ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

8/22/2015

しまおら、中1と中2で英検2級合格♪

どうも!今日も剪定した木を車に載せられるように細かく裁断する作業をしていたぜ!
しまお12歳の友達が家に来て
しまダンナがサッカーの合宿に連れて行きましたが結構遠方。

その間しましま、超働きましたYO!
庭仕事と布団丸洗い&冷凍庫の霜取り。
異様に霜がついてて今がチャンスってことで食材を全部移し替えて
自然解凍中♪

あとはしまお14歳がやってくれた芝刈りの後の雑な部分の芝刈りをしたり
そんな感じッス。

ヨーロッパだと明るい時期が大掃除に向いてますね。

月曜日にまたリサイクルセンターに二往復したいと思ってます。

で、しまおら、この間日本人学校で英検を受けてきましたが
ダブル受験という制度で午前と午後に受ける形で受けてきまして、
一次も余裕で受かり、
二次も余裕で受かり、合格証書が送られてきました♪

中1と中2で準2級と2級が受かるってすごくないですか!
それもほぼノー勉。

しまお14歳の準二級がすごくて
口頭試験は満点で筆記も確か2点間違い程度の快挙。

筆記は余裕だったけど
口頭試験は、俺ら落ちるかもしれない。。。。と試験直後に落ち込んでいたしまおらでしたが
33点満点中19点取れば合格のところ
ふたりとも基本的に31点以上の好成績でした。

外国にいて日本人と接点がないと
自分らの英語が本当にどの程度のレベルなんだかさっぱり検討がつかないため
本当にこういう公的資格は便利だと改めて思いました。

ちなみになぜ英検を受験したのか。

それは、日本に帰国になったとき用の保険ッス。

中学生の時に普通に日本に戻るなら
そのまま義務教育なんでそのへんの中学に入れてもらえるようですが
これが高校生になると、受験してないんで高校には入れてもらえません!

じゃあ、海外から戻ってくる高校生はどうなるんだ?
ってことになりますが、
インターナショナルスクールという手もありますが月謝がクソ高いんで却下。
子供の教育費として月に10万とか20万とか払えますぅ?

ってことで、基本的に「帰国子女受け入れ高校」ってところに編入する方法しかないようです。公立も私立もあるようです。そして都市系の地域にしかないという。。。
地方の子だとどうなるんでしょう。恐ろしい国ですね。

要するに中学での内申書が必要で
高校の受験が必要なのが日本の高校で
それ以外は排除という制度なんでまあ努力しないで横入りするのは確かにダメですが
帰国子女受け入れ校に入るしか方法がないみたいです、しまおらの場合。

で、そういうところに入れてもらうには
やっぱりテストを受ける必要があって
そういう場合に英検を持っていると何気に有利らしいので
軽く武器を手にさせました。

あとは作文とか面接とかあるようですが
しまお14歳は作文とか面接は多分大丈夫、今からでもサラリーマンになれる風の大人びた男なんで(赤子の頃から)放置したまま送り出しますが
問題はしまお12歳。

中1になってもどうも赤ちゃんっぽいというか子供で
かつ、大人と話すと軟体動物みたいにクネクネになり
完全にドイツ人になってますんで、
とにかく日本語を特訓してます。
が、こいつ、本読まないんで、ひたすら会話のトレーニングをしてる感じです。
しまお14歳は本も新聞もビジネス雑誌も普通に読むんで
やっぱり読書って便利っすね。
日本人とあまり接点がないのにこいつの語彙力がものすごいです。

ってことでしまお12歳は面接や作文で落ちると仮定すると
まさかの中学就職?
まあヤクザみたいな男なんで多分どんな道でも頑張って生きていけることでしょう。
多分デスクワークとか確実に向いてないので
ドイツ語、英語、スペイン語ペラのとび職とか
無駄にトリリンガル所長として工場勤務で頑張ってもらって
外国人労働者とか束ねたりするってのも向いてそうでいいかもしれません。
しましまもそうですが、こいつら、ほぼ世界中の人と接してますから!
いろいろ夢が膨らむ今日このごろ♪





2 件のコメント:

  1. しましま息子さん英検合格おめでとう!!優秀で凄すぎる!!しましまさんの教育の賜物ですね~!それからドイツ滞在が3年でドイツ語も伸びてて羨ましい!私は、まだ初級にもなってませんが、レベルがわかってきてしましまさんのドイツ語C1の凄さに尊敬です。
    子育ては親育てとも言うらしいですね♪賢い母の存在でしょう!子育てのサイト見ました!何だか緊張。日本に帰れないです。
    私は本当に日々反省ですよ。。長男の食わず嫌いですが、色んな意味で育て方かなぁとも。本好きにはなってくれたので、良いのかな?
    最近はコロコロコミックですが、日本語が恋しいのでしょう。
    しましま息子さんの手の怪我大丈夫ですか!!?しましまさん無理しないで下さいね。
    最近ドイツで蚊に刺されました、ハチも多いですね! 自然の恵ですが、力仕事はほどほどに!

    返信削除
    返信
    1. いやいや、英検は筆記はノー勉、面接は面接用の本を見て日本式の方法で練習したものの、試験官が外人だったため日本方式ではなくて、今思えば全部ノー勉で受かってたくさい試験ですが、現地校1年半ほど、ドイツでの英語の授業の賜物ですね、英語に関しては。洗脳して前向きに受験をさせたのは、しましまの力ですが♪洗脳上手なんで、悪用して教祖とかになれそうな勢いです。
      そうそう、しましまの、いきなりの横移動で準備期間がほぼない中での全くのゼロから3年でC1ってすごいっすよね!わかってくれて嬉しいです♪やっぱり学校に毎日通うのが(泣きながら)鍵だと思います。
      あと、子供も3年の滞在だけでギムナジウムに通ってる凄さもブログ読者の皆さんに伝わってないっぽいので、そのうちこいつらのテストとか画像で載せたいもんです。

      削除