ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

11/02/2015

結局泌尿器科を受診&やっぱり異常なし

どうも!どうやら膀胱炎だったらしいしましまです。

完治したので別に普通に買い物に行ったり犬の散歩したりしてまして
家の現金がなくなったため
お金を下ろしに行ったところ、
銀行の隣が、いく予定だった泌尿器科だと知り衝撃!

軽く運命を感じてしまい、辞書も心の準備も何もないまま入って行ったら
アポ無しでもOKとのこと、待ち時間一切無しで運良く診てもらえました。

ちょうど魔の時間帯だったみたいで、
何気に前後には老人多数。

尿検査をしてもらって異常なし!

一応膀胱炎だったようです。
Blasenentzündung ←ドイツ語

あと、Blasentee という、膀胱に効くお茶も薬局で買ってきました。

今回のことで学んだのはネットの情報はかなり多いけれど嘘も多いということ!

女子の膀胱炎はさけて通れないのでここから女子は必読。

1.膀胱炎でも熱は出る
2.膀胱炎でも血尿が出る

そう、熱が出て血尿が出ただけで腎盂炎ではありません!

さらに、

膀胱炎は基本的に水を大量に飲んでトイレにいくことが大切。
また股間を石鹸で洗い過ぎないのが大切。

そして、ホメオパシーも効くけれど、
やっぱり抗生物質を自宅に所持していると便利だと思います。
結局医者に行っても抗生物質をもらうわけで
これをもらいに痛い思いをして夜間救急にいくよりも
とりあえず飲んで水飲んで横になって、
翌日に近所の泌尿器科にGOというのが王道でしょう。

で、激しすぎる痛みにはホメオパシーは全く効果無いですが、
抗生物質を飲みつつ飲むホメオパシーの効果は半端なくあります。
オススメ。

さらに!足裏の膀胱や尿道、腎のツボが相当痛むはずなので
刺激&鍼灸を自分で施すとさらに良し。

ってことで自分で治癒できて泌尿器科でも問題なしと言われ
とりあえずホッとしてます。

泌尿器科にはたくさんの老人がいまして
仲間意識を感じました。
40代でまだ若い気持ちでいましたが
この状況に身をおくと、もうコチラ側の人間なのねと軽く実感。
まあ老人こそ水分量が不足しますんで
結局水分大切、トイレもガンガン行かないとですね。



2 件のコメント:

  1. さっさー11/02/2015

    お大事にしてくださいね
    私は漢方で治りました(ふた箱のんだ)
    連休中で病院がやってなかったので大変でした。

    冷やさないこと!
    お腹(下腹)と足首を温めてくださいね!

    返信削除
    返信
    1. 日本人は結構冷えるし厚着ですが、ドイツの人って寒さに強くてかなり薄着!うっかりしてましたー!

      削除