ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

5/15/2015

ギターネタでございます。ギターお取り置き中だぜ!

どうも、ギター初心者のくせに二本目のギターを購入するしましまですYO!
それも41歳女子なのにエレキ購入という。。。。
もう性別も年齢も国境も越えたぜ!

皆さん知ってると思いますが、ギターには2種類あります。
見た目が木っぽくて、中が空洞になってて電気がいらないやつと
電気がいるロックバンドがギュインギュイン弾いてるやつ。

木っぽくて空洞なのがアコギ(アコースティックギター)とクラッシックギターに分かれていて
電気を使うのはエレキギターと呼ばれてます。

しまお12歳はイギリスでギターの授業があって
子供用のクラッシックギター(団体購入のため2000円相当)を所持してます。

しましまはドイツでギターに目覚めたのが1年半くらい前で、
まずは子供のクラッシックギターで弾けるようになってから
店に通いまくって1時間以上滞在して何十本も試してからアコギを購入しました。

そしてアコギを弾きながらもやっぱりエレキに憧れがあって
エレキを買おうと思ったのが半年以上前。

クリスマス、自分の誕生日、B2の試験合格等などいろいろなイベントがあって
さらに交通事故、ギターネックが二度も曲がった事件等あり、
買う気満々だったのに買えるギターに巡り合えておらず
めぐり合うのは不運のみ!っつー時期を送っており、軽く腐りかけておりました。

で、いろいろな世界の事故などを見ていて、
やっぱり欲しいものはとっとと買うべし、と思ったこと
エレキの練習はエレキギターがないと全然練習にならないのもあって
なんでもいいからエレキが欲しい、そう思って適当に買おうと思って物色していた今日この頃でした。

前置き長いですが、「こんな規模の小さい腐れショップに絶対あるわけない」と思った腐れショップにいきなりあって、
即予約してきてしまいました。
巡り会い、運命の出会いっつーのはこういうものなんですね♪

ちなみにアコギを買った時も、
最初に見た時からこのギターだなというオーラがバンバン出ていたギターで、
当初予算が3万程度だったのですが、結局20万くらいのまで試してみて
値段と音と弾きやすさで、見た目はさほど好みじゃなかったこのギター、
予算を大幅に超えたこのギターを買ったわけですが
7万程度でした。もちろん大満足!湿気ですぐネック反りますが。でも自分で直せます!

ある程度弾けるようになってエレキを買おうとしても
エレキは種類が多すぎて困惑。
好きなギタリストなんてまずいないし、
買えるものなら布袋の布袋モデルのギターで鏡の中のマリオネットを弾きたいわけですが
それ以外の曲も弾くのでまあ普通のエレキでいいや、そういう感じの私♪

でもやっぱり見た目の好みってのがあって、
エレキには「カブトムシ型」と「クワガタ型」の二種類があって
しましまはカブトムシっぽいギブソンというギターに惹かれてました。
ただ、ギブソン、欲しいモデルは40万程度です。高っ!

でも弾いてみると、クワガタ型のフェンダーというギタ―がすごく弾きやすく
ネック部分が特に気に入っており
しかも音も繊細っぽくて素敵。

でも見た目が。。。。見た目が超嫌い。
ギブソンの方は音が太くていかにもロック、そういう感じで
まあこういう音も大好きです。でも疲れそう。重そうだし。

で、エレキにはいろいろ金具がついてますが、
カブトムシの方のギブソンは、やたらいっぱいつまみとか金具がついてます。
一方クワガタのフェンダーはあまりついていなくて、
しましまとしては初心者だし掃除も修理も簡単そうなシンプルな方が好み。

そしてエレキって、木目調のもあって、買うなら絶対に木目調、そう決めてました。

そしていろいろ物色していたら、
ヤマハからも2万程度の激安ギターが出ていて結構弾きやすくて
見た目はフェンダー(クワガタ)

また、カブトムシ型のギブソンからも、
コクワガタ風の安モデルの赤の木目調のが出ていて、5万程度。

カブトっぽいクワガタ、クワガタっぽいカブトというのを見て、
結構心が揺り動かされてましたが、
音が今一つ。作りも安っぽくて、でも自分素人だしこんなもんかななんて思ってもいました。

でもでも、ネットで調べるととにかく安ギターは壊れやすいみたいだし
一体どうすればと思っていたら、
そのさびれショップでまさかの出会いっすよ。

出会ったギターは、フェンダー。そうクワガタの方です。

木目調のフェンダーなのに、そしてエレキなのに空洞です!
空洞なうえにチェロとかバイオリンにありがちな、ト音記号みたいな形の穴が開いてます!

弾きやすい上に軽くて、しかも空洞だから音がフェンダーと若干違っていて雰囲気ありすぎ!
それはまさにカブトっぽいクワガタ!それもフェロモンでまくりの!
すごい昆虫、変な森で見つけたぜ、みたいなそんな日でしたYO!

即買おうと思ってしまいましたが
いきなり来ていきなり弾いて即買ったところで
アンプとかもないしで、とりあえずお取り置きしてもらうことにしました。

ドン小西みたいな店員にいろいろ質問したら
うまい具合にバッグとかケーブルとか新品弦張替えとかサービスしてくれて
あとは引き取りに行く日にアンプも値切って買おうと思ってますが
探し物ってある時にはあるんですねーーーー。
納得しないものって絶対に買っちゃいけないんですねーーーー、そう思いました!

入手したら画像載せるのでお楽しみにぃ!
ちなみに今回のギターは高いです。800ユーロ(約9万くらい?)
そしてギターは
フェンダー テレキャスター シンライン というものらしい。
不思議な空洞ギターだったので家に帰って調べたらこの名前が出ました。

かなり高額ギターなので
ド素人の分際でこんなにいいギターを弾くなんてという声もあると思いますが
耳だけはいいんで、どうしても金額と比例してしまうギターに
今使っているアコギ以下の値段は無理だと途中でわかってしまい
買う段階で予算は前のギターと同等かそれ以上、でも絶対に10万以下という風に思っていたので
とりあえず夢のような買い物ができ嬉しく思ってます♪

ちなみにこのギター、
値段みないで弾いてこのギターが欲しいと確信し
値段みて想定内の値段だったので即決定ッス。

高額すぎる趣味ですが、
その分しましま、働いてますから!
塾代無料で何年も自力でこいつらの教育やってますから!
つい最近までこいつらの床屋も自力でやってましたから!
トイプードルの雑種犬の床屋も毎月バリカンで自宅でやってますから!
そしてアクセサリーやバッグは必要ないですし、
視力もよくコンタクト代ゼロ!
さらに、化粧品や美容代、ファッション代がほぼかからないんで
そういうのを集めると、非常に経済効果の高い女ですんで
2本目のギターを買おうとも
しまだんなは「是非買ってください」状態です♪

まあ、家にはアコギもクラシックもエレキもある状態で
これで3タイプ全部制覇ということになるでしょう!
しまお12歳もエレキが弾きたいそうなので(結構うまい男)
是非二人で共用してガッツリ使い込みたい、そう思ってます。






0 件のコメント:

コメントを投稿