ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

3/09/2015

すごい虚無感

どうも完全にやる気ナシのしましまです。
いつもやる気に燃えてる女で
萌えーーーではなくて、燃えーーーー!!!系ですが
完全に下火、いや、完全に消火中です♪

ついさっきまでいたデュッセルドルフでは
今住んでいる場所とは全く違う世界が繰り広げられていました。。。。

日系医師や看護婦と日本語でトーク!

待合室で日本人らと日本語でトーク!

待合室では週刊新潮、オレンジページ等、読みたい放題!

ラーメン屋や居酒屋で日本語オーダー可能!日本食堪能!

韓国スーパーで日本のせんべいやみそなど買いまくり!


多分今住んでいる場所でも、日本人学校に近い日本人が集まって住んでいる地域に行けば
隣も前も日本人という状態なので
きっと同じような感じなんだと思います。

まあデュッセルドルフだからというわけではないんですが
あまりにも行き来する日本人の多さ(10人に1人が日本人)
日本語漬けと日本食に圧倒され
そしてもちろん居心地がよくて、

ハンブルクに戻ってきて、ドイツ語モードに全く切り替えられないでいます。

しかも!しまお13歳から借りた進撃の巨人という漫画を9巻まで読破してしまい
(1巻はドイツ語、それ以降は日本語電子版)
完全に頭の中まで日本語です。

まあ最近日本語が若干スラスラ出てこないこともあって
いいリハビリにはなりましたが
その進撃の巨人という漫画では、15mとかの巨人がワンサカ出てきて人をむしゃむしゃ食うのですが
登場人物がほぼドイツ語名、巨人の顔も体もドイツ系なので
ハンブルクに戻ってきたらみんな巨人に見えちゃってしょうがないです。

今朝はしまお13歳が戻ってすぐのサッカー合宿に旅立って行きましたが
集まった保護者らも全員巨人に見えてしまって
え?空中戦で戦うべき?とか思ってしまう今日この頃♪

しましまは子供のころからしましまの実弟からの少年漫画の強い影響を受け
少年漫画を読む女で
少女漫画はホラーオンリーでしたが
漫画自体はすっかり卒業していたのに
まさかのこの状況での進撃の巨人デビューですよ。
こういう漫画結構好きです。

あとは暗殺教室という漫画は、タイトルは恐怖系ですが、かわいいなと思ってます。
ドイツ語版で3冊あるので多分明日から読む予定。

ということで、とにかく虚無ってます!

ドイツは最近めっきり春になりまして
庭にはクロッカスが咲き乱れ(しましまが去年セールになってた球根を買い込み仕込んでおいたもの)
寒いのにぎらぎら太陽がさす感じで窓ガラスの汚さが目立つ季節になってきましたが
日曜なので掃除もできず、(ドイツでは日曜の掃除禁止。でも雪かきはOK)
リラックスしようにもなんだかリラックスできず、
勉強なんて一切したくもないしで
完全に魂が抜けてます♪
フィットネスも行ってません。
パン作りは習慣なので作りましたがね。(粉1キロ)

まあ時がたてば自然にやる気も出てまた燃え始めるのでしょうが
日本人が日本語で海外で集まって暮らしているという光景を目の当たりにすると
巨人の中でドイツ語を頑張っている自分がしょぼく感じてきます。

一応滞在先のホテルでは軽く勉強などもしたのですが
戻ってきてこのありさま。

現在2週間の春休み中で
残りあと1週間もまだまだ休みなもんで
何とかこの期間に回復したいもんです。

ちなみにしまお13歳はすごい宿題が出ていて
Goetheの書いた詩、Der Zauberlehrling
を全部暗記せよという宿題だったので全部暗記させました♪

↓これ全部。
Der Zauberlehrling
Hat der alte Hexenmeister
Sich doch einmal wegbegeben!
Und nun sollen seine Geister
Auch nach meinem Willen leben.
Seine Wort und Werke
Merkt ich und den Brauch,
Und mit Geistesstärke
Tu ich Wunder auch.
     Walle! walle
     Manche Strecke,
     Dass, zum Zwecke,
     Wasser fließe
     Und mit reichem, vollem Schwalle
     Zu dem Bade sich ergieße.
Und nun komm, du alter Besen,
Nimm die schlechten Lumpenhüllen!
Bist schon lange Knecht gewesen:
Nun erfülle meinen Willen!
Auf zwei Beinen stehe,
Oben sei ein Kopf,
Eile nun und gehe
Mit dem Wassertopf!
     Walle! walle
     Manche Strecke,
     Dass, zum Zwecke,
     Wasser fließe
     Und mit reichem, vollem Schwalle
     Zu dem Bade sich ergieße.
Seht, er läuft zum Ufer nieder!
Wahrlich! ist schon an dem Flusse,
Und mit Blitzesschnelle wieder
Ist er hier mit raschem Gusse.
Schon zum zweiten Male!
Wie das Becken schwillt!
Wie sich jede Schale
Voll mit Wasser füllt!
     Stehe! stehe!
     Denn wir haben
     Deiner Gaben
     Vollgemessen! -
     Ach, ich merk es! Wehe! wehe!
     Hab ich doch das Wort vergessen!
Ach, das Wort, worauf am Ende
Er das wird, was er gewesen!
Ach, er läuft und bringt behende!
Wärst du doch der alte Besen!
Immer neue Güsse
Bringt er schnell herein,
Ach, und hundert Flüsse
Stürzen auf mich ein!
     Nein, nicht länger
     Kann ichs lassen:
     Will ihn fassen!
     Das ist Tücke!
     Ach, nun wird mir immer bänger!
     Welche Miene! welche Blicke!
O, du Ausgeburt der Hölle!
Soll das ganze Haus ersaufen?
Seh ich über jede Schwelle
Doch schon Wasserströme laufen.
Ein verruchter Besen,
Der nicht hören will!
Stock, der du gewesen,
Steh doch wieder still!
     Willst am Ende
     Gar nicht lassen?
     Will dich fassen,
     Will dich halten
     Und das alte Holz behende
     Mit dem scharfen Beile spalten!
Seht, da kommt er schleppend wieder!
Wie ich mich nur auf dich werfe,
Gleich, o Kobold, liegst du nieder;
Krachend trifft die glatte Schärfe.
Wahrlich! brav getroffen!
Seht, er ist entzwei!
Und nun kann ich hoffen,
Und ich atme frei!
     Wehe! wehe!
     Beide Teile
     Stehn in Eile
     Schon als Knechte
     Völlig fertig in die Höhe!
     Helft mir, ach! ihr hohen Mächte!
Und sie laufen! Nass und nässer
Wirds im Saal und auf den Stufen:
Welch entsetzliches Gewässer!
Herr und Meister, hör mich rufen! -
Ach, da kommt der Meister!
Herr, die Not ist groß!
Die ich rief, die Geister,
Werd ich nun nicht los.
     In die Ecke,
     Besen! Besen!
     Seids gewesen!
     Denn als Geister
     Ruft euch nur, zu seinem Zwecke,
     Erst hervor der alte Meister.

合宿中に忘れる可能性大ですが、
休みに入ってから毎日1区切りずつ覚えさせていく定着系で
かつリズミカルに暗記させたので、
まあ大丈夫でしょう!
記念に動画に残そうと思ってます。

2 件のコメント:

  1. 春子3/09/2015

    昨夜、日曜NHKラジオでドイツ在住の日本人からの、ドイツの教育事情を聞きました。
    しましまさんから聞いてはいたものの、4年生から進路を決めなくてはならないとのこと。
    ドイツはこの頃になると、何とかしてギムナ?~の学校に入学させたいと、家庭教師や塾通いが始まるとのこと、昔のドイツではありりりえなかった、と話していました。
    ドイツって大変だと思いました。日本は進路は高校に入ってから、なのに。
    それにしても、日本人でありながら、しまお君は今、そのギム~に入っているのですものね。

    返信削除
    返信
    1. そうです。ハーフでもない日本人なのにギムナジウムに入っているところがポイント!ギムナジウムの中でもドイツ語などの教科の出来が悪い方ですが、得意分野ではぶっちぎりの成績なので立派だとは思ってます。
      ただ、入学しても本当に勉強が好きな子じゃないと成績も悪いし、授業自体についていけなくなるので、親も子も自然にあきらめがついて格下学校に転校する傾向があります。それも入学して2年たったころくらいに。
      入学して3年たつと定着するので、そこからがひたすら勉強ということになるっぽいです。

      削除