ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

8/21/2015

子育てについて

http://president.jp/articles/-/15876
子供を食える大人、食えない大人にする親の共通点。プレジデントオンライン

どうも!
昨日は庭の2m以上ある垣根を2m位に短く切断するという大仕事をしていたしましまです。
アマゾンでノコギリを買ったのですが
かなりの切れ味で、おかげで手伝わせていたしまお14歳が指を負傷。
恐ろしい切れ味でした。

ドイツの垣根は生きた木でできているタイプなので
とにかく常に剪定してないと異様に高くなってしまい
高すぎて剪定不可能になると更に高くなるという恐ろしい生き物なので

先々週に隣人が垣根を低くするけどいい?
と言ってきてかなり低くしたのでその高さに合わせて低くしてみました♪

しかし剪定と言っても、太さ直径10センチとかの木を枝ごとごっそり切り落とすわけで
それもその垣根の厚みが半端無いので、結局トータルで50本くらい切った感じです。
これを今日バラバラに切断してイケア巨大袋に入れてリサイクルセンターに持って行こうと思ってますが、当然1日に何往復もすること数日かかるなと見てますが
集荷はしてもらえないので頑張って持っていきます!

で、こんなにおびただしいほどの木の量の垣根の上部を切断したわけですが
こんなのは庭のほんの一部で、まだまだあるという恐ろしさ。。。。。
4方を囲まれてて、1辺が終了したのみッス!

そんな中、近所の人が、
うちの庭にかかっている巨木の剪定もお願いしたいと言ってきました!
なんと今まで全く目に入らなかった全然別のところにある巨木が
3軒にまたがって生えているのですが
一体誰の木?という感じの巨木で、
でもなんとなくしま家が剪定すべき木っぽい位置にあるんで
今日不動産会社に連絡してどうすべきなのか聞く予定。

とにかく忙しいッス!

で、先ほどのリンクですが
久々にいいリンクを見ました。
安心できるサイトなので必見。特に子育てしている方!
あとは自分が子育てに失敗されたくさいと感じている大人にも!

http://president.jp/articles/-/15876
子供を食える大人、食えない大人にする親の共通点。プレジデントオンライン

大したリンクではないのですが
子供に問題があるとついつい子供のせいにしてしまいがちですが
確実に親のせいだなと、やっぱり親のせいだなと思いました。

特に同じ親から生まれた兄弟なのに
一人は出来が良くて一人は今ひとつ、という場合
ついついDNAのせいにしてしまいがちですが
生まれ持った性格もありますが、やっぱり親のせいだなと思いますね。
親というか環境というか。。。。

しまおらも、海外で教育を受けて生活をしているので
家族の絆がガッツリ出来て、
しましまも人間関係のストレス皆無で日々エンジョイしてるんで(孤独ですがね!)
その点でかなり満足していますが

これ、もし日本の中学校に行って
校則でがんじがらめ、先生も厳しくて、かつ、
しましまもネガティブな親になってしまったとしたら、
はっきり言っていい子育てもできないだろうし
最悪な雰囲気の家族になっているだろうなと推測。

ドイツは若干厳しめの根暗な教育ですが
基本的にヨーロッパやアメリカは
悪い面を注意せずにいい面を伸ばす教育をしているので
子供も親ものびのび育つという感じで
日本ほどストレスはたまらないような気がしてます。

で、記事の内容に戻りますが、
日本人、外人にかかわらず、
いい親だなぁと思うと子供はいい子だし
いい子だなあと思うとその親は良い親だったりします。
金持ちとか貧乏にかかわらず!

で、ちょっとこの親のこの性格がちょっと。。。と思うと
子供もそういう風に育ってる感じがありますね。

ってことで、しましまはこの記事を読んで
この内容には特に当てはまりませんでしたが
しまおらのだらしなさはしましまのせいだ!と激しく思いました。
と同時に、しまおら、長所がかなり多いので、
短所と長所を比べると長所が多い=とりあえず今のところはうまくいっている、
そういう感じです。

どんな人にも必ず短所はあるんで
短所を消すことはできないので
やっぱり、お前の短所はここだ!と指摘しつつ
長所を伸ばしたい、そう思いました。


あと厳しすぎる親でもないので
若干なめられてる感がありますが、
家庭が楽しければいいかな、って感じで泳がせてます。

まあ基本は、自分が嫌なことは子供に言わない、
人と比べない、が基本っすね。

といいつつ、伸びる子はどんな状況下にあっても伸びるそうなので
しましまも人生いろいろありましたが
正直この記事に完璧に全部当てはまってる状況下で育ち
自分が大人になること&読書で色々な考えを知り自己肯定をすることで完全克服したので
まあ、親がよくなくてもよくても、
知識量がある人間が最後は勝ちという感じッス。
読書だよ読書!ジャンル問わず読みつくすことが大切!

ってことで、子供には&自分にも
年齢関係なく、どんどんいろいろな経験をさせる&するのがいいと思いますネ。

皆さんはどう思います??



0 件のコメント:

コメントを投稿