ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

3/17/2015

自動車接触事故その後

軽いけど自動車接触事故。それもドイツで。

マジでこういうのは避けたいですが、
避けたいと思っても避けられないのが車の事故ってもんです。
しましまに非は一切ナシ。
車の中にいただけで、相手が勝手にぶつかってきたパターン。

不条理なことが起きるのが人生。
障害&苦悩=人生の醍醐味、なんでしょうかねぇ。。。

そもそも車に乗らなければ事故は起こらないですが、
そんなこと言ってたら行動範囲は狭まるばかり。

特に海外で子供にサッカーをさせていて夫が不在気味という場合
確実に必要なのが車ッス。
またドイツは宅配サービスがイギリスほど発達してなくて(でもあります)
やっぱり車があるに越したことはない。

まあ子供がサッカーをやめれば車はあっさり売りますがね。

車はとにかくお金がかかり危険を伴う乗り物ではありますが
乗ると信じられないくらい世界が広がり自由度が増すのも事実。
お金以上に得るものはあります。

前にも書きましたが、11月にスーパー駐車場で停車中のしましまの車の後部に
バックで下がってきた老人の車が勝手にぶつかってきたわけですが、
軽い接触事故だと思いきや、修理代に800ユーロ(10万くらい)もかかってしまい
挙句警察を呼ばなかったことで、修理代の半額だけ相手の保険会社から振り込まれましたが
修理代の半額は自己負担!

先週手紙を書いて老人の自宅ポストに入れてきました。
結構丁寧目に書いて、少額でもいいから負担してもらえると助かる的な内容で。
さらに、
「当方外人で会話が苦手なため、
払うか払わないかだけ、メールかメモでもいいので書面で教えてください」と書いたのですが、

にもかかわらず!!
日曜日、そう、昨日、いきなりの訪問です。

思いっ切り油断していて訪問されたもんで相当凹みましたね。
完全に本能寺の変ですよ。
ああいう討ち入りみたいな、アポなし突撃訪問みたいのはよくないですね。。。。

明智光秀にしても!ヨネスケにしても!
撃ちいられた側の気持ちってのを考えてもらいたいもんです。

で、しましま、日本でも、アメリカでも、イギリスでも
ドイツの歯医者事件の際も、
大金が絡む交渉事で、人と言葉で戦って負けたためしがない女です。

ですが、ドイツ語がまだまだでしかも準備不足、思いっきり油断していた日曜日の昼ですよ!
まともに戦えるわけないっつーの!

一応10分?15分くらい?いろいろ大声で言い争いましたが
嫌味の言い方とか暴言とか習ってないもんで
もう全然ダメ。

ちなみに相手は
ぶつかった瞬間は思いっきり謝罪して来たのに
昨日来た時には、しましまにも非がある、お前もぶつかってきた的なことを言い始めたので
訂正したら若干思い出したようで、

でも400ユーロは絶対に支払えない、なぜなら
1.年金受給者だから
2.お金がないから
3.俺の保険ですでに半額払ってるから

だそうです。

しかも
しましまの保険が総合保険じゃないへぼい保険なんじゃないかとまでケチをつけられ
散々だぜ!
まあ、その都度、訂正&言い返しましたがね。


ただ、払わないなら払わなくてもいいんです。
なぜなら事故後に何の連絡もしてこず、
また、自分の非を思いっきり認めていたのに、
保険会社にはしましまにも非があるとウソの証言を言っていたようで不誠実だなという感じはしていたので。
だから、きっと払わないだろうと思いつつ、
でももしかしたら少しくらいは払う気があるかななんて期待してしまって手紙を書いたわけですが
まさか直接交渉になるとは夢にも思わず、
また、しましまは全く何にもしてないのに
1.修理代の負担
2.精神的な負担を受けたわけです。

ちなみに警察に電話していれば相手の保険会社から100%もらえたはずなので
本当に残念。
自分に非があるとすれば、警察に電話しなかったことでしょう。
まあ事故った時にパニくったしましまは
自分の保険会社にソッコー電話しようとしたところ
相手の老人に「自分が連絡するから大丈夫です」なんて言われてしまい
謝罪して来たこともあるし、うっかりいい人だと思い込んでしまったわけで
他人を信じた自分が愚かでした。

また事故ってのは必ずいい人と悪い人の組み合わせなところもミソ。
いい人同士の事故って聞いたことあります??
ってことで、自分が間違いなくいい人の部類な場合、
事故相手は確実に悪人だと思って間違いないでしょう。
事故相手は絶対に信じてはいけません!

とりあえずしましまは、保険会社からも注意され、被害者面した相手からも罵られ
何度も来る保険会社からの手紙でショックを受け
自分の運のなさをマジで呪いましたね。

年金受給者だから払えないという理由が、とにかく払いたくない理由なので
払えなくてもいいから相手にせめて精神的ダメージを与えたかったです♪
相手は一体何しに来たんでしょう。
払わないなら無視してればどっちも傷つかないで済んだのに。
嗚呼、準備期間さえあったら!!

「手紙にしてください」と書いているのに
そんなのを無視して一方的に押しかけてくるところが
やっぱり人間という生き物のミステリー。
とにかく事故相手ってのは逆に逆に行動してくるということもむしろ学びましたね。

この件でとにかく他人ってのは信じられないと思ったので
基本的に車は乗らないようにはしてます。
また近所のスーパーにはもう怖くて車で行ってません。

車売りたい、でも子供が困る、でもなるべく乗らないようにしたい。
ただ、それじゃあ何も解決しないので、
ドライブレコーダーを購入予定。
それも360度録画できるヤツ。
これさえあれば事故が怖いどころか、
むしろ元を取るために接触事故大歓迎モードになりそうです。

1つの設備で2台取り付けられるのにしたかったのですが固定式なため
夜ガラスを割られて盗難される危険性があり
120度タイプの吸盤取付できるヤツを2OR3台取り付ければいいのかなって感じです。
1個1万円くらいでシガーソケットから充電するわけですが
カーナビもつけてるため、たこ足シガーソケットも買うつもり。

ということで、車に乗ってるみなさん。
もし、誰かにぶつかられて、
自分が思いっ切り被害者なのに「お前が(も)悪い!」なんて逆切れされて
警察を呼んでも「5分5分ですね」なーんて言われた場合
何にもしてないのに、普通にただ真面目に一生懸命生きてるだけなのに、
いきなり修理代の半分を負担しないといけないわけです。

ってことで、必要なのは物的証拠。
もし加害者になったとしたらむしろ逆切れして5分5分に持ち込むのが正しいやり方ですが
被害者になる方が同じ金額払うにしても加害者立場から払うより相当ムカつくので
車には常にカメラを取り付け常時撮影すればいいわけです。
ナンバーも記録されますし
何より調べたのですがドイツの場合ドライブレコーダーは裁判での物的証拠として使えるそうです。
(ただしロシアは使えないそうです)

日本ではどうだかわかりませんが
走行中に当て逃げなんてされて逃げられたらオール自己負担、
仮に捕まえたとしても半額負担になるくらいなら
今3万くらい投資して買った方がある意味お買い得だと思ってます。
むしろ被害者であっても加害者であっても、ドライブレコーダーを持ってる方が優位なんじゃないでしょうか?
特に口論で相手を論破できない環境にある人は特に必須。

エレキを買いたかったのですがこういう事故があってカメラを買う流れとなってしまいましたが
きっとエレキは今は買うなってことなんでしょうね。。。。

とりあえずとにかくムカついてますんで
いつも無礼すぎる態度の店員に
本人越えくらいの勢いで無礼な態度で接して来て、若干すっきり♪

今日は本当はスカイプでドイツ語会話をする予定でしたが
ネガティブな事しか言えなそうだったのでキャンセルし
外に出ていろいろ買い物をし、そのたびにいろんな関係ない人に不幸をまき散らしてきました♪

ちなみにしましまはいつもにこにこして人に超親切です。
が、こんなに嫌な気持ちにあってしかも語れる友達も皆無なので
今日はギターを弾いてYoutubeに公開してみましたが
こんなんじゃ気が済まないので、
とりあえず400ユーロ分と討ち入られたショックな気持ちを
これから毎日、気が済むまで、ドイツに住むみなさんに還元していきたいと思ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿