ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

8/09/2015

WindowsからAppleへの乗り換え その2

しましまの買ったAppleは
MacBookProというもので、ドイツ語キーボードっす。
ドイツ語キーボードですが、中身は英語で日本語も入れているので
3ヶ国語打つことができます。

Windowsでも別にこんなことは普通にできるしやってましたが
AppleだとWindowsよりも若干面倒な感じがします。

設定上で色々試してみたのですが
どうしても日本語入力と英語入力の場合は英語キーボードになり
ドイツ語はそのままドイツ語キーボードなのですが
自分の中では日本語入力をドイツ語キーボードにしたいのですが
設定上ではできないシステムになっていて
自分でアプリなどで対処しないといけないようです。

ちなみにドイツ語キーボードと英語キーボードは色々と文字の位置も違ってます。
YとZの位置が逆になっているので、
Appleだとコマンドキーとシフトとzを押すとかYを押すとかそういう時に
自分が今ドイツ語で打っているのか日本語で打っているのかを
常に考えないといけないという状態で、
日本語を打つ時はとりあえずキーボードは一切見ないで売ってます。
まあ全部頭に入ってますが、何が怖いって、
Appleだとパスワードを入力するときに自分が入力した文字が一切見えないシステムになっていて、一瞬たりとも見えないため
自分が何を打っているのかも何気に不明でちょっと怖いという状態が多くて
あまりに怖かったので、このAppleを買って初期設定をする時は
最初英語だったのですがキーボードの位置が微妙に違っていたため
全部やり直してドイツ語で設定しなおしたという。。。。

とにかく最初が異様に面倒くさかったです。
本当は楽なはずなのですが。
普通の人は楽です。


あと、オンラインバンキングを頻繁に使うしましまですが
WindowsとAppleから見る画面が違うので
Appleのだと全部詐欺サイトに見えてしまって
恐ろしくて調べるのにいちいち時間がかかりました。
いちいちものすごくピンぼけしている系の字体だったりするし
Windowsは画面に出るキーボードからパスワードを打ったりするのに
Appleだと直打ちだったりするので
とにかく精神的に慣れるまでに恐ろしいです。

でもAppleは安全らしいので慣れるよう努力してますが。。。


そして、AppleのExcel、numbersってのを一応使ってますが
戻るボタンが無くて、
自分で3つのキーを押して戻るわけですが
こういうのを自分でお好みのキーを押せるようにカスタマイズしたいなんて思っても
Appleユーザーは多分Apple側が設定したままで使いこなすのがきっとおしゃれなんだろうということに最近気づきました。

自分で色々設定してみたのですが
やろうとすればできますが
その場合一旦アップル側の設定を全部消さないといけないみたいで
(しかもものすごい量あって全部手作業で消さないといけないという。。。)
それが面倒に思えてきてとりあえずAppleの言われるがままに覚えていこう
そう思ってます。

でも我慢できなくなったらWindowsのOSを買おうと思ってます。

しましま、初月給でパソコンを買ったのですが
当時時代は、一太郎とLotusでした。
そんな中WordとExcelの入ったパソコンを買って
当時いた会社の人に、会社で使わないのにそんなものかって。。。。と言われたものの
1年後に会社があっさり導入し、勝者となりました♪

一太郎とLotusを使っていて、とにかく使いづらくて
WordとExcelを店で見て激しく感動してしまって購入したので
とにかくWordとExcelは20年経った今でも使うたびに感動のソフトです。
本当によく出来てる。

Appleのこういう事務系ソフトに期待してたのですがかなり劣っている感じがし
明らかに力入れてない感が伝わってくるのですが
ギリギリまで慣れるように努力しようとは思ってます。

で、AppleのiMovieという動画編集ソフトは
AppleSHOPで見てもネットで見ても結構感動したので
とっとと動画編集をして
このストレスを発散したい、そう思ってます。

まあどっちの機械も使えるって相当な強みですよね!






0 件のコメント:

コメントを投稿