ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後、日本生活、ドイツ語上達系の内容など月1程度で更新予定。日常については別ブログで!

1/31/2015

遂に!ドイツ語C1のテキスト



来月からついにC1コースをとることになりました。
早速アマゾンで購入してすでに届いてるぜ!
書店で買ってもよかったのですが、送料が無料なところがポイント。

自分で勉強する場合、まあしましまはVHSに週2で通ってますが、
この本(2冊セット)はテキストがカラーでわかりやすいことと
問題量が多いので自主勉がしやすいので気にいってます。

ドイツの本は基本的に文字が小さくてカラーじゃないので
視力が落ちがちですが
この2冊セットなら間違いなく視力が落ちることはないぜ!

で、前のブログにも書きましたが、
自分でドイツ語をコツコツ勉強する場合
とにかく止まらずに、問題が解けなくてもいちいち気にせず回答を見てとっとと答えを埋めて
先へ進むことが大切。
単語を覚えることも大切ですが、英語の学習と全く違うんで、
(英語の場合は使うセンテンスをとにかく耳で覚えて丸暗記するのが大切)
文の構造をとっとと覚えて、自分で文が組み立てられるようになってから
自分の使う単語だけ当てはめて行けばいい話なんで、
是非ともドイツ語を頑張りたい方はこの教材でC1まで行け!と言いたい。

日本人の特徴としてわからない単語は徹底的に辞書で引いて覚えたくなりますが
時間がある人はそれでOK,
でも時間がない場合は単語は無視して進んでよし!
これはC1の前半、C1の1というテキスト2冊セットなんで(CDもついてます)
C1の2というのもあるぜ。

で、進みが超遅いとされるVHSでは4か月でこれをこなすので
自主勉強をしている人は是非とも4カ月でこなすべし。
週5日くらい、1日1時間やれば余裕で終わるぜ。




で、これはテキスト用のCD。
個人では基本的に買わないシロモノで
先生が持っていて授業中に使う用。
ただ、自分で勉強する人はこれを聞かないとテキストがもったいないので
是非合わせて購入すべし一品。

そして



先生が使うテキスト!
はっきり言ってこんなテキストはいらないのですが
何がいるって、このテキストの最後の方には
先ほどの先生用CDの全部の文章が載っていて
さらに、生徒用の問題集についているCDの文章も載っていて
テキストの答えも載っているという。。。。

しましまはこの先生用のテキストは図書館でコピーするんで買いませんが
CDはまた買ってしまうと思います。

ドイツ語の教材ってなかなかいいのがないのですが
非常に優れた教材なので是非おススメ!


ついでですが、このZielというシリーズは、B1+(プラス)から展開していて
A1,A2,B1は存在しないので要注意。

これはB1プラスの二冊セット。



日本でも普通に買えるらしいことが判明↓
これはB2の前半のテキストと問題集の2冊セット。

0 件のコメント:

コメントを投稿