豪華な桃山セットを買いました。
日本円に換算すると800円相当。高っ!
でも本当に桃山が好きなので♪
ちなみにすでに食べたあとですが、まだ食べてない桃山の下の乳菓ってのがおいしそう!



で、もちろんこの桃山セットは日本で作られてます。
写真でみると大きく見えますが、日本のコンビニとか和菓子店で売っている桃山の大きさではないです。左上の桃山は日本で流通している桃山の二分の一くらいの大きさで、
手前の抹茶とかそばと言うのはかなりの極小サイズ!
それと、すでに食ってしまいましたが、桃山にショック!中が黒あんでした(泣)

このセット、日本で製造されていて、ドイツ向けのドイツ語で印刷されたビニールパッケージで梱包されています。
そして産地の明記もあって、鳥取。
もしかしてドイツで梱包されている可能性もあります、外側だけ。

ハンブルクでもそうですが、
ここ数年、原発事故の影響で、西日本製の商品の比率がかなり上がりました。
納豆も以前は茨城産がメインで、むしろ納豆と言ったら茨城しか買わないだろくらいのブランド力だったのが一変、岡山産が多くなりました。ほぼ岡山です。

ということで確かに普通に関東や東北産のものも売ってはいますが
産地とか原材料は子どものアレルギーもあるせいで10年以上見続けてきましたので
数年の間のこの動きには結構ビックリですね。

びっくりというか自分の中ではごくごく当たり前で
当たり前のように西日本のものを買っています。

5年たってみて、「食べて応援ふくしま!」と言うのはもう死語なのかななんて思って検索したら、
思いっきり、いまも食べて応援状態が続いてるですね。

これってどうなんでしょうか。

日本にいると日本にしかいないのでこういうことを書くと非国民呼ばわりされるでしょうが、
ドイツ人に、食べて応援系の話をするとみんなびっくりします。
「普通、食べて応援はしない」「普通、食べたら危険じゃないの?」と。

しましまは日本の状況とか雰囲気が全くわからないので
この発言自体が超ご法度なのかもしれませんが、
第三者からみると、食べて応援は明らかに普通ではない、そう思います。

健康に長生きするのが日本人!
ということで、食べないで応援をしていきたいと思っています。

ちなみにしまテストジャパンを立ち上げたのもこの原発事故がきっかけですから!
だから食べて応援じゃなくて、食べないで応援を毎日している次第です。

やっぱり5年たっても未だに原発ネタはタブーなのでしょうか。

引っ越したくても引っ越せない、
移住をしたら転職先が今よりもレベルが下がるため生活の質が下がってしまう、
だからこそ今の仕事と今住んでいる住居のままで健康で長生きしたい、
そんな場合こそ
むしろ絶対に食べたらいけないと思うんですがどうでしょうか。

福島の人をみんな西日本に避難させて余ってる土地を農業などで活用させれば
人も技術も土地も生かせるし、安心で安全な食べ物が生産できるのにななんて思います。





3/15/2016

しまお12歳。ゲーム漬けの日々

どうも!漢字練習は毎日やってますが
ゲームもやらせているというしましまです。

実はしましまはゲームとか機械というシロモノがものすごく好きでして
電線とかICチップをみるとゾクゾクするというタイプです。
宝石とか時計、ブランドショップとか、クリスタル系の置物とか、全くと言っていいほど全くの興味がなくてなんの感情も湧き出ない完全におっさんとして生きている女なんですが、
家電屋とか配線とかが大好きです。
幼少の頃から。

たぶん男に生まれていたら確実にしま実父のヒロシーと全く同じ仕事をしていたのではないかと思ってしまいますね。

それはさておき、そういう傾向があるので
当然ゲームが大好きでした。
今はゲームから卒業したので一切してません。

やっぱりゲームってものはいかに卒業するかが大切だと思いますので
子どもがゲーム漬けで困るという人は是非こういうショック療法(?)というか
卒業療法もいいかと思います。

ダイエットもそうですが、何かを我慢するってすごく辛いですよね。
むしろあるのに我慢する行為って
ないから諦めるよりも辛いかもしれません。

ものも豊富に売っていて手軽に入手出来て、しかも金もあるのになぜ我慢をするのかっていうジレンマ!

ということで、しましまは現在しまお12歳にたくさんゲームさせてます。
そう、飽きるほど。卒業をさせようともくろんでますんで。

しましまはゲーム大好きでしたが今は一切していない理由。
それは、大学時代に一時期スーパーマリオに相当はまっていた時期がありまして
人の部屋でゲームに参加もしていましたが
その人が実家に戻るという時にゲーム本体も借りまして
たしか3日間ぶっ続けでゲームしました。
おかげで睡眠時間も食事も最悪で、最終的に何時かわからない状態になるという失態。

さらにこれくらいぎっちりゲームをすることで
1人でいることの孤独感、
不健康すぎる弊害
ゲームの世界の狭さ、無意味さ、
ゲームのほうが人間界よりも浅い、
等などのネガティブポイントだけを身をもって体感しましたので
その日以来一切ゲームをしてません!

やっぱり自然界とか生身の人間が最高ですよね♪

ということで、スマホ依存とかもそうですが
一旦3日位ぶっ続けで引きこもったほうがいいと思います。
そうするととにかく不健康すぎて胃に来る自分に気づけますんで。

しまお12歳は若干12歳なのでこまめに休憩を入れていますが
昨日5時間位やらせて今日もずっとやらせてます。あえて!

しまお12歳は、今日になってこんなことを言ってます!
「なんだか卒業の意味がわかった気がする。ちょっとつまんなくなってきたかも。」

これです、これ!
定期的に1時間とかするとむしろストレスが溜まるので
3日位ぶっ続けでさせてから卒業。これがいいと思います。

ただ、データ的に12歳以上じゃないと脳的にまずいらしいので
12歳以下はとにかくゲームをさせないようにするのが大切みたいです。

ちなみにしまお14歳はゲームぶっ続けをしていないのに
ゲームとの関係性が非常にいいです。
なぜならピアノとかルービックキューブ、読書、音楽編集みたいな趣味がたくさんあるので。

しまお12歳はしましまとよく似ていてテレビとかゲームが大好きなので
しまお14歳がいない間に卒業という名の治療を施しております♪
たぶん体調崩すと思いますが是非体調を崩してゲームの恐ろしさを心身ともに理解してもらいたいものです。

一応しましまは今後の予定として
こいつに楽器を習わせたいなんて思っています。
ピアノまたはギター。

本来だったら塾とかにかよってがっつり勉強すべきなのですが
勉強は大人になってからでもできますが
音楽とかスポーツは子供の頃こそ大切だと思っていますし
世界観が変わるし、ドイツのほうがいろいろ安いのでもくろみ中。

世界を広げてあげるとゲーム、ギャンブル、アルコール、ドラッグなどにはまらないと思いますので。

という風にいつも最低レベルの目線から子育てをしてます。


3/14/2016

しまお14歳はサッカー合宿中

先週と今週がハンブルクは学校休みの2週間です。
ドイツの南部に行って人間ドックと小旅行をしてきましたが
ハンブルクは北に位置してるだけあって寒いッスね。
昨日も今日も1度とか。

でもスキーでマイナス15度で空気が超薄いところで滑ったせいで
なんだか2度でも酸素さえあれば全然OKという感じです。

酸素さえあれば!

戻ってすぐにしまお14歳はサッカー合宿のため
さらに北へ移動。
すごい移動距離&車に乗りまくりの男。

昔は相当車酔いが激しかったのに、
でんぐり返し効果で全く酔わなくなりました。
車酔いが激しい方は是非ともでんぐり返しを1ヶ月位やってみてください!
子どもだと前後10回ずつくらい毎日がおすすめですが、
40代なら前転1回で相当なめまい&首や腰を痛めるはずなので
1日1,2回でいいと思います。
相当効果があると人体実験済みなんでマジでおすすめ!

今日からしまお12歳と日中2人で生活するのですが
反抗期中なもので、とにかく避けられてます。
しましまの溢れ出る愛を受け止めるのはしま犬オンリー!
ということでしま犬に全愛を注ぎたいと思います♪
愛之助だぜ!片岡愛之助状態!


しまお12歳は靴に4つも穴が空いてしまいまして
新しくつを買わないといけないのですが
母親と靴を買いに行くのは絶対に嫌だというので
犬を連れて今日は金をおろしに2駅先までチャリで行き
その現金を指定された場所で指定された時間に手渡す予定となっております。
麻薬取引かっつーの!

本来ならカード払い(ECカードという銀行直結カード)でお手軽にはらいたいところですが
(履歴も残りますし)
反抗期の少年が激しく母親を拒否するものでこのざまです(;_;)

しまお14歳は反抗期の時にひたすら無視&こもる感じでしたが
しまお12歳は激しく罵声を浴びせてくるもんで、日々討論会です(;_;)

旅行中は楽しかったし、自分に都合のいいことに対しては積極的にしましまに話しかけてくるんで、
都合のいい女状態のしましま(;_;)

まあ仕方ないですね。
人間が大人に進化する過程で避けられない問題ですもんね。

おかげで、今まで臭いという理由で避けられていたしまダンナの人気が急浮上。
母親は絶対必要だと思っていましたが
男の子の場合は特に母親よりも父親のほうが育児に向いてたのかもななんて思ってしまいました。

あと、エピペンを常時所持しているしまお14歳ですが、
エピペンを打つ練習用の偽エピペンも常に持っていて
友達に練習させたり自分でもたまに練習したりしてるそうです。
ということでクラス中がエピペンが打てるようになったという(笑)

本当に14才、もうすぐ15歳ですが1人でいきていけるような感じになりました。

しましまも、愛あふれ過ぎの子育てからクール系子育てに移行したいところですが
生まれながらの愛之助なもので、
愛を与える対象をマジで犬オンリーにしないとですね。

ということで、愛あふれ過ぎな方、
あふれた愛の処理方法知っていたらコメントください!




3/13/2016

人間ドックと小旅行。大量写真アリ Autozug, Zugspitz, München, Düsseldorf

どうも!数日留守にしていたしましまです。
年に一度人間ドックを受けないといけないわけですが、
駐在員の場合は、海外の日本人用専門の病院に行かないと行けないわけです。
ロンドンにいた時は車で20分位のところに立派な日本人専用の病院があったので楽でしたが、
ドイツだとハンブルクからわざわざデュッセルドルフに行かないといけません。
車で400キロ。
また、朝7時台に受付ということで、ホテル前泊必須ってことで
この週末に行ってきました。

ただ、単に人間ドックを受けにこんなに距離を走るのもどうかと思いますので
毎年スキーをからめて行ってます。
スキーが出来るくらい健康なら受ける必要ナシと思うんですが義務なんで!

ちなみにしましまは、死ぬまでバリウムは飲みたくない派なので
今回もバリウム拒否です。バリウムを拒否すると1万5千円位安くすみます♪

バリウムといえば、ドイツのバリウムはしまダンナがいつも飲んで検査してますが
バリウム後に下剤をくれません。
バリウムを飲むと激しい下痢が何度もきて
ドイツのトイレットペーパーは激硬だし当然ウォシュレットという存在自体もありませんので、ケツの穴を激しく負傷したしまダンナ。
すでに下剤入りなんじゃないか疑惑が今年浮上。

下痢しすぎて腹えぐれちゃったよ という名言を残した男!


馬場というクリニックは金曜日が人間ドックの日なので、
いつもWinterbergというデュッセルドルフの近くの800mの小さい山があるスキー場に週末を利用して、寄ってから帰ってきてましたが、
何気に暖冬だと思っていてWinterbergをやめて別のところにしたんですが、
何気に激寒でドイツの南部でも寒くて雪が降ったという状態で、まさかの雪豊富!

ということで、今年はWinterbergじゃなくて
ミュンヘンの近くにあるGarmisch partenkirchen (ガルミッシュ=パルテンキルヒェン)というスキー場に行ってきました。
初ミュンヘン。

そのスキー場はオリンピック会場だったこともあり、
標高も高く(ドイツで一番高い山。Zugspitz 2900m以上)絶景♪

上級者コースとかオリンピックのコースを滑りましたがすごく怖かったッス。
ドイツの上級者コースをなめちゃいけませんね、油断すると多分死ぬ!
そして死んでも誰にも見つけてもらえなそうな雰囲気!



900mのところまでは車で行って、そこから電車ORケーブルカーで上まで行くんですが、この写真が恐怖!
上に高い山がありますが、このほっそいケーブルのゴンドラであの頂点まで行きます!
それも朝の山の手ラッシュかよくらいにギューギューに詰め込まれた狭ゴンドラに乗って900mから2900mまで行くんですが、高所恐怖症だったら絶対無理だと思いますネ。
しましまは高所全然平気なんでOKでしたが、
気圧がモロ耳に来るタイプなんで、急激に2900mまで行かれると耳に来ますね。
しまダンナは酸欠でヘロヘロでした。
っていうか、高いところに行くとまさに高地トレーニングと言う感じで、結構疲れますね。

このゴンドラでまず山の下まで進むんですがそこから一気に垂直に上がるんでびっくりでした。ちなみにこのゴンドラで上がったあともさらにもう一回ゴンドラ乗車して
こんな感じのところに到着↓

まさに春スキーでいい天気!でもマイナス15度位。


英語が書いてないのに日本語が書いてあるという衝撃!
日本人がたくさん来てるって証拠ッスね。↑
でもこのフォントと文字間隔と若干斜めな感じで
全然頭に入ってこない日本語。

しましまならこう訳しますが。。。
ケーブルカー ツークシュピッツ頂上行


悪そうなイケメン店員がいるオシャレ山頂カフェ。
スキー板をこんな風に飾ってます。



当然スキー場は犬OK。
湯のみっぽいカップ。基本的にしましまはカモミールティーをいつもオーダーしてます。
カモミールティーはほぼどこにでもあるところが便利。
あとはPommes(ポメス。ポテト)を頼んで小休憩。
一応犬は車の中に入れておいて、休憩ごとに見に来て一緒に遊ぶ感じです。


そしてミュンヘン市内を夜観光!
観光っていうか通りすぎただけですが、マリエン広場というところ。
マリエン薬局みたいっすね!(ホメオパシー)

この眼科(Augen Klinik)がフリーメイソンっぽい!


マリエン広場。道の標識の字体がオシャレ。

デュッセルドルフからミュンヘンまで600キロありまして
相当長くて激疲れ!
途中Wormsというキモい街名が!

あとドイツの城、neuschwanstein 城 (ノイシュヴァンシュタイン城)も行ってきました。
雪が降っていたので歩いて城まで行って来ましたが、通常はバスがあって数分で上までいけるらしいです。
徒歩40分と言われていましたが、20分でつけたしま夫婦。
しまおらは駆け上がって10分で着いてました。

↓この城!
あまりに小さく見えるんでどうでもいい違う城だと思いました。

近づくとこんな感じ↓
カリフォルニアのディズニーランド、香港ディズニーランドにある眠れる森の美女の城のモデルらしく、日本人観光客だらけ!
どうやら外人が行く観光スポットみたいです。
ドイツの城は数個みましたが、イタリアとかフランスのほうが豪華で見応えがあったし
究極は日本の寺だよなと思いました。
多分城はもう見学しないだろうと思いました。
寺の彫刻とか壁画をよく見ると色ムラとか雑さが目立ちますが
(姑目線でソーリー!)
日本の寺と建造物は細部までしっかり凝っていて
本当に細かくて丁寧で清潔で質素な国民性という感じがして
城をみると改めて寺、神社の素晴らしさがわかりますね。






ミュンヘンからハンブルクって1000キロ位あるんですが、
さすがに車で戻るとなると腰が砕けるぜということで、
Autozugという車も運べる寝台列車を利用して帰還しました!
夜9時位に乗って朝7時着。クソ狭くてビックリの6人部屋!
犬は無料で乗れるしこんな朝食もゲット。
乗る時に車掌さんが飲み物のオーダーを聞いてくれて
全員紅茶にしたんですがお盆に紅茶を載せて来てくれて
パンとかは紙袋に入っているのをそのまま渡してくれるパターン。

一応個室になっていて、3段ベットを折りたたんで朝食を食うらしですが、
たためるなんてそんなことは知らず
たたまずに腰をかがめたり立ち食いしたり
さらに4人が地面で立てないくらい狭いので
しまおらは上空で寝ながら食ってもらいました。

ただ、どう考えてもおかしいだろと思って
隣の部屋を見たら綺麗に折りたためるらしくて
朝食後に折りたたみました♪

これから乗る方は要注意で!



到着するととりあえず荷物だけ車に載せて出口で待つ感じ。

ほらこの狭さ!!


顔出しと瓶を投げるのはダメというマークらしいですが
いい!みたいな感じに見えますね♪

ということで、無事帰還できました!
寝台列車は全く快適でもなく、狭いし硬いし
異様に疲れてるのに全く眠れません!
ただなんだか楽しいという。。。

10時間乗るのに寝て乗るっていいですね。










3/11/2016

しまお14才。ITクラブに入部!

どうも!理系男しまお14歳がついに学校の文化部に入部することになりました。
サッカーも普通にしてますが、
金曜の午後はITクラブに没頭したいそうです。

部員は男だけ8人。
数学大好き、数学超得意、物理も生物も化学も大好物の野郎どもが集結し
スマホのアプリを作ったりとかするみたいです。

クラスの友達(スキー旅行の時に頭の上にGoProをつけて滑ってた子)と一緒に入ったみたいでなんだか青春って感じですね。

こうやって中学生くらいになると親が思ってもみない方向に進むんだなと
びっくりです。

しまお12歳はしましまそっくりで、部屋にこもってパラパラ漫画を書いてたりします。
それもナイフが飛んできて死んだりするような恐怖パラパラ漫画で
自分が書いたかと思った!という状態。
遺伝って恐ろしいッスね。そして、本能みたいなものがこうやって出だしてくるのが中学生なんですね。

それはそうと、スカイプで日本語学習中のドイツ人にひらがなを教えたんですが
ひらがなをドイツ語で書き順を説明するって、超難易度高し!
「れ」という書き方に苦戦して結局説明できませんでした。

しまお12歳に後できいてみたら余裕で説明できてて尊敬ー。
日本語でも難しくないですか??

「ぬ」は、「の」の応用編で、プレッツェルみたいな感じだけど棒がいっぽん左斜め上から右下に斜めに書く感じ、って説明ですが、「れ」って。。。

まあ基本は日本語を教えつつ全部ドイツ語で会話ってのが結構楽しいもんです。
今日は1人と90分スカイプしたあともう一人と30分電話したんで激疲れで
あとはがっつり筆記対策の勉強して、息抜きとして日本語で書いてあるドイツ語の参考書よんだりしました。いやあドイツ語漬け。


3/09/2016

日本人として頑張り始めさせました。漢字練習ドリル(教育同人社)

漢字学習というタイトル、370円
これが手元にありまして、もともと漢字学習は中学生になった時点で捨てていたもので
全くの白紙で残ってました。保存状態最高の状態。

日本からドリルを取り寄せようかなと思ったのですが、
手元にあるじゃん!ということで
数日前からこのドリルをスタートさせました。

中1のものしかないんですが、中学生って3年間で1130字覚えればいいみたいです。
残された時間が1年半あるので(来年の9月入試を狙ってます。)
まあコツコツやれば余裕ですね!ってことで
このドリルを使ってとりあえず2人まとめて中1からスタートしました。

ちなみに小学校で1006漢字を覚え、
中学生で1130字を覚え
最終的に2136文字覚えるのが必須みたいです。

高校になると新しい漢字を覚えることはなくその2136字を使っていろいろ読んだり書いたりするわけで、これを常用漢字というらしい。基本なんですね。
ってことで、しましまの周りのドイツ人はひらがなとか漢字を超頑張っている人が多く
見ていてものすごく微笑ましいし、
別に日本語を職業としてやっていくために学んでいるわけでもないのに
ものすごく必死に、多分アニメを見たいがためにOR文化が知りたいがために
漢字を書いたりしているわけです。

外人がですよ!
そう考えると、すでにひらがなは余裕で、外人に比べると圧倒的に字がうまいわけで
基盤はすでに出来ているので
1日15個位書けるだろというノリで、
横1列の15個ずつ書かせてます。

この370円の冊子を2人で使っていくのと
繰り返し学習するため、ノートに書かせて綺麗に使わせてます!


今はまだはじめたばかりなんで小学6年生で習った漢字からスタートしてますが(上の図)

そのうち中学1年の漢字に到達予定です。

しかしこの教育同人社ってのは、教科書におもいっきり沿ったドリルなので素晴らしいですね。
これは海外子女教育財団でゲットしたものですが、
数学のドリルもぜひ欲しいそう思ってます。

絶対に応用は無しで、基礎に徹しているところがラブ。
市販されていないところも希少価値高しですね。

一応漢字の学習方法として、
帰宅しておやつ食いながら一旦書かせてみる
15個中2個くらいしか書けない
答えを見て納得して答えをそのまま書き写して
もう一度チャレンジ。
書けない所は再チャレンジ

そして夜9時頃に家族でチャレンジ!
その時にしまダンナやしましまも事前練習なしでかけてるか試してます。
何気に若干間違ったりしますね。。。。

久々に字を書くという行為も新鮮だったりします。
筆ペン欲しい!

っつーか漢字は縦に書きたいですね。

本人たちもなんだかやる気になったみたいで
メモとか書くことが多いうちなんですが(カレンダーに学校とかサッカーの予定を小さい紙に書いたものを貼り付けるパターン)
そのメモにがっつり漢字を書くようにまでなりました。

テーブルの上にはティッシュ箱とカレンダーと電子辞書は常においてあるんで
これでひいて書くというのがいい感じで、
多分楽しんで書くように仕向けたんで(洗脳成功中!)
このまま1年間以上習慣づけるぞーという感じです。

習慣づけるのは得意で、
18歳の時から10年日記をつけ続けてますし、
ドイツ語の辞書も今日ようやくQの項目まで到達してるし、
子供らも毎週末国語と算数はやってるんでこれも欠かさせたこと皆無。

漢字練習もやってみると15個位なんてことないんで
海外在住中の人は是非オススメです。
教育同人社のドリルは小学生でも中学生でもとにかく優しいし基本に忠実なんで
おすすめ!(学校の先生じゃないと買えないOR海外子女教育財団からしか買えないというシロモノ)
何のためにこういう売り方をしているのか不明。。。。
商売っ気はないのか??

3/07/2016

しましま流。シンプルドイツ語講座その3。

今回はDativとAkkusativについて。
日本語だと3格と4格と言いますが、数字だとわかりづらいので
Dativとかのほうが覚えやすい気がします。

で、DativとAkkusativとかその他の言葉を見ていて面白いなとおもうのが
ドイツ人が「ものの動き」というものを異様に重視している民族だということ。
だからたくさんものの動きについての文法とか言葉があるわけです。

英語だと時制がすごく重要視されていて
時間を重んじる文化なのねということわかりますし、
あとはイントネーションが最重要なので、非常に音楽的な文化だということもわかります。

日本語は敬語ッスね。さらに主語を言わないので、相手を察するとか空気を読むとか
誰がこの中で一番偉いとか、そういうことが重要なわけです。
だから、「なんだかちょっとあれだよね。あ!さようでございますか。いえいえとんでもこざいません。」みたいな、外人には全く意味不明な文章でも、
日本人がみると、女子が誰かと話してたらいきなりお偉いさん登場で接客!
という状況が浮かんでくると思います。

でドイツ語ですが、
車大国、車に関しては作るのも好き、時速無制限で走るのも好きなだけに、
移動について非常に重きをおいているわけで、
それが移動しているのか止まっているのかという昆虫??みたいな視野で勉強すると面白いなと感じます。

mit dem Zug
bei mir

もある意味、Dativだから静止のイメージなのねと思いますが

zu mir という風に思いっきり移動してんじゃん!みたいな
激しく細かいルールを大量に作っているにもかかわらず例外が異様に多いので
意外に抜けてるところが多いチャーミングな民族という風に覚えると
例外も楽しく覚えられる気がします。

Ich frage dich. 質問の時は移動
Ich antworte dir. でも返事の時は無移動の謎!

まあ確かに、質問って移動してる感じがしますし
単なる返事ってある意味静止??なんでしょうね、ドイツ人にとっては。
散々クレームを言うのが好きだが、クレームを言われると怒り出すみたいな!

日本語だと質問と答えは対という風に、対で覚えることが重要視されてる気がしないでもない。。。
やっぱり門松文化なので、玄関脇に対に置きたいですもんね!!

最後にDativとAkkusativが入っている文章について。

Ich gebe meinem Hund einen Ball.

という簡単な文がありますが、
犬にボールをやる、という内容で、
どっちがどっちに与えてるのか不明な場合は
動いてるほうがAkkusativ、とまってるほうが動いてないのにことが済むだけに偉いから先に書く=Dativとかで納得する感じだとソッコーで覚えられる気が!!

まあ自分の中ではDativとかは屁でもなかったんで今さら感があるんですが
これからドイツ語に挑む方はこういう感じで文化と民族背景を絡めて覚えると
非常に覚えやすいかと思います。

何かを覚える時って理由が欲しくないですか??

3/05/2016

手作りクッキー(と言うかシリアルバー)

どうも!手作り率が異様に高いしま家です。
やっぱり体は空気と水と食い物でできてますから、
いい空気を吸って良い水を飲み、いい食べ物を食べてこそ健康っすよね!

ということで、水は浄水したものを使っていますが、
食べ物は基本的になるべく手作りを心がけてます。
本当はDASH村みたいに仔牛から育てたり、
小麦を作ってからうどん作成みたいなそういう行為をしたいところですが
男のロマンすぎるんで、材料は買う方向で♪

で、手作りクッキーをよく作るんですが、
昔はヤクザクッキーという名の、ザクザクしたクッキー
(ザクザク→ヤクザ)
を作ってました。

卵、小麦粉、油、シリアルを混ぜて焼くだけなんですが
型抜きもせず、ネッチョリしているんで打ち粉をして1つまみずつとって平らにするという
クッキーと言えないような作り方をしていました。

が、最近ではさらに簡略化をしまして、
シリアルバーという名に変更しました♪

卵も小麦粉も使わず、
とりあえず量りも使いません!

ボールにはちみつを入れ、油も入れ、
ミックスシリアルなどそういう系のザクザクしたものを入れ
あとはひまわりの種とか適当にぶち込んで、混ぜて平らにして10分焼くだけ!



超平らの物体ができるので、
冷ましたらバキバキにおって終了!

手を汚さない画期的なシロモノで、
うまいし楽だし毎回絶対に味が違うので飽きも来ないという!


3/04/2016

しましま流。シンプルドイツ語講座その4。

無駄な親切はやめようと心に誓った日

どうも!後悔はあまりしないですが、反省は相当するしましまです。
やっぱり反省って大事ですよねーー。

でも反省しても同じことを数年ごとに繰り返してしまう私♪
これは癖みたいなもので絶対に直さないとと思ってるんですが
DNAレベルで生まれながらに染み付いているのと
どの占い見ても(血液型、生年月日、姓名判断)
「あなたは母性愛に溢れまくる親切な人です!」とでてるんで
まあ仕方ないですが、このあふれて止まらない愛と親切心の処理には
何匹も犬を飼ってムツゴロウ化したほうがいいんでしょうかねぇ。。。

で本題。
しましまは人生初めて人に金を貸すという行為をしております。
それも大金。6万円相当です。(500ユーロ)
恐ろしく大金じゃないですか??

1年数ヶ月くらい前にしまおのサッカーコーチに貸したんですが
毎週2回位は顔を合わせていて、顔を合わせるだけではなく、
ドイツにいる女子ですので、握手ではなく、ハグ&顔面の皮膚を合わせる系の挨拶をかわす仲です。

基本的にドイツはハグOR握手文化ですね。

おかげでしまおらにもハグまたは握手を毎日しております。
だって、他人にして家族にしないっておかしくないですか??

ってことで、そんな状態でしましまから催促のメールを送ってみました。
すると、ちょうど返そうと思っていたところなんで2日後に返しますよろしく!
って言うメールが来たんで浮足立ってたら
当日になって、勘違いしててやっぱり返せないから2週間後で!というメールが!!

さすがにがっかりしたんで、がっかりだぜというメールを送りましたが
とにかく返す意志は今のところはあるようです。

ただ、金を貸して思ったのですが、
親切心で貸してあげたのに、むしろ催促という煩わしさ、
毎週会うたびに500ユーロという額がちらつくわずらわしさ、
多分相手にうざがられてるという不本意な立場に心底嫌気が差しまして、

どうして最初に断らなかったんだろうと一瞬後悔をしましたが、
やっぱりその時はそういう状況だったから仕方なかったわけです。

いまのしましまとしては、もうある意味500ユーロ払って
「人に金を貸してはいけないという勉強」をしたようなものなので
もう二度と人には一銭たりとも貸さない、そう決意しました。

そもそも人にお金を借りること自体が
貯められないだらしない人なわけです。
そういう人には金じゃなくて食べ物とかを恵んであげたいです。

お金を貸してくれと言われ断るのって相当勇気がいりますし
はっきり言って自分には貯金があって貸しても何ら困らないわけですが
そういう場合は寄付という形で差し上げるのがいいと思います。
仮に自分の友達とか身内とか自分が大切に思っている人にそういう相談を受ける場合は
貸さないであげたいなと思いました。
貸すという行為はとにかくNG!

ってことで、まだ人に金を貸す行為が未体験な方、
是非ドイツ人に大金を貸していて今月から債権回収の鬼と化すしましまをみて
こうならないように是非気をつけて欲しいッス。

ただ、債権回収トラブルでの殺人とかもよくあるんで
その辺ギリギリのところを見極めながら上手に回収していきたいと思っています。
こういう時の微妙なドイツ語がどうなのかなって思って老人にきいてみたら
しましまみたいな書き方で大正解ということで
自身を持って自力のドイツ語でじわじわ攻めて行きたいと思っています。

生きるためにはB1
自己主張のためにはB2
債権回収、金銭トラブル系はC1

どんどんステップアップしているぜ!


3/02/2016

JOBAの体験レッスンDVDが届いた

どうも!受験ネタばかりですが、受験以外の読者の皆さんに見捨てられてはいないか?
と尾崎豊風に問いたくなる今日このごろですが、
別にさほど読者を意識して書いているわけでもないしましまでございます。

ところで、昨日届きました。日本からの体験レッスンDVDが。

結論から言うと申し込みしません。
基本的に説明されなくても読めばわかるから、むしろ説明がもどかしく
ちょっと退屈な感じだったもんで。

あの有名塾のあの人(名前忘れた)、ああいう感じの講師かなと期待していたんですが
普通の人でした。
多分自分で教科書を読んで勉強するというモチベーションがない人には最適な学習法だと思いますが、
やっぱりDVDはライブ感がないことと、
あとリージョンコードとインターネットエクスプローラー使いのせいで、しましまのMacでも見れないし
しまお14歳が今使っているしましまのお古のVAIO(イギリス購入)でも見れないし
しまダンナが日本から持ってきたDELLのレトロ極厚パソコンでは見れたので
この点が不便でした。

っつーか、DVDを送らなくても、お試し画像をネットで送ってくれればいいのにOR YouTubeで見れればいいのにと思いましたが、

こうやって会員になってから実際の住所に送付するというのも
データを集める上で重要なのかなと推測です。
もしかしたらJOBAで何かするかもしれませんし。
と言いつつしない確率が高いですが。

で、3教科見てみて、日本は暗記で試験が全然イケる国だからむしろチャンス!
試験翌日にはソッコーで忘れるような覚え方でいいのよ♪ということで
(こういう覚え方をしたことがない学生生活中)
ちょっとやる気になったみたいです。

ってことで、ドリルをやらせようと思ってます。
日本からドリルを取り寄せて、1日10分とか漢字を書いて(読みは出来る男)
多分漢字と古文だけが不得意分野だと明らかにわかったので
英語はノー勉で挑み、算数もとりあえず適当にドリルを与え
国語は今まで逃げてきた漢字にチャレンジということになりそうです。

しまお12歳も、俺も日本語苦手だから便乗して漢字がやりたいというので
毎日10分の漢字タイムを作りたいと思います。

3/01/2016

受験の心配は不要だった!公立高校は転入可能。

いやあ、いろいろ調べたら日本も捨てたもんじゃないと思える情報がザクザク出てきました。これで安心して普通の生活が出来る気がします、でおなじみのしましまです。

基本的に帰国子女の受け入れ高校ですが、
大抵は、せっかくやってきた語学を維持したいというのが大きいと思います。

しま家の場合は、維持しなくても大丈夫だと
こいつらのドイツ語は3年位維持しなくても全然問題ないと
自分の経験からわかっていますんで、
本人はドイツ語を維持したいと望んでますが
しましま的にはどっちだっていいと思ってます。

しましまは経済的なことしか見てませんから!

で、私立も年収によって補助があるらしいし、
さらにビックリ情報を発見。

一般的な公立高校も編入可能です!!
そう、欠員がある高校に行けばいいわけです。
基本的に親の国内引越とか、いじめとか、レベルが全然合ってなかったとか
そして海外からの引っ越しで途中編入が認められるそうで
この場合は、引っ越してみて、教育委員会にまず相談してから
空いている高校に入れてもらうという流れのようです。

高校でも転校ってできたんですね♪

仮にそういう手があるとしたら
なおさら日本語を頑張らないといけないですね。

一応転校するときには、三教科の試験をうけることもありますし
当然いく先の学校での面接や作文もありますんで。

というわけで受け入れ先はいくらでもあるので
選べないですが、これでいつ帰国になっても安心と思えてきました。
むしろ高校生になってから帰国したほうが楽な気が。。。

ってことで、高校入学を控える中学生の帰国子女の方へ!
(海外日本人学校以外)

絶対に入りたい高校がある、日本の大学に通いたいという場合

中3の2学期までに日本に帰国して住所ゲットし受験して4月入学。


高校は入れればどこでもいいが、大学は海外にいこうと思っている

現地校やインターの9年生を7月で終了させたほうが成績がしっかりつくので便利。
帰国子女編入枠9月編入で公立や私立を受験。
また、落ちた場合でも教育委員会に連絡すると空きがある公立高校(がっつり日本語)が必ずあるので、入れてもらえます。
余ったところに入れてもらうなんて嫌だという場合は、激しく受験勉強をするか、4月入学を目指すほうが入学確率は上がります。
余ったところに入れてもらう場合こそ、日本語が必須になるので、やはり日本語はしっかり勉強しておかないとまずいです。

高校3年とかそういうギリギリの時期の帰国の場合は
ドイツ人学校とかインターという選択肢がいいみたいです。

以上、いろいろ悩んだすえにでた結論を書いてみました。
そのうち時間があったら都道府県別でいろいろ見てみたいもんです。
県によって受け入れ規定がいろいろ違いますので。

ということでしま家では、今年帰国になったら4月受験をさせますが
来年帰国になったら9年生を終わらせて編入試験という流れを考えています。
ただ、ネックなのが、しまお14歳はそれでいいんですが、
しまお12歳が年子なので中3の変な時期に中学校に入学という形になるかもしれません。

ただ、調べていて思ったのが、日本の高校は義務教育ではないですが
とりあえずどこかしらで受け入れてくれるみたいで
帰国後即就職!という流れにはならなそうです。