ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

8/26/2015

指をやけど。そしてサランラップ。

どうも!
最近全てを失いつつあるしましまです。
おかげで昨晩金品を盗まれる夢まで見ました。超悪夢。

日曜日に夕食を作っている時、
ステンレスの熱々の鍋をおもいっきり持ち上げてしまって大やけど!

しましまは、基本的に健康上の理由でテフロン製は一切排除し
ステンレス鍋やフライパンを使ってますが、
この場合こびりつきを防ぐために
熱々の状態、そう、白い煙が出てくるまで熱してから油を敷いて
それで調理すると、
普通にチャーハンとかも一切こびりつかずに
餃子もハイクオリティーで焼けてしまうので
アツアツに熱して使ってます。

で、アツアツに熱していたステンレス鍋ですが
熱してみたものの、煮物と炒めものどっちにするか聞いていて
しまダンナは、煮物なんて食いたくねぇから肉を焼けというので、
フライパン出さなきゃなぁなんて思いつつも
鍋に直行せず、犬がかわいいので犬と戯れたりしてから台所に戻りまして
鍋をアツアツに熱していたことを忘れ、
鍋はもう使わないからと左手で思いっきり持ち上げたところ!

。。。。ちなみに鍋は取っ手がついていないタイプで
別につけるタイプなので思いっきり指で鍋持ってしまいました。

あまりの熱さに熱さをむしろ感じず、
また、そもそも鍋重いんで、投げ捨てることもできず、
また、熱々のものではないという脳の認識があったために
結構な長い時間鍋を持ってしまっての大やけどッス。

恐ろしい。でも左手。

あまりにもパニクってたので、
とりあえず水で冷やしてから普通に料理を続行し
仕上げてる途中に
マヌカハニーを塗ったら結構染みてきたので取り去り
料理が出来上がってから出来上がった料理を運べないことに気づいてしまい
そこで家族にやけどした失態をカミングアウトし手伝ってもらったという。

あとは夕食を右手だけで食いながら
左手の中指と薬指を1時間以上も氷水に浸してました。

上陸させて空気に触れると異様に痛いという。
あまりの痛さに腹まで痛くなってしまってダウン!

ただ、その間しまだんながネットで検索してくれて
カントリー風柄がなごむ主婦ブログからの引用なのですが
サランラップがやけどに効果絶大というネタを拾いまして、
指にオリーブオイルをつけてからラップを巻くと痛みが消えるってことで
やってみました。

油を持ってきてくれたのはいいのですが、
油なんてスプーンに1杯も必要ないのですが、
ガラスのコップになみなみ油を注いできたものを持ってきて
「さあ、これに指をつけろ!」というしまだんな
さすがに男らしくて惚れなおしましたネ♪

で油まみれの指をサランラップで巻くのですが
たかが指なのに超ロングにカットしたサランラップを渡してきて
「外国製のサランラップはこういう時使えねぇなぁ」と上から目線のしまだんな
やはり男らしくて惚れ直しますね♪

その後テープで固定してもらったのですが
指2本同時に固定してくれて、薬指が変な角度で湾曲した状態で
がっちがちに固定してくれたところも、相当な男っぷりだと思いました♪

でも、巻いたら激しい痛みが消えましてびっくり!

おかげで軽い痛み程度になり寝ることが出来ましたが
朝起きて指を見たら、指真っ白!超平ら!
水ぶくれにもならず、奥まで硬くて押しても全くの痛みなし。
もちろん指紋部分なんで、指紋もナッシング!

こんなやけどは初めてなんで
このまま指紋のない人生なのか、
朽ち果てて指を失うのか
精神的に腐ってるから指も??など心配になり皮膚科に行ってみました。

すると、
見た目も皮膚も健康そうで治りが早いので
薬も出さないし処置もしません!
という診断をゲット。

一応冷やしてから油塗ってラップを巻いた旨を伝えたのですが
アジア顔でラップ巻いてるのにクレイジー扱いされなかっただけでなく
深くうなずいていたので、ドイツの医者でもこれはスタンダードなのでしょうか。

ラップなんてもう外してそのまま生活してOKと言われたものの
ラップを巻いていると湿度が保たれて皮膚に相当いいらしいので
常に巻いてセロテープで固定してます。
見た目超怪しいですが、透明度が高いので包帯よりも目立たず。
むしろ絆創膏よりも目立たず
そして痒みなどもナッシング。

傷口もびっくりするくらいの回復をしてるので
そのうちキショイ画像でも載せようかなと思いますが
治ったら載せようと思います。
あまりの回復の早さなんで。

そうそう、美しい芝生の画像も載せたいしなぁ。。。。。


とにかく、やけどしたらサランラップを巻け!
じっくじくの傷口にも効果的!だそうです。

でも、前に書いたか忘れましたが
音楽も失い、携帯も失い、カメラも失い、
そして指も失ってギターも弾けず、軽くお先真っ暗です♪

6 件のコメント:

  1. moto@sg8/26/2015

    そのラップで覆うのは湿潤療法というやつで、皮膚科の先生なら普通に知っていると思います。ワセリンを使うこともあるようです。smith&nephewというところで出しているopsiteというドレッシング材だと粘着性があって動かしやすくなりますよ! オイルもいりません。ドイツの薬局にあるかどうかは分からないですが。。。

    返信削除
    返信
    1. ネットで調べましたが日本だとテレビで放映したせいらしくかなり有名な方法らしいですが、知っている人は知っていて知らない人は全く知らない方法みたいで、ドイツだとネットにも出てこないマニアックな方法っぽいです。
      ドイツの薬局でも探しましたがそんなものは存在せず、なので、ラップとセロテープで対応中です♪

      削除
    2. moto@sg8/26/2015

      そうなんですね。ざんねんですね。
      わたしはシンガポール在住なのですが、こっちの薬局には絆創膏とならんで 普通に置いてあります。価格は日本の半分で1500円くらいですw 病院でも普通に出してくれます。
      こどもが怪我した時に貼ると痛みが消えてぐずらなくなるので常時ストックしてますよ。セロテープみたいに長いので切って使っています。

      削除
    3. へぇーーーー。ラップだと必要ない皮膚にも巻く必要があるので、将来的にはその絆創膏を入手しないとです!
      シンガポールかぁ、いいところに住んでますね♪

      削除
  2. さっさー8/26/2015

    火傷は空気を遮断するといいらしいですね
    なので油とラップなんですね
    うちは大昔、味噌でしたよ!痛いのなんの。
    今はネットで調べることができるから、余計なことは言いませんが、
    お大事に♪

    返信削除
    返信
    1. しま家ではアロエベラでした。味噌しみそうですがなんだか効きそう♪味噌説をしらなかったけれど、やけどについてネットで徘徊してたら味噌説も見つけたので、アロエベラより味噌のがメジャーだということも今回勉強になりました♪
      ちなみに、びっくりするくらいの回復で、だんだん普通の皮膚化してきてます、皮が剥がれることが一切なく!

      削除