ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

4/03/2015

ドイツのピストル玩具(14歳用、18歳用)

飛行機と武器が大好きなしまお13歳ですが、
もうすぐ14歳になります。今月ですがね。

で、14歳と言えばドイツの少年にとって、特別な日でございます。

なんと!拳銃系の武器が、14歳からの規格のものが買えるようです!
ピストルのおもちゃは結構本物っぽい作りのものになっていますが
13歳以下だと高くても8000円程度のものしか買えないわけで
もちろんビービ―弾が入っていて人間に対して打ってはいけませんが
Nerfという友達同士で打ち合いできるプラスチック製の鉄砲の方が主流っぽいです。
無論所持してますがね。

で、14歳になると若干本物志向のものが買えるようで、
値段が2万円くらいまでのものでもちろん中身はビービ―弾ですが
威力が若干ますようです。

そして18歳以上になると相当威力の強い武器が買えるそうです。
もちろんおもちゃですが!

ということで、しまお14歳は武器を購入することに決定です。
怖っ。

通常でしたら武器の所持は親として禁止したいところですが
人間を撃たない、もちろん飼い犬など生き物を撃たないという約束なので
オッケーしてます。
っていうか武器は男のロマンっすよねーーー。
しましまも遊びたいくらいです。
車に箱乗りして走りながらスナイパーみたいな銃で街中を撃ち歩きたい気分です。

以前しまだんなと新婚旅行した際に
射撃場で本物の銃を撃ってきましたが、銃の放つオーラが恐ろしくて
こんなのは所持するもんじゃないと思ってますが、
やっぱり見た目はかっこいいですネ♪

ということで、ドイツにはこんな少年の銃の規則ってのがあるんだなと知り
びっくりです。

さて、明日は新中2と中1になったしまおらに
日本語の教科書でいろいろ教えていかないとなぁ。。。。

基本的に教科書は3月の時点ですでにゲット済みで
英語はもう1年分を1日で終わしてしまったので
数学と国語をコツコツと学習していくことになります、今まで通り。

そしていつも書いてますが
大きな休みの時に社会とか理科を一気に終わらせるという作戦。
ってことで、土日と長期休みがしましまが一番忙しい時間ッス。

0 件のコメント:

コメントを投稿