ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

1/20/2016

ドイツ語のスピーキング力を上げる方法

どうも!いろいろと自己向上のために模索中のしましまです。
実際にどうしたらペラペラになれるのかを検討中ですが、
最近たくさんのタンデムが集まりまして
皆さんと電話やスカイプ、チャットなどをして情報交換した結果
若干ですがしましまのスピーキング力が伸びました。

頑張れば2週間位で自分でもわかるくらい伸びます!

スピーキング力を伸ばす方法は
実際自分がやってみて思ったのが、

やっぱりしゃべる相手が絶対に必要。
いない場合は1人でしゃべれ!です。

そして、しゃべる相手ですが、これが最大ポイント。

例えばベビーシッターしてますが、
4歳と6歳の子と喋ってもちっともドイツ語力はアップしません。

また、3年ほど老人と毎週あって2時間話してますが
これでもドイツ語力はアップしません。
老人とあっているのは、自分のドイツ語力が向上しているのかどうか確かめる目安みたいなもんで、あっていても絶対に伸びない系の相手です。

そして、複数のドイツ人とのスカイプ。
それも日本語が全くできない人。
これは絶対に伸びません。むしろ後退するといいたいくらいです。

ドイツ語クラスに参加してドイツ語を話す。
これもはっきり言って話す機会がまずないし
友達ができたとしても多分できた友達のほうがペラペラ話して絶対に日本人だと聞き役に徹して終了パターンなので、語学学校でペラペラにはならないだろうと推測です。

じゃあどうすりゃいいんだ!って話になりますが、
クオリティの高い自分にあったレベルのタンデムパートナーを絶対に探さなければならない
が正解です!

単なるドイツ人と話していても絶対に会話は伸びません。
(国際結婚の場合は別)


今回複数の自分よりちょい下レベルのドイツ人を見つけることができまして
自分と同等または上の場合、主導権を相手に握られることになりますが
相手がちょい下だと、自分が主導権を握れるので

1.相手からリスペクトされる
2.相手の間違いを徹底的に直すことで感謝される
3.相手も日本語を必死に覚えようとしてるからとにかく存在自体を重宝される
4.自分のドイツ語レベルが相手の日本語レベルよりも高いので、話す機会が増える

という感じになります。

相手があまりにも低いレベルだと釣り合いが取れないので
絶対に同じかちょっと下で、
ひらがながしっかり読み書きできるレベルの人がいいでしょう。

あと目的が同じ人。これが一番大事でしょう。

あまりに相手が日本語がペラペラすぎる場合は、
勝手に日本語を話しだして止まらなくて時間の無駄になる上
自分の間違いを指摘してもらいたくない派の人が意外に多いため
お互いが向上できない系になりますんで
とにかく自分のレベルを見極めて探すのがポイント!

友達が欲しいのか、語学仲間が欲しいのか!?
語学仲間が欲しい人は是非しましまみたいな方法を試してみて欲しいです。


定期的にいろいろメールをしてお互い高め合ってるドイツ人女子(日本語力がすごい)がいますが
その人のアドバイスによると
徹底的にCD音源を使って自室でしゃべり倒すのがいいらしいので
昨日からそれを取り入れ始めました。

要するに完全コピー法
発音もイントネーションもそっくりそのまま真似することにより
数ヶ月くらいすると驚くほど聞き取りとしゃべりができるようになるらしいです。

その子はこの方法で日本語をマスターしたらしい。
知ってはいましたが、100%完全にコピーをしようと思ったことなんて一回もないんで
ちょっと目からウロコでした。

で、しましまよりちょい下レベルの人達は
日本語を話す時にものすごーーーーーく遅く話すので
しましまも遅く話してもOKみたいな空気感になるので
文法確認としての超遅い会話が平然と繰り広げられるのでオススメ。
そう、語学仲間にとって、会話の内容なんてどうだっていいんです、
文法さえ合っていればというレベルに持って行っています。

これが語学仲間ではなく気のあったタンデムだった場合
文法よりも伝わることが重要になってくるので結局自分の成長は止まってしまいます。
こういう風に成長が止まったドイツ在住外国人(日本人も含む)は結構多いみたいで
バリバリ成長し続けたいという熱いしましまに
偉い!という意見が相当集まっております。
ただし、あつすぎて逃げ出すドイツ人も多数♪
完全に修造Matsuoka状態ですが。


他の外人と違って、日本人の場合、一字一句正しい文法で話したい民族なはずなんで
是非とも自宅で完全コピーか、自分にあったタンデム探しがとにかく必要です。


それと、チャット
チャット系はドイツ語の本にも新聞にも絶対に乗ってない文法がバンバン利用されてる話し言葉系なので、
是非ともチャットをすべし!
ネットにはたくさんの掲示板がありまして
例えばニュース記事のコメントとか大体ドイツ人は超書き込んでますんで
そういうのを読みまくるのもオススメ。

アマゾンのコメントは口語体じゃないんで今ひとつですが
文章の構成としては非常に質が高く
インテリだと見せつける系のコメントが多いんで読む価値はあります。
多分筆記が苦手な人はアマゾンコメント方面がいいのではないでしょうか?

とにかくしましまの今の課題は、発音とイントネーションなので
ちょっと頑張ってみようと思ってます。

単なる音読じゃダメだったみたいです。
しきりにタンデムした人から、Hörbücherを買えと言われてます。
(音声だけの本のこと)

本当は買ってみたいんですが、大人向けの本はレベルが高すぎて単語の意味がわからないので、子供向けにしたいところですが
子供向けの内容なんて全く興味が無いしで
まあ適当な音源でコピーに徹します!


2 件のコメント:

  1. Shima さん、ご無沙汰してます。ZurichのTです。いろいろupdateしたいととがありますが、Hoerbuecheに関してです。以前お伝えしたLingQどうですか?reasonableだし、Audioベース、スクリプト、辞書付きで、楽ですよ〜

    返信削除
    返信
    1. おおっ!お久しぶりです。元気ですか?!正月に一瞬思い出しまして、どうしてるかななんて思ってましたYO!
      ブログに書いている通り、一発合格を目標に頑張り中です。LingQはなんと私のタンデム老人がドハマリ中で(スペイン語)、毎月支払いまでしてもう3ヶ月位続けていますが、確かに何度かやってみたものの、オンラインなのが自分に若干あってなくて(昭和レトロ)結局、手持ちのCDで、レベルが低めの会話音源を完全コピーしている状態です。多分すぐ終わるんで終わったらもう一度LingQも試してみます♪
      Tさんもタンデム老人も一押し教材なのできっといいんだろうとは常に思ってます。

      削除