ブログの画像説明文

どうも!しましまです!
2013年から2017年までの5年間のドイツ生活のブログです。
ドイツ語知識ゼロからのスタートでも、C1テスト合格、ドイツ語環境でのパート勤務、ドイツで起業等の数々の功績を残した感アリ。
息子二人は現地校ギムナジウムで立派な成績を修め、日本の学校に編入です。
このブログでは今後ドイツ語上達系の内容だけを更新します。日常については別ブログで!

6/30/2014

41歳ですYO

どうもっ!うっかり41歳になってしまったしましまです。

誕生日と言えば、プレゼント。

とりあえず今回はエレキを買うぞということになってますが、
店頭で見て安エレキを買う予定にはしてました。

エフェクターというギターの音を変える機械は15000円程度のを買い
これにはスピーカーがついてないけれど
ヘッドフォン出力可能なのであとはヘッドフォンだけ買って終了だぜと思ってましたが、
肝心のエレキに躊躇しているという。。。。

基本的にアコギ(木でできてるギター)が好きなので
アコギをかき鳴らしたいわけです。
長渕剛のように。

でもうるさいのでピックという三角形のやつで弾くことができません。
ってことで指で弾いてますが、
音がシャープじゃないので超不満足。

別に窓を閉めれば外に音が漏れないのですが
若干は漏れるわけで
漏れるとしてやっぱり激ウマな音なら外部に激しく提供したいわけですが
ギター歴8か月の場合どうでしょうね。
騒音でしかないという。

と自分で思ってるので、指でソフトに奏でてますが
もうそんなんじゃ満足できない俺がいる、状態♪

自分のギター魂が恐ろしいです。

しかもいろいろ家事を片づけると気づくと夜になっていて
夜に弾けないっつーの!ということで午前中と煮物とか作ってる最中しか弾けてません。

だからエレキ。

だから安エレキで充分と考えたわけですが
実は長渕も好きですが、エアロスミスやガンズなども好きなので
やっぱり激安エレキではなくそこそこいいやつが欲しくなってるわけです。

ドイツのオークションサイトでも物色中ですが
結構みんな売るときは高めに売る感じで今一つ。。。

でもそんな中しまお13歳が欲しがってた中古キーボードを発見し
出品者に連絡して返事待ち♪
しまお13歳、現在60鍵盤のを使ってますが
技術力がかなり上がっていて、80鍵盤のが必要で
それくらいになるとかなり高額になる為中古を見てたらいきなりあったという。。。。

そして60鍵盤のは入手し次第ソッコー売るつもり。

いやあオークション最高!
日本でもイギリスでもドイツでもオークションが楽しめて人生満喫ですYO!

で、エレキはいろいろ見ていてあまりないのでやっぱりあきらめました。
新品を買おうと思ってます。

色々調べてみて、基本的に2本目のギターというのはみなさんいいものを買うわけです。
よく、挫折するから最初は粗悪な奴で説がありますが
多分粗悪なヤツだから挫折するんだと思います。

高級ギターで挫折する場合は結構売りやすいので
やっぱりいいギターを買うべし、と思います。

今自分の中では超高級品のアコギをドイツで買って毎日弾いたり磨いたりしてますが
やっぱり値段もそうですが予算以上で大納得の質のものを買うことができて
これは本当によかったと思ってます。

早く手元にエレキが欲しいのですが
見た目はほどほどの199ユーロのあのエレキもよかったのですが
音のひずみが気になってしまい
でもあえて高級エレキを試さないでいるわけですが
若干高めのものを弾いてみようかと思ってます。

一応誕生日はとっくに過ぎてますが
誕生日プレゼントは何か月かかってもいいから納得するものを買う方向で行きたいです。


最近更新が渋ってますが
その理由は、
しまテストジャパンの仲介業が相当忙しくなってきた
ドイツ語B2サマーコースの宿題が厳しい
しまお13歳に毎日2時間教育を施している
週末は特に子供らに数学や国語を徹底的に教えている
そして、ギターを弾きまくっている

です!

しまお11歳の頭の中が最近不思議で
基本的にドイツ語が優位に立つようになりました。
昨日「防ぐ」という日本語の意味が解らないというので
英語ではpreventっていうんだよと言っても理解できず
ドイツ語でverhindernだよと言ってみたらようやく理解できたというありさま!!

↑でもむしろ全部わかってるしましまのがすごいという。。。。

ってことで日本語で話しても理解できない場合はよく意味を聞いてくるのですが
英語よりもドイツ語の方をよく知ってるのでドイツ語で説明しているという不思議親子。
その説明もルー大柴みたいで最後長嶋監督みたいになってるもんで
末恐ろしいです。。。。

しまお13歳は英語の方が強くて、一体こいつらの脳はどうなってんだ??
と思いつつ、頑張って日本語を教育しまくってます。


今週と来週は
車検、子供らの学校行事、しましまの語学学校、
子供らのサッカーやサッカー大会、サッカー のBBQ大会
しまお13歳の矯正歯科や言語障害の受診など盛りだくさんで
多分ブログ更新が毎日じゃなくなると思うので4649ぅ!


6/28/2014

ドイツのギターショップHamburg

どうも!もうすぐ41歳になるしましまです。

誕生日と言えばやはりプレゼントでしょう。
前に車をぶつけてしまって高額の修理代を保険でカバーできたしましまですが
もし保険が無かったら誕生日プレゼントはナシというつもりでいました。

保険が効いたので予定通り例のブツを買おうと決めております。

しましまが買いたいものそれは、エレキギター一式。

前からちょくちょくギターショップを見て回ってます。
訪問したショップは

Schalloch GmbH  U2 Messahallen駅すぐそば

Just Music U3 Feldstrasse駅そば

Musik Markt S Reeperbahn駅そば


で、おいてあるギターの種類が好みによって分かれますが
Schallochは基本的に高いし品数は少ないですが
質のいいものがそろっててクラッシック好きっぽい真面目なおじ様が勤務してます。
敷居高し。

Just Musicは量販店でドイツのメイン都市にある大規模店舗。
若者とかド素人が行きやすいショップ。
勤務している店員も基本は入れ墨をしていて見た目極悪人っぽいですが
基本的にドイツ人はピュアな方が多くさほどオシャレでもないので
非常に入りやすい店舗。

特徴として受付で番号札をもらってからロッカーに荷物を預けて(万引き防止でしょう)
それで買い物するわけですが
巨大な店内なので居心地満点です。
値段も安いのから高いのまであるので買いやすくておススメ。
しましまはここでアコギを買いました。
そしていろいろ買うために通ってます。

Musik Marktも結構お手頃価格で安いです。
ピアノとかも普通においてあるので安くピアノを買いたいという方おススメ。
ギターもいろいろありますがエレキだとフェンダー率高し。


ってことで昨日もエレキを物色しに行ってきましたが
はっきり言って、いいな♪と思うものは20万レベルです。
ある意味目は肥えてます。

ただ、手持ちのアコギには非常に満足していて
エレキは格下のものを買いたいこと、
アンプもエフェクターなども買うので格安なもの希望、
ということで、199ユーロ(2万程度)のだけしか触りませんでした。
むしろ高価なものに触るとろくなことないので
絶対に触らないことに決めていたぜ。

ギャンブルと同じですね。
1万円だけ持って行くみたいな。

で、その安エレキをエフェクターなどつけて店内で弾いてみましたが
エレキ最高!
でも音の濁りが気になる。。。。。
さすが安ギターなだけに音が相当悪いです。音、超割れてます。

で気づいたのが、エレキは見た目とかじゃなくて
内臓物の機械が音の良しあしに影響するんじゃないかってこと。
もしかしてエフェクターやコード類何気に重要??何て思ってしまいました。
あとメーカーも重要だったりします。
が今回買おうとしているエレキは何それ?というメーカー。

昨日はそのショップにあるカタログをもらってきたのですが
はっきり言ってカブト、クワガタ図鑑みたいです。

エレキ⇒クワガタ
アコギ⇒カブトムシ

やっぱりカブトとクワガタってのは男のロマンなんじゃないかと思います。
ゲームのコントローラーだってクワガタみたいだし
スポーツカーも女性的フォルムを兼ね備えたクワガタです。

ちなみにやっぱりカブトとクワガタ事典(ギターカタログのこと)を熟読すると
最終的にクワガタがかっこいいなと思えてくるもんです。

確かにカブトとクワガタを飼育していると
クワガタのがかっこよく思えてきませんか??

で、クワガタもやっぱり自分に似合うのはコクワガタ。
一応今回買おうとしているエレキのテーマは
コクワガタのメスなんで♪

と言いつつ本当はタマムシが大好きなので
(田舎育ちなので生きたタマムシを捕まえた経験もあるぜ)
タマムシ色のコクワタイプのエレキがあったらいいなとは思いますが
そういった上モノは20万コースなので2万で抑えたいと思ってます。

2万とはいえそもそも2万の出費すら高いし
ちなみに2万だけじゃすまなくて
エフェクターとヘッドフォンを買うから多分これで3万くらい行きそうで
トータル5万コースです。

5万あったらいいカメラが買える。。。。
っていうかいいエレキが買えますね。


本当は今回エレキを買うのをやめようかなと一瞬思ったのですが
先日自分の知り合いのイギリス人のパパ友が44歳にして子供4人を残して亡くなってしまい
やっぱり人生いつ終わるかわからないし後悔したくないなというのがあり
買えるものは買えるなら買うという方向性を今まで以上に固めました。

人間いろいろ我慢することが多いですが
例えば老後の貯金のために我慢をするとしたら
むしろ老後がないことを考え今使っちゃえという気持ちでいます。
っていうか老後ショボイ人生が待っているから金を蓄えるよりも
むしろ今ガンガン自己投資をしておけば
例えばエレキを買うことで
将来80歳くらいで着物を着て道端でエレキを弾いていたとしたら
毎日結構な額を恵んでもらえるのではないでしょうか?!

っていうことで結構我慢する堅実タイプなのですが
誕生日ということもあり浪費しますYO!
基本的にしまだんなも
「しましまはよくやってるからぜんぜん買っちゃってもいいYO」と言ってくれてるので
嬉しいですね。

6/27/2014

VHSサマーコース受講中

どうもっ!日々ギターを弾きまくりドイツ語を勉強しまくるしましまです。
そして犬とたまにジョギングしているという。。。。

少し前からしまだんなの腹回りがでぶってきたということで
週末だけ若干ジョギングをしてますが
多分1.5キロくらいあるところをノンストップでゆっくり走ってます。

実は以前、走った時は、要するに普通の速度でガンガン走ってばてて歩くというパターンでしたが
ノンストップでゆっくり走ると意外に平気という事が判明し
速度超遅めで走ってます。

走ると犬が喜ぶのでいい感じです。



↑しま犬はしましまが週1くらいでカットしてますが
やっぱりこういう犬っぽい感じの見た目が好きだぜ。
雑種なので顔面がストレートなのでこのカットしかできないのですが。。。。


ところでしまおら二人とも快挙です。
昨日マラソン大会があったのですが
学年別に走る感じで、大体1学年80人弱。
その中でしまお13歳はなんと1位、しまお11歳は2位でした!!

「日本人はなんでもできる」とよくその学校で言われてますが
日本人だからできるんじゃなくてこいつらの体力がハンパないからだと思ってます♪

日本では幼少のころから常に歩かされ(車所持してなかったもんで)
交通手段は三輪車や自転車。
しまお11歳なんて3歳の頃三輪車で小岩から柴又まで往復してますから!
(この距離感を知っている方に是非読んでもらいたい)

また小学校に上がったらこの二人だけ保温弁当箱を常に背負って登校してるもんで
ある意味養成ギブスみたいなもんでしょう。

結構こういうことがあってイギリスでもドイツでも体力だけはやたらある兄弟で
しかもサッカーは常に続けてるし
今回の学校も電車40分、駅と家、駅と学校の距離もハンパなく長く
10キロ以上の荷物を背負ってるわけです。

この歴史が1位、2位という快挙を生み出したのでしょう!
よく貧乏な子が自転車買えなくて走ってる系の感じです。


ちなみにしまお13歳のタイムは
1.2キロで4分ジャストだったそうですが
これって日本だと早いのか遅いのか??


さて本題。
ドイツ語のB2レベルのサマーコースをとってますが
今日2回目のコースに行ってきました。
全6回なので短い夏のコース。

今日も盛りだくさんでいいコースをとれてよかったよなと感激です。
レベル超高い。
あと最近気づいたのですが、ワールドカップを見てドイツ語での解説もだいぶ理解できるようになり
今日は気づけばセーラームーンというアニメを見ていて
かなり理解できている自分にびっくり!

言っていることが解るって、海外に住んでいると本当に重要なので
海外在住の方は是非ともつらいけれど語学学習を徹底的にすると後が楽です。
例えば3年とか5年とか駐在する場合、
最初の1年を毎日語学学校に行ったりして費やすと
残りの滞在期間がストレスフリー!

確かに日本人だと外国語習得が相当難しいですが
頭の出来と器用さとマナーの良さは一級品なので
他のヨーロッパ人が持っていないものを相当持ってます。
1年で結構なレベルに行くはずです。つらいですが。

ってことで宿題もガッツリ。
だからブログの更新が滞ってます♪

明日は土曜だっつーのにしまおら二人とも学校のイベントです。
劇場で劇をするらしい。

6/24/2014

ドイツのギムナジウム、進級は相当厳しいぜ

どうも!最近またまた寒くてダウンがクリーニングに出せないしましまです。
本当に異様に寒い!

最近サッカーばかり見てしまい、
土曜日はしまお11歳がサッカーの子供たちと車で1時間場所の公園に朝から夜まで遊びに連れて行ってもらい、
日曜はしましまが、しまお11歳のサッカーの試合に連れて行ったのですが
これも家から30キロくらいのところで、
高速で120キロで飛ばして20分くらいでついてしまいましたが
やっぱり高速道路は手に汗握りますね。

昨日もサッカーのしまお11歳。
とにかくサッカー漬け、ドイツ語漬けの日々を送っております。

そうそう、土曜日にサッカーの友達のお父さんの企画で
お父さんら5人くらいとサッカーの少年ら15人くらいで行ってきたのですが
集合場所がお父さんコーチの家。
初めて行ったのですが、
お父さんコーチ、なんと弁護士です。
もちろんしまお11歳だけがアジア人です。
本人、アジア人だから目が小さいのを気にしてますが、
「目が小さい生き物もむしろキュートだ」説をいつも言っているしましま&
実際、白人金髪で目が大きくて青くて足が長いのも素敵だけれども
目が小さくて黒髪で黒目で足が短くて肌が黄色いのは強そうに見えて実際好きです。
っていうかアジア人からは特有のフェロモン、癒し系オーラが出ていると思います。

・・・・ってことで最近アイメイクをやめました。
あえて目を小さく!がマイブーム♪



しましまが今住んでいる家は、はっきり言って豪邸だと思ってます。
日本だと土地代が高いから基本的に家は狭いし庭も持てないことが多いですが
ドイツはとにかく土地が多いから家が広く庭が特に広く設けられていて
豪邸に住むスネ夫という位置づけで暮らしてきましたが、

家から車で5分くらいのその弁護士の住む家、
まず地域的に金持ち地域、そうスネ夫地域でしたYO。

しかも家が巨大。
今までいろいろな金持ちの家を見てきましたが
ぶっちぎりでランキング1位となりました。
軽くショックでしたね、あまりの豪邸で。

真のスネ夫を見たぜ。上には上がいるぜ。

リビングだけで多分しまファミリーが葛飾区ですんでいた全体の広さより確実に広いッス。
多分1部屋で100㎡は越えてるはず。。。。。。
って部屋がいくつもあるという!!

しかも床は白タイルで基本家はガラス張りで超明るいという!!

ドイツの家はガラス張りの家が多くてしかもカーテンとかしないので
あえて見せる、っていうか自慢??みたいなノリの家多し。

しま家も玄関ドアがドアじゃなくてガラスでできてるので
諸味里??くらいの勢いでモロ見えです♪

しまキッチンも四方がガラスなので家の中から隣のマンション2階に住む人と良く目が合うので
挨拶するという面白い国。。。。。



それはさておき、地位と金があるとこういう家に住めるってもんです。
ちなみに車はもちろんデカいベンツで、
ベンツで公園まで遊びに行って帰ってきたそうですが
乗り心地満点だったようです。



で、本題ですが、
しまお11歳がいない間、しまお13歳ととにかく家族会議しましたYO。
何気に日本人学校説もでて、本人軽くいく気だったのですが
結局お前は何が楽しくて生きてるんだということになり
「サッカーがやりたい」ということが明確になったので
サッカーをする⇒日本人学校だと時間的に無理⇒頑張って勉強してギムナジウムに残る

ということになりました。
将来の目標とか特にない場合やっぱりモチベーションってのが上がんないと思います。
それが中学生なんじゃないでしょうか。

実はやる気のないやつは格下の学校に転校すればいい派なので
医者に行かずに転校させようかと思っていたのですが
これでは人生逃げてばっかりの堕落した人間になることは間違いなしです。

また昨日のコメント欄にも書きましたが
ドイツに限らすヨーロッパの国だと(全部かどうかは知りませんが)
外国人だから外国人風の発音やイントネーションではダメで
医者に行ってしっかり治すことが重要だそうです。
だからボビーオロゴンは多分格下学校行き、山瀬まみやアグネスちゃんは言語障害で医者おくりとなるでしょう、ドイツの場合は。
ただ、通うとよくなるらしいので、山瀬まみやアグネスちゃんは初期に医者にいっておけばよかったのだと思えるようにもなりました。

まあ正しい発音の仕方を学ぶのはいい事です!
まだ医者には行ってませんが、奴は歯科矯正もしてるし発音もこれから治されるわけだし
きっと治療後は苦労した分得が多い人生となるのではないでしょうか。


基本生きていればそれでいいし
努力をしようと思っても病気などでできない人もいるわけです。
でも生きる上で、やはり逃げてはいけないし
どんなことでもできる努力はあるわけで
とにかくいろいろといい機会をもらったなとは思ってます。

多分日本人学校に行ったら全部日本語ですごく楽だと思いますが
やっぱり中学校の教科は厳しく
しかも日本人学校だときっと細かい指導があると思うので楽だとは思いません。
多分楽したいからする転校だとうまくいかないと思うので
やっぱり今いる環境で頑張って到達したら転校すればいいと思います。

ってことをいろいろ話し合って
嫌いな勉強もやはり人生の職業の選択肢を広げるために必要なのでするべし
と軽く理解したようです。

先ほどの弁護士も、きっと子供の頃苦労して勉強し
弁護士の資格を取って、多分弁護士の仕事も相当なストレスと責任感だと思いますが
それと引き換えにベンツに乗り豪邸に住んでいて
やたら毛並みのいい黒猫を飼っているわけで
苦労したらしただけ得られるものがあるってもんです。

そういえばしまお13歳の担任は
ギムナジウムではほぼトップの成績で医者にも弁護士にもなれたそうですが
患者と話すのが嫌だとか
弁護して戦うのが嫌だということで教師になったそうですが
担任を持つのがつらいということで来年度は担任から外れるそうです。
こういう逃げの心意気。
でもこういう大人を見てどう感じるか、こうして洗いざらい子供に言ってしまうのも
いい事だと思います。
完璧な人はいないですからね♪
むしろ教師こそガツガツやる気のある人よりもこういう弱い感じの方がよかったり?!


しましまも苦労してドイツ語を頑張ってますが
苦労した分(いまだに苦労してますが)やっぱりできるようになって毎日楽しいんで
去年の苦労のおかげで今があると思ってます。

その点しまお13歳はこの1年ろくに宿題もせず
その間しまお11歳は毎日2時間は確実に勉強していたので
365×2時間=800時間くらいのドイツ語力の差ができてしまってるわけで
本当に筋トレと同じで毎日コツコツやるのが大切だなと思いますね。

漠然と学校に行っていてもドイツ語はうまくならないッス。

ただ、しましまはこいつらが小学2年と3年の時から毎週末日本の教科書を使って全教科教えていたこともあり、日本語の学力はばっちり備わってます。
そのおかげで理解度は増していてそれがドイツ語のほかの教科に応用が効いていて
特にしまお13歳はその応用力でドイツ語以外の教科が努力なくしていい点が取れているものと思われます。

ってことで多分来年度は学年が上がるから相当勉強が苦しくなるとは思うけれど
本人は「サッカーをするためにドイツ語を頑張る」という
不思議ではありますが目標や意義ができたので生活態度がガラッと変わりました♪
いつまで続くかわかりませんが見守ります!

で今朝聞いてびっくりしたこと。
しまお13歳の学年、25人程度ずつ3クラスあります。
しまお13歳のクラスは1人は格下学校への転校決定でそれ以外は知らないそうですが
一つのクラスではクラスの半分が転校、
もう一つのクラスでは3人以外が転校という衝撃事実発覚!!

ある意味病人というか障害枠でも進級できたことは奇跡みたいです。
3クラスから2クラスになるんですかねぇ。。。。または1クラス??

ドイツのギムナジウムって恐ろしいッスね。
特にハンブルクでは今年から規定が厳しくなったので
成績も年に二回出るようになったし基準も厳しくなったっぽいです。怖っ。



6/23/2014

Longchampっていうブランドの財布を買ったぜ!

いやいや。
今日は、買い物しようと街まで出かけたが
財布を。。。。。
(サザエ風)

財布を買いましたYO!

実は、5年ほど前に楽天で買った三つ折り小型財布ですが
ドイツの小銭が多すぎてぶっ壊れました。
レザーがビリビリに破れていてそれはそれは見た目がひどいです。
まさに首の皮一枚という見た目。

で、前のブログで
こんな財布が欲しいというのを見つけたのですが
大人気商品らしく予約販売状態で
予約すらできないほどの人気なのであきらめました♪
そもそも2万円くらいするので高いし。

ってことで、前と同じものを買おうとしたところ
楽天であっさり見つかりました。



まさかのイタリアレザーのドイツ製という。。。。

だったらドイツで買えるじゃんということで
Beckerというメーカーの財布を探しに行ったわけですが
どこにもないという。。。

一応ベッカー社のサイトも見てデパートに行ったものの在庫なしという失態。

多分日本向けだけに作ってるのではないでしょうか。
色々なバージョンを。

やっぱりドイツの財布は機能的で使いやすいです。
日本にいて買った財布ですが
まさかあのとき、ドイツに住んでイタリアに旅行するなんて
知る由もないしましまだったのでした。とかナレーション流しそうだぜ!

ちなみにしまだんなが日本に出張する際に
このまさかのアニマル柄財布を買ってもらおうかと思っていたのですが
「ホテルでの受け取りが面倒くせぇ」ということで
今日絶対に買う、今日絶対にドイツで何かしら買ってやるという闘志を秘め
買い物しようと街まで行ってきたわけです。

でいろいろな財布を見て回り、結局最後に行ったデパートで見つけ
8割の満足度だったので買いました。
しかもセールで80ユーロでゲットした財布。



買った財布と全く違いますが、
札が二つ折になる小型財布でこのLongchampという知らないブランドを買ったのですが
もちろんこの財布も売っていて、これと悩みましたが小型財布に決めたので
この画像を貼りましたが
なんと、ドイツだとこんな4万とかの高級財布じゃありません。
1万円レベルの財布です。
びっくりーーー。

でもこのブランドはバッグも財布もものすごく使いやすそうで
いいブランドを発見したぜと思いましたが
基本ブランド名無視するタイプなんで
まあ次回はまた5年後くらいに候補に挙がるのかも知れません。



↑本当はこれくらいド派手で薄い財布が欲しかったです♪


まあ財布を買ってとりあえずほっとしました。
今回まさかの黒を買いましたが、
やっぱりコードバンっぽいランドセルっぽいやつを選択。

しましまの財布のこだわりポイントとして
軽い、小型、小銭部分重要、カード部分数枚でOK、つや

なもんで、本当は上記プラス派手な色がいいのですが
まさかの黒になってしまいました。

まあ安かったし小型だし満足です。
しかしまさかドイツの財布だったなんて衝撃っすよね。


6/20/2014

ドイツのギムナジウムは厳しいぜ

昨日のブログにこんなことを書きました。

しまお13歳のギムナジウムでの成績が悪く
本来なら格下の学校に転校させられるところが

成績が悪いのがドイツ語だけなのと
発音が不明瞭でたまに言っていることが不明ということで
「言語障害の疑いあり。医者に行って治療を受けるように。
診断後の治療を受けることによりギムナジウムでの進級&残留が可能」という内容。

なんだそら!と思いますよね。
そもそも失礼極まりない上に衝撃だし
でもここドイツだといくら日本語ができてもほかの教科の読み書きができたとしても
発音と発言の方法が幼稚だったり低レベルだったりすると
バカとみなされるどころか障害の疑いありで病院おくりとなるわけです。

基本的にもししましまがこんなことされたら
怒り爆発で転校すると思いますが、
それはしましまが日々努力しているタイプだからであって、

全く努力もせず宿題もしないで寡黙なしまお13歳の場合は
「障害者枠での進級でも残留できてよかった」と言ってます。

一応本人に全部洗いざらい言いましたが
傷ついてはいるし悔しい気持ちもあると思いますが、

本人の座右の銘として
「いやなことはなるべく早く忘れるようにしている♪」ということで
すでに忘れ去っているようです。怖っ!

親としては普通ならギムナジウムに残ってもらいたいでしょうが
しましまの場合はこういう努力をしないやつは
転校して身の程を知ればいいのにとマジで思います。

まあ言語障害呼ばわりされて(実際そうかもしれませんがね♪)
これから病院に行って診断、
もし実際そうだとしたら障害克服プログラムなどに通うわけですが
ここまでしないと多分頑固だから動かないんだろうなと思います。
しまお13歳は本当に頑固ッス。

昨日の木曜は学校が休みで電話連絡でこの衝撃事実を知らされたわけですが
今日の金曜日に学校に行って帰ってきてすごい衝撃事実第二弾を聞かされました。

しまお13歳の学年は、25人程度のクラスが3クラスあるのですが
しまおの隣のクラスの子、半分ほど格下の学校に転校だそうです!!!!

怖っ!
ドイツ、容赦ないッスね。

だったら一緒に格下に流れればいいのにと思いますが
ドイツ語の発音とシャイすぎるところがネックなだけの男なので
そこは買われているっぽい。

ってことで障害扱いは愛のある対処だったのだと受け止めてます。

ちなみに先日、確か数か月前にしまお13歳がその小児科で人間ドッグを受けた時に
言語障害チェックも同時に行っており
「問題なし」という結果でした。

また同じ先生に診てもらう予定なので
どうなるか楽しみです。

しかし日本だと授業中は先生がたくさんしゃべって生徒は一言もしゃべらないというのが
多分スタンダードだと思いますが、
ドイツだと全員しゃべりっぱなしという世界。。。。
ほぼディスカッション方式です。

こんな状態でよくもまあ友達がいたり勉強ができたりするねと
むしろ感心していたのですが
やっぱり学校だけじゃダメで、家でもしっかり3時間くらいはドイツ語漬けにならないと、
要するに人の3倍くらいやらないとダメだと思います。
日本人がヨーロッパで頑張る場合。

その点しまお11歳の頑張りがすごく、
とにかく話しまくり。喧嘩もするし悪いこともたくさんしますが
基本的に授業はガッツリ参加して宿題もきっちりこなして
わからないところはしましまと一緒に理解するわけで
こういう地道な努力(1日2時間はやってます)を1年続けると
あら不思議、ドイツ人よりもむしろできている発音と文法!という状態になります。

ってことでやっぱり何事も努力。
努力を怠る人間はそれなりの場所に行くべきだと思います。

まあ隣のクラスの子が半減したりする中
一応残れたのはある意味快挙ですが
ドイツのギムナジウムにもし入りたいという方、
ドイツ語の基本ができている場合でも1日2時間程度の勉強
ドイツ語の基本ができていないで入る場合は1日5時間くらいの勉強ができるなら
ギムナジウムは余裕でエンジョイできます。是非おススメ。

まあ勉強って言ったって単語を引いてひたすら覚えるだけなんですけどね。

それとドイツ語でこんなに苦労して意味ないじゃんと思いますが
日本語でいろいろ勉強しても結局大人になって忘れていることが多いんだから
まあドイツ語でも一緒かな
どころかむしろこういうディスカッションの場が多い方がつめこみ方式じゃないから
理解度も増すし交渉能力やプレゼン力が増すのではと思ってます。

ってことで大人しくてシャイなごくごく普通の日本の少年のしまお13歳が
ドイツに来たら積極的な性格になり口数を増やすことを求められているわけです。

性格を変えろという学校からの指示と受け止めましたが
本人は一応やる気です。

まあ大声でたくさんしゃべることはいい事なので
これを気に頑張ってもらいたいもんです。










6/19/2014

言語障害事件!

軽く大事件?が起こってしまったぜ。

今日はドイツのギムナジウムは全校休み。
Abiturという全国共通一次みたいなのがある為休みなわけです。

そんな休みの中、予想していた事態が勃発しました。

何と学校の担任から電話があり
しまお13歳、言語障害の疑いありで、医者に行けとのことです!!

正直、やっぱりなと思いました。
多分言語障害はこいつが怠惰なせいだと思います。

しまお13歳、反抗期な上に、もともと口数が少なく、物静かな性格。
それが外国に来てドイツ語で日々頑張ってる上に
矯正器具の金具をがっちりつけてるわけです。
発音は悪いに決まってます。

まあもともと、赤ちゃんの頃から発音は悪い方でした。
「つ」とか「し」という発音がとにかく苦手。

でも日本語や英語だとそれくらいカバーできていたのですが
ドイツだとSとかZとかつく発音が異様に多くて
そういうのも先生から目をつけられた原因です。

しまお13歳、別に目立って発音が悪いわけではないです。
むしろクリアーな方。
多分このノリで日本に行ったら
日本語の教科が得意なだけでなく英語もドイツ語もできる最強人間なのに、
ドイツの学校、それもギムナジウムというレベルの高い学校にいると
言語に障害のある平均以下の人間とみなされているわけです(涙)

このところ、前にも書きましたがしまお13歳の電化製品、本も何もかも全て取り上げてます。
あまりに怠惰すぎる思春期男なので戒めのために。

ただ今はワールドカップ開催中なのでサッカーばかり見てしまい娯楽漬けなわけですが
このまま取り上げたままで生活習慣を変えていこうという試みをしてました。


が!学校に不意打ちで先手を打たれた感がありますね。
明智光秀にやられた信長みたいな気分ーーーー!

ということで先生から電話を受け、長電話して
子供に事情を話してから、先ほど早速小児科にアポをとって数週間後に行ってきますが
まあどういう判断が下るのか興味アリです。

ちなみに、なぜ医者に行けと言われたのかというと
確かに発音は不明瞭なところはあります!発音下手です。
しかも弟のしまお11歳としましまは普通にうまいので
比較してしまうとしまお13歳だけ異常に下手なので病気じゃないかという判断らしいですが
こういう場合は是非ともしまだんなにあってもらいたいもんです。
多分しまだんなと話すと、
「ああ、普通の日本人の人が外国語を話すと普通はこの程度なんだね」と理解できるはずです。

別にしまだんなの英語が下手だとは言ってませんが
しましまとしまお11歳の特徴として
基本的に物まねが得意で、物おじせず誰とでも異様にしゃべるタイプなので
外国語学習に適した能力があるのだと思ってます。

一応先生には弁解というかいろいろ言ってみたのですが
本来だったらドイツ語の成績が悪いので、ギムナジウムには残れないで転校させたいそうですが
日本の子でドイツに来たばかり、そして算数と英語の成績がぶっちりぎりでよく
他の教科もそこそこ普通でドイツ語だけが宿題もしないし発音も下手なので
医者に行って指導を受けて残るという行為が可能だと言っていたので

多分ですが、まあほぼ確信的に思ってますが
こいつは「病気扱いでギムナジウムに残留」という手段で残るパターンならなんとか残してもらえる??
のだと理解してます。

ってことで、基本的に日本人学校に行ってもらいたいので
説得しまくってるのですが
しまお13歳自体がギムナジウム残留にこだわってるので
毎日激しいドイツ語音読とドイツ語学習をするならOKという許可を出してみました。


よく言語障害という診断が下りる子がいると思いますが
とにかく話しまくることが必要だと思います。
口まわりの筋肉とか下の動きも鍛えられます。

特に日本語は口を動かさないでも話せる言語で
むしろ読み書き系言語ですが
ヨーロッパ系の言語は会話中心の文化なので
発音とイントネーションがきわめて重要!

単語を書いて覚えることも大切ですが
書きつつ音読、ひたすら音読が鍵でしょう。
よく英語学習で黙読とかCDだけ聞いてる人がいますが
そんなのするくらいなら何もするなと言いたい!

むしろそんなことをするくらいなら
黙読でなく音読、またはCDと一緒にトーク、
そして気づいたことを英語でガンガン言ってみたほうが
力がつくはず。

っていうことで
沈黙は金とか高倉健とか一切通用しないぜ!という話でした♪

しまお13歳、病院おくりということで若干目覚めた??みたいで
激しく音読しております。
頑固なしまお13歳を変えてくれた担任に感謝です。

とりあえず本人が頑張れるというので頑張らせますが
いつも頑張りが3日と続かないんで
その暁には日本人学校という方向も考えています。
一応こいつが本気で頑張った時にどう動くのがものすごく興味があるので
強制的に転校をさせることなく今のところ軽く泳がせてます♪

でもなぁ。日本人として日本にいたら
こんな苦労はしないで済むわけです。
しかもドイツの人が英語を話すとものすごく上手に即学習できるのですが
日本語からドイツ語となると
しましまやしまお11歳でこのレベル話せるようになるのがむしろ奇跡というのを
担任にはマジで理解してもらいたいですね。

病気扱いじゃなくて格下の学校に転校させりゃいいのにと思うのですが。。。。

まあでも能力的にはドイツのギムナジウムはさほど難しくはないので
本当にドイツ語だけの問題です。

一応そのギムナジウムは国際色豊かですが
基本的にドイツで生まれ育った子ばかり。
(移民とか難民とか多し)
駐在できている外国人なんて1学年に数人です。
ハンデがハンパないですがドイツは駐在の外国人にでもやっぱり非常に厳しいです。

ドイツ語サマーコース申込み

どうも!めっきり涼しくなり、夏前に夏終了??を感じる今日この頃です。

日本も世界も異常気象ですが、
自然豊かなドイツでもやっぱり異常気象だなというのは実感できます。
地球規模で危機だぜ!
でも人間の力で何とかするしかないぜ!

ということで、なるべく自力でできるエコ的なことは普通に頑張ってます。

ところで、VHSというドイツの市民講座みたいなところで
安いドイツ語コースB2前半とギターコースをとっていたしましまですが、
すでに終了したのでサマーコースに申し込んだら
(サマーコースと言ってもたったの6回限りで7月上旬で終了。
ドイツの夏休みはこういう系の学校は全て夏休み。)

しましましか申込み者がいなくて廃コースとなってしまい
別のコースでも申し込もうかと昨日VHSに行ってきたわけです。

実は最初のコースを申し込んだきっかけは
「もっと低レベルの人と低レベルな文法を使って適当に話がしたいな」ということで
B1のを申し込んだわけです。
しかもWorld wide webというコース名で
一体教室でネット環境の何を学ぶのかという謎のコース。

まあ結局その怪しさとノリの軽さで誰も寄ってこなかったわけですが。

で、昨日、別コースを申込みにオフィスに行ってきたわけですが
しぶしぶ選び出した別コースは
B2レベルの作文講座。

30分以上待って遂にその講座を申し込もうとしたら
「残念ですがB2のコースはすでにいっぱいです」とのこと!!

B1もほぼ埋まっていて、とれるコースがほぼないということで
あきらめたのですが
あきらめついでに、
World wide webコースが自分しかいなくて的なことをたまたま言ってみたところ
担当者がたまたましましまにそのコースのキャンセルの電話をくれた人で
奥に行って別の人と話してから戻ってきて
まさかの参加OKとなってしまいました!!

実はダメならだめでサマーをエンジョイしようと思っていたのですが
まあ言ってみるもんですね!

そして、ドイツの人って引き気味に行くとむしろOKをくれる系なので
前のコースをとるときもコースが半分過ぎたところからの参加OKだったりで
とにかくうまい具合に転がり込む形が多いッス。語学学校系に関しては。

こういうのを運命というのか神というのかご先祖様というのかいろいろ解釈がありますが
結局楽して低レベルのコースをとらないで
難しいコースをとれよという戒め?というか流れ??みたいなものを感じます。

ってことで流れに身を任せるテレサテン方式にすることにし、
7月上旬までガッツリ頑張ろうと思ってます。

最近人と話すことが非常に多くなり
近所の道端で犬を散歩させてる人と話し込んだりとか
スーパーで客同士で話したりとか、
店員と話したりとか、
サッカーの保護者とか、
カフェの隣の人と話したりとかそういうことが多々あり、
(隣人&その子供らとは頻繁に話してます)

最初はすらっすらにドイツ語で話せるので調子に乗ってますが
最後の方結局込み入った話になるとついていけなくなるというパターンとなっていて
だからB1レベルじゃ生活できないんだよなとつくづく実感です。

多分次のB2後半コースをこの9月から来年1月までとった時に
結構イケてるんじゃないかという気がしてます。

しかし中毒患者のごとくワールドカップを見てますが
やっぱりRobbenは強い!
そしてスペインが弱くてびっくりー。
しまお13歳の分析によると、若手が育ってないのが敗因だそうです。

6/17/2014

頑張れ日本!!


いやあワールドカップドイツ戦盛り上がりましたYO!
昨日はドイツ時間の18時からだったもんで、もう18時の試合に急ぐ道路事情がそれはそれは面白かったです。みんな必死!
実はしましまも必死でした。
なぜならしまお11歳のサッカーが17時半までだったんで!

ドイツのパン屋のサッカーパン


庭でスイカを食う子供ら&デイジーや芝生を食うしま犬


ドイツのアディダスでネット購入したユニフォーム上と靴下。
うちの場合、実際に週3くらいで使ってるのですでに元は取ってます!
ドイツでは日本のユニフォームのズボンが買えないところがネック。

しまお13歳(でかい!160cmはとっくに超えてます。)は香川。
しまお11歳は内田を選択。


しま犬は今日しましまがバリカンでカットしました。

ドイツ戦は点を決めるたびに近所で何発か花火が上がるんでそれはそれは楽しかったです。

でも相手が頭突きしたり、クリロナ(超イケメン!イケメンだけではなく誠実そう!)にパスがとにかくまわらなかったり
チーム内の雰囲気も悪そうなポルトガルとか
審判がなんだかすごい感じである意味楽しめました。

しかしドイツのサッカーは地味です。
地味だけどかなり好きになってしまいました。
こんな地味で慎重で結束力だけがやたら強く、
別にとりわけうまいというプレイヤーもなく華麗でもないし
イケメンも一人?くらいしかいないし
しかもものすごくフェアなプレイ。

まず相手に掴み掛ったり反則行為もしないで地味に強い。
こんなチームって日本とドイツ以外にあります??

ってことで、ドイツの試合を見て、日本もまだまだいける、
ただしやたら不調そうな香川さえ気分が上がれば!!という感じです。

6/16/2014

ワールドカップ。ギター動画

今日はドイツとポルトガルの試合だぜ!
ドイツ時間18時からという非常にいい感じの時間なので
これまた見る気満々のしましまです。

ところで皆さん見ました??ワールドカップ!

そもそもブラジル初戦を見て日本人が審判として映っていて
謎の白線をやたらまっすぐ引くシーンが強烈でしたネ。

っていうかネイマール!強っ!
そしてオランダ強っ!特にRobbenが!

いきなりの連日の2戦がすごすぎて、その後の試合が下手に見えてきてしまってます。

特に日本の初戦、ドイツ時間朝3時だったのですが
強引に起きてみましたYO!
本田が得点して「あれれ?意外に日本強いの??」と思っていたら
やっぱりの年長者ドログバ出現で一気に場の雰囲気が変わってしまい
変なミス連発で逆転で負けてしまい
やっぱり日本は弱いのかとがっかりです。それも朝3時に起きてんのに!

まあ確かに、相手選手の胸筋!にも問題アリだと思います。
戦う相手にしては胸筋ありすぎです。
あんなに胸のある人間います??
あたりも強いし真っ黒に黒光りする肌で
剃りあげた頭には、浅草で見る金色のうんこみたいな銅像が乗っていて
マジで浅草を思い出しましたYO!

昨日は白襟のユニフォームが超オシャレなフランス戦を見ましたが
まあ勝ってましたがオランダに比べれば格下?なんて思ってしまいました。
しかしあのユニフォームはオシャレですね。
襟がついてるのにぴっちぴちで、靴下は赤!
むしろサポーターになってあのユニフォーム着たいです。
イタリアも襟がついててオシャレ!オランダも濃紺で胸に赤のバラ?みたいなのがオシャレだったぜ!
(でも今回の日本のユニフォームはイマイチ感アリ。若干ダサ目に感じるのは気のせいでしょうか)

日本ではどう報道されているかわかりませんが
香川が使えないならソッコーで元気な人間と変えるべしと思いました。
でも、途中垣間見る内田がかっこよかったです♪


そんな内田のユニフォームを着るしまお11歳。
これを着てサッカーの練習に行ったら、コーチや友達から
「なぜ岡崎を着ないんだ!」と言われたらしい。


しまお13歳が撮影したしま犬。
なんだか美しい系オーラを発してます。
口からはすごい口臭発してるのに!
子供が撮影すると自分とは違う世界観で撮れているところがびっくりです。

それと!
しましま、先日ギター画像をYouTubeにて公開して現在も公開中ですが
後悔はしてないぜ。
後悔するどころか動画第二弾も公開してしまったぜ。

1回目のは今日現在160回ほど視聴されてるのを確認。
回転率がわかるのがYouTubeの動画のいいところで、
パチンコの回転率を彷彿とさせますネ。
でも、
160人ほどの皆さんにジャイアンコンサートを味わわせてしまったぜ。。。
1週間経つとこういう風に数字が伸びるのかぁと知りました。

1回目のは、ギター 半年 コブクロ なんて入れると
怖いくらいあっさり出てきます。
今日先ほどアップした動画は ギター 7か月 ゆず で検索可能。

一応この下手くそ動画を見て得るものと言ったら、
いかにギターが難しいか、コブクロやゆずがいかに声質&歌唱力があるかという事でしょう。

下手くそ動画をなぜアップするかというと
今後絶対にうまくなるという意志があるもんで♪
あと顔出しについてもですが、顔もとにかくひどいありさまですが
むしろ出すことで顔がまともになる効果を得るために出してます(笑)
あとはやっぱり顔出し動画の方が見てて楽しいし。
それとやはり、日本人の動画は顔ナシ動画が多く、こういうことをしていると世界で戦えないぜということで、こういうひどい顔&年齢&歌&ギターテク&営業目的ゼロなのに出してます。

日本人は本当にいい民族で文化背景が素晴らしいですが、
奥ゆかしい場所では奥ゆかしく、YouTubeみたいにアメリカ初の媒体に乗っかるときは思いっきりガツガツ行く感じに対応していくと世界の舞台でもっと戦いやすくなるんじゃないかなとか勝手に考えてます。

外人で動画を出している人はいっぱいいますが、結構ド下手で出している人が多く
(そして悪評で叩かれまくる)
日本はある程度うまくなってからギター動画を顔アリで出すという行為に出る感じがあります。

今回もド下手すぎて動画のリンクは貼らないので
興味のある人やしましまのブログファンの方は是非検索してみてほしいぜ。
1年くらいたって相当うまくなったらリンク貼るので4649ぅ! 

6/14/2014

ドイツの石鹸Gallseife

どうも!めっきり数日の夏が過ぎ去った感があるドイツ在住しましまです。
寒っ。非常に寒いです&暗い。

ところで、しまだんながYシャツを着用する職業だということで
結婚以来ずっとしまだんなのワイシャツの襟首汚れを洗い続けてきてます。
日本にいたころは、新婚時代は襟首専用の化学的な液体等使ってましたが
その後石鹸へと移行、
イギリスでもドイツでも普通のせっけんで洗ってました。

ちなみに石鹸もいろいろ種類があって、純度が高いもので香料なしのもの、
そう、日本で言う「洗たく石鹸」で体も髪の毛もえりくび汚れも洗っているわけです。

ドイツには石鹸は普通に売ってますが
日本やイギリスほど純度が高くなく、
オーガニック店に行っても香料なしの石鹸は全くなく
むしろいろいろ入っているのがドイツの石鹸。
まあ慣れたので普通に使ってますが、やっぱり日本の石鹸は最高ッスね。

ですが!
ドイツで見つけてもう1年ほど使っている愛用の石鹸があり
それは「牛の胆汁石鹸。Gallseife ガルザイフェ」です。

ちなみに石鹸はいろいろ使っていてもうじき全メーカー制覇くらいの勢いですが
この若干高い牛の胆汁が入っているという深緑色の石鹸がすごくて
高いのでえりくび汚れしか使ってませんがとにかく落ちる!

鼻血率が多いしまお11歳の血液汚れもとにかく落ちます。

またしま犬を週1くらいで洗いますが
基本的に石鹸です。
が、以前しまだんなが間違ってこの石鹸を使ってしまった時に
超きしむのかと思いきや実はふわっふわの仕上がりとなり、汚れ落ちがよく、香料臭も一切なく
マジでこの石鹸はすごいです。

日本でも買えるんでしょうか??
買えるとしたら是非使ってみて欲しいぜ。

ドイツ在住の方は是非その辺のスーパーで買ってみてほしいぜ!

鼻血で思い出しましたが
おとといからまた花粉が出始めたようで、
子供らとしましまに症状が出現。
昨日しまお11歳が電車の中でおびただしい量の鼻血が出てしまい
乗客の女の人3人にティッシュをもらったり助けてもらったそうです。

一人に上を向くよう言われ
別の人が下を向くのが正解と言い下を向かされ
2人とも降りて次に乗ってきた人には上を向けと言われ
面倒だったようですが本当にみなさん親切です。

こういう親切を受けると日本だとその方に直接お礼を言いたいという気持ちになりますが
ロンドンとドイツに3年くらい住んでいると
人の親切は別の人に還元という考えになります。
この考え大好きです!

親切にした人には軽くお礼、
日とに親切にするときも軽いノリで親切にして見返り一切求めず。

この方式の方が親切をするのもされるのも気が重くなくていいなと思います。

6/13/2014

日本人が審判でビックリWorld cup開幕戦

昨日はドイツ時間夜10時から12時までWorld cupを見たぜ!

ブラジルとクロアチア戦。
どっちも強いですが、やっぱりブラジルのサッカーは見ていて楽しいッスね。
普通はサッカーの技術を楽しむわけですが
まさかの日本人審判の出場で萌えるしまファミリー。

審判も楽しめるし両方ともうまいしで
いやあ最後まで楽しめましたが超眠い!

子供らは二人とも夜8時までサッカーをしてきて9時ごろご飯を食べての観戦だったので
しまお11歳は始まってすぐ寝てしまい
しまお13歳も後半戦はダウン!

しかし本当にブラジルうまいしネイマール超かっこいい!

何がよかったって、まさかの始まってすぐのブラジルのオウンゴール。
こういうのがあると結構楽しめますね。
多分ブラジル側は全く楽しめなかったと思いますが。

ところで、昨日しまお11歳が1軍からスカウトされお試しトレーニングに参加したのですが
やったことのないミッドフィルダ-をさせられド下手だった模様。
確かにド下手でした。

やったことのないポジションだと結構できないもんなんですね。

で、今回は2軍から2人と5軍から3人集まっていて
計5人のお試し要員の少年が加わったのですが、
2軍のチームメイトはキーパー枠で参加し、見事1軍昇格が決定しました。

っていっても、確かにこの子めちゃめちゃ身体能力が高い子なうえに
1軍のキーパーがHSVというハンブルクのプロチームのジュニアチームに入ったようで
その穴を埋めるべくスカウトされた模様です。

他の3人の子もどうやら昇格決定したようですが
しまお11歳はまだ未定ということで
来週もお試しトレーニング2回参加してみてから昇格か不合格か決まるそうです。

首の皮一枚状態だぜ!

しかしそういえば1年前もこのサッカー部に入部するにあたって
最初は1軍でお試ししていたのですが、2軍に入れられたので
今回ももしかしたら落ちるかな何て思ってます。

昨日はその2軍のキーパーの子のお母さんと30分ほどずっとトークしてましたが
もちろんオールドイツ語、ネイティブドイツ人で最後の方は消耗しましたね、軽く。

普通の簡単なトークだと意外に持つのですが
だんだん複雑になると結構化けの皮がはがれる系でドイツ語のボキャブラリーのなさが出て来てしまいます。

まあ会話できるだけで十分すごいのですが
昨日は念願の下ネタを炸裂させることができました!!

やっぱりしましまは下ネタあってのしましまですので
ドイツ語でも炸裂できて本当に光栄です。
ここまで上り詰めたかという境地ですが、やっぱりまだまだだなと思うので日々精進!!

6/12/2014

ドイツワールドカップをドイツで見る&子供のサッカー

もうすぐワールドカップッスね!
どうせオリンピックと同様に日本の試合なんて一切見れないのね
と思っていたら、
ドイツでは地上波で全試合見れるそうです。すごい!

でも日本の試合時間が朝3時とかすごい勢いですが
まあおきてでも見るでしょう!

先日買った新聞に全試合の時間表が載ってたので
しま家では家の壁に新聞を貼り付けてます。超でかい!

しかも点数とか書きこめるようになってるし
スタジアムの場所とかいろいろ載ってるので
まさに壁に貼ってくれ状態なわけです。

日本はどう盛り上がってるのか不明ですが
ドイツではいろいろな店で子供用にワールドカップサッカーカード(1000円以上買うともらえる)があったり、
ドイツの国旗の色の(黒、金、赤)旗とか服とか小物とか菓子とか売られていて
一瞬嬉しくて買おうと思うのですが、黒とかの色のついたM&MのチョコとかHariboというグミとか
結構味的に厳しそうなので
一切買ってないッス!

っていうかドイツは強いんできっとドイツを応援したら楽しいと思うので応援しますが
やっぱり日本だろ!基本弱いけど昔よりは強いから応援する気満々ですYO!

Hamburgで一番デカいスポーツショップにこの間行った時に
世界各国のユニフォームが売っていましたが
まさかの日本以外という状況にビビりましたNE。

韓国のユニフォームもあるのになぜ日本だけないんだ!!
ということで、ドイツのアディダスのサイトで現在注文中ですが
アディダスってドイツメーカーだったんですね。
くそ安いです。日本のほぼ半額でお買い上げ可能という。。。。

ちなみにナイキというアメリカブランドもありますが
ナイキはバルセロナ系のユニフォームを作っていて
あとはシューズなどもありますが、基本足が細い人用に作られてます。

その点ドイツの靴は基本幅広にできてるので
きっとアディダスも幅広系が多いのはドイツ発祥だからでしょう!

っていうかマジで知ってました??
アディダスがドイツのスポーツメーカーだったということを!!
あとエピペン(アレルギー用の注射)もドイツ発祥。
ドイツは本当にいい感じで実用的で素晴らしいです。

・・・と言いつつ卓球用具は日本製がすごいですが。

ということでスパイクとか「えっ?」っていう驚きの安さで買えます。
昔はしまお13歳はナイキ派だったのですが
アディダス派になり、二人とも通学用もサッカーもアディダスばかり履いてるし
何気にジャージ類は全てアディダスでそろってます。
安くて種類が多いし質もいいから選んでしまうもんです。

ところで本題。
前置き長っ!!

しまお11歳のサッカークラブでは
現在2軍で頑張ってます。
来シーズンから9人制になるということで5軍あるチームを3軍に統合するのですが
まさに青島製作所VSイツワみたいなノリです。
(YouTubeでしまファミリー全員で視聴中。ルーズベルトゲーム)

1軍はぶっちぎりで強いイツワみたいなチーム。
2軍は青島製作所みたいな地味だけど頑張ってるチーム。
それ以降は初心者軍団という感じです。

で、1軍はそのままで足りない人員を補充、
2軍と3軍はうまい順に分ける方式となるので
当然2軍だろと思っていたのですが、

先ほどメールが来て、1軍からスカウトされました!!
と言ってもまだ決まったわけではなく
しまお11歳がなかなかうまいといううわさを聞いたので
トレーニングに参加してみませんかという誘い。

これでうまく行ったらまさかの1軍入りです。
ってことは卓球をやめなくて済むという。

ただ、1軍は子供がみなさんサッカーセンスがあって性格も若干スカしてる系なので
青島なのにイツワでやれんの?という気もありますが
青島の心でイツワってもらいたいもんです。

しましまとしては非常に嬉しいですね。
しまお11歳も下手なグループでうまい方だったら
うまいグループで下手だけど向上していきたいタイプらしいので
サポートしていきたいッス。

余談ですがいろいろなものを取り上げたため
サッカー部がない日は、しまおらは夕方二人でサッカーしてます。
健全!



6/11/2014

ドイツ語VHS夏コース

夏休みの間だけ若干短期でドイツ語コースでもやるかということで
先日VHSというアダルトスクール(日本語だと市民講座)で
短期コースを申し込んできました。

来週から始まりたった3週間(計6回)で終わるぜ!
とわくわくしていたら、
先ほど携帯に謎の番号から電話がかかってきて
その申し込んだコースがなくなりましたよという悲しい知らせを受けました。

申し込んだコース、今ネットで確認しましたが
コースそのものがすでに消し去られていて
やはり電話の主は詐欺ではなくリアルVHSスタッフからのものだと判明。


歯医者詐欺事件の後から人をとりあえず疑うしましま♪
だってしましまの語学意欲を阻む人間もいるかもしれないわけですから!

しかしあれですね、
申し込んだコースですが
World Wide Webというコースで、
要するにインターネットについてみんなで学ぼう、それもドイツ語でねという趣旨。
そもそもパソコン持参なのかどうかも不明だし
一体何をどう学ぶのかも不明すぎるのですが、
時間が午前中で場所もいつものところだったし
謎だったので申し込んでみたら、

・・・・・そういう趣味の悪い女はしましまたった一人だったようです。

そう!そのコース、しましましか申込者がいなかったらしい(苦笑)

むしろマンツーマンで開催しろよと言いたいところですが
職を失った先生もつらいだろうなと、
さしで話し合いたいくらいです、もちろんパソコンで!

やっぱりタイトルWWWをドイツ語で!っていうのが謎なんでしょうね。そもそも。
しましまだったら「最新ニュースをネタにディスカッション」とか
「ドイツ語でレッツプレゼン。自国の文化紹介」とかいうコースを作りたいッスね。
多分鬼のように申込者が殺到するはず。

要するにみんな、ドイツに住む外人ってのは、会話する場所、発言する場所を求めてるわけです。
やっぱり文法ももちろん大事ですが、
人とコミュニケーションをとるといろいろあって楽しいわけで
こういう話し方を学ぶ場所という機会は非常に重要なわけです。

せっかくやる気になったのに、しましまからこの機会を奪いやがって。。。
ということで別コースに申し込もうかなとか検討中。
ORこの際徹底的に庭の雑草を抜きぬいたところの芝生に種を埋め込むのもアリか?とも思ったり。

まあこういう事ってなるようにしかならないので
テレサテン方式、時の流れに身を任せるしかないッス!






エレキギターを物色中!

どうも!性懲りもなくエレキを買う気満々のしましまです!

昨日ドイツ語のB2クラスの最終日でした。
最終日と言ってもB2コースの前半が終わっただけで、後半もあるという。。。。
9月からまたとりますが。

基本的に学校には通いたくないのですが、
やっぱりギタークラス(これも9月からまたとります)があるからモチベーションを保ってるんだろうなと思いますね。

子供らもなぜイギリスでも現地校で頑張り
ドイツでも現地校で頑張っているかというと、サッカーがあるからでしょう。
サッカーははっきり言って日本よりもイギリスが優れていて、
イギリスよりもドイツが優れていると思います。

一般人の子供に対しての教え方とか戦略が。

やっぱり現地校に通わないと現地のサッカー部に所属しづらいわけで
サッカーを現地でガッツリやりたいから現地校でも頑張れるという単純構図ですね。

まさかのしましまもこの単純構図にはまってしまい、
今まではビザ取得のため、コミュニケーションのためでしたが
やっぱりドイツでギターを上達するためにはドイツ語が必須なわけです。

で昨日はそのコースが最終日でしたが
最終日=軽くパーティーというのがスタンダードで
先週そういう話が出ていたのですが、お流れに。。。。

基本的に仲の良い人とだけ集まってランチをするという行為も好きですが
しましまは別に仲良くもない人たちと大勢でランチをするという行為が結構好きで
先生とクラスメートと飯を食うということで結構張り切っていたのですが
教室に先生一人残り、
人生ってそういうものなのね、先生って結構さびしい職業??と改めて思ってしまいました。

日本だと先生と生徒のつながりって結構濃いめで
多分ドイツ人もそういう感じの気質があるっぽいですが
その他の民族はあまり先生と深くかかわろうとしないっぽい気がします。

まあ残念だったし、先生とさしで飯を食うという行為もどうかと思ったので
授業後はギターショップに繰り出しましたが
次回のB2最終日にはしましまが仕切れるくらいにまで人間性をアップさせたいと
ひそかに考えてます。

で、ギターショップ(いつもいっている方)に行ってエレキの品ぞろえをみて
軽く何本か弾いてみましたが
アンプとヘッドフォンが置いてあってとにかく楽しい!

こんなにめちゃめちゃ弾いても静かな音しか出ないのに
アンプを通すとそこは不良ワールド!
ブィー―――ンという音が炸裂です。

色々弾いてみましたが、基本的にエレキの音色は大体同じで
あとはデザインで価格が決まるという感じです。

パッと見ていいなと思うのはやっぱり20万レベルです!
で、これ超ダサいぜと思うと2万以下レベルですが
まあエレキの場合は音はどれも変わらないから安いやつを買って
むしろアンプのグレードをあげたい、そう思ってます。

基本的に機械好きなのでアンプでいろいろ調整するとここまで楽しめるとはと
リアルにびっくりです。
しかも前も感じましたが、筋トレと日々の弾き語りのおかげで
エレキの重量を全く感じず!

とりあえず弾くだけ弾いてせっかくだから「弦」を
子供のクラッシックギター用と自分のアコギ用にと買ってきて弦交換しましたが
弦交換も何もかもギターの世界は楽しすぎ!

ギターショップには相変わらず男性ばかりですが
昨日は若い男の子に安アコギを買ってあげている50代くらいのお母さんがいました。
そうそう、やっぱりギターはまずはアコギでしょう。
そして気づくはず、アコギは結構うるさいからエレキの方が近所迷惑ではないことに。。。

しましまがエレキを買う理由は家族や近所に迷惑をかけないためです。
実際ピックを使って弾きたいのですが超うるさいのでアコギを指のみで弾いてますが
ピックを使って弾くことに意義を感じているため
ピックを使っても全くうるさくないエレキという方向に行っているわけです。

多分エレキでピックを使って弾き始めたらアコギも上達するんではないかと考えてます。

それと、エレキ界にはいろいろな形のエレキがあり
カブトムシ系とクワガタ系の二種類に分かれてます。

クワガタ系は角がものすごいある形で
カブトムシ系はひょうたんっぽい形。

しましまはヒタラクワガタとか好きですが
突然いるカブトムシのメスに萌えを感じることもあり
やっぱりエレキはひょうたん型(カブトムシメス型)を選んでしまいたくなります。

多分ハードなロック系の方はクワガタなんでしょう。
また、クワガタ系エレキは色も派手で安めです。

しかしカブトムシ系は木目調とか色合いが絶妙系で若干お高め。

悩む!・・・と言いつつ安いカブトムシ型を狙ってますが。

6/10/2014

海外のアレルギー事情&思春期の子育て

しまテストジャパン 海外のアレルギー事情ページ

↑こんなページを書いたので興味のある方は是非見てみて欲しいぜ!


しかしあれですね。
とにかく時間が足りないしやることが多い&やりたいことが多すぎて管理できてません!!

そもそもドイツ語の勉強というのが一番のネック。
でもこれをしないと何も始まらないという。。。。

それはそうと、しまお13歳の反抗期的な行為がまた勃発し
とにかく面倒がくそ大変です。

基本的に整理整頓能力にかけ、ダラダラした感があるタイプ
いい意味で「自分を持っている」タイプなので
時間に追われている場合こいつと一緒にいるととにかくイライラします。

多分、KATUN以上に、ギリギリでいつも生きていたいみたいです、この人。

ということで、再びいろいろなものを取り上げました♪
取り上げたもの
1.こいつの大好きなPS3
(ヒートアップが原因で壊れた本体を、しまだんなの会社の同僚が分解して直してくれてまた使えるようになりました)

2.携帯(ソニーのスマホ)

3.キーボード

4.歴史漫画や本

5.ルービックキューブ

はっきり言って全部ですね、全部。

7月上旬で学校が終わるので
学校終了までに下記のことができたら返却という約束にしてます。

やってもらいたいこと
1.あいさつ(おはようございます、行ってきます等)
2.部屋の整理整頓(元の位置に戻しましょう)
3.身だしなみ(朝髪の毛をとかし、顔を洗いましょう。夜は石鹸を使いましょう)
4.学校関連(プリントや連絡は必ず帰宅してすぐに親に伝えましょう。宿題をしましょう)
5.部活関連(部活の用意は直前にしないように。使った水筒は台所に出しましょう)


ごめん、幼稚園レベルのことがいまだにできていない男です。

しまお11歳は朝青竜OR西田敏行みたいな風貌ですが
本当にきっちりしてます。

なのに兄のしまお13歳はとにかく何もできてません!

同じように育てていて、またむしろ13歳の方が2年長く生きてるのにこの差は一体??

子供のしつけは多分親の力ではなく産まれながらにして持つ資質、そう、DNAだと思います。

一応しましまはこの1か月にかけてるので
是非とも人間として最低限度のことはやってもらいたいもんですネ。
本当に一人こんな基本事項もできない子供がいて情けないッス。

またこういう制度が不満だったら家から出ていけとも言ってます。

鬼親でしょうかねぇ。
でもこの13年間いつもいつも注意して、注意すれば軽く直すのですが
思春期に入って逆らったり無視したりするわけで
別にこれが日本だったら多分自分で学校に行ったり部活をしたりして親の出番がないのでいいのですが、
ドイツだと親の送迎とかそういうのがすごく多いので
こんな奴のために送迎とかこいつの親として頑張るのが嫌になってきたというのが理由です。

ということで親としてではなく人間VS人間でぶつかり合ってる次第です。

反抗期の気持ちは充分わかるんですけどね♪

6/08/2014

Turnier 少年サッカーのトーナメント

土曜日はしまお13歳のサッカーのトーナメントに行ってきました。
午後からのこのトーナメントは登録した数チームが集まって総当たり戦をし
その試合だけで順位が出ておしまいというまあキリンカップとかそういう感じです。
普段の土曜日、5月までの土曜日の試合というのは
プロと同じプレミアリーグとかブンデスリーガとかJリーグみたいな感じで
順位に直接響く系。




こんな感じですごい真夏日、でももちろん30度なんて絶対にいかないので
木陰はすごく涼しく基本的に風は冷たいのですが
その分太陽光線が強すぎて超危険!
太陽に当たると激しく消耗しますね。

日本の夏は暑くて厳しいものの
太陽の照りがきつくないから自分的に好みッス。

で、午後7時くらいまで試合があり、
そのあと別のパブみたいなところに移動して親子全員で食事。
帰宅が10時過ぎという。。。。

実は全員の親がその場にいたわけではなく
しましまは1試合だけ見て帰宅し、そのレストランみたいなところに8時半に迎えに行ったら
まさにこれから食べますよという瞬間で
しましまも居座ることになり、オールドイツ語の世界でしたYO。

1年10か月ほど滞在してまあ普通に、オールドイツ語で会話ができるようになりましたが
やっぱりまだまだだなと実感ッス。
ただ!B2の勉強をしていることもあり、やっぱりいい感じの文法使いなので「うまい!」と言われるだけでなく
人が言っていることはよほどのスラングや内輪ネタでなければ普通にわかるようになったんで
昔に比べたら相当楽!全然楽!
最近めっきり楽になったのでまず緊張感がない会話ができるのもいいッスね。



↑こんな感じでオープンカフェ?状態で夜10時まで騒ぐ少年ら。
本当によく溶け込んでいてすごいなと思います。

しかし駐在員という仕事を説明すると
会社が家族の移動の決定権を持っていることに相当びっくりされます。
特にハンブルクで接しているサッカーママ友や卓球ママ友らの場合
地元で生まれ育って結婚したパターンが多く
またアジアからの駐在員がこういうローカル部活に入っているケースがリアルに稀ということもあり
心底びっくりされます。
江戸の参勤交代という文化が平成の今もなお息づいているというのが感じられる今日この頃です。

そういえば中国や韓国、台湾などの会社も日本と全く同じ制度で
人事異動制度は日本と全く同じッス。

それと、こういうサッカーのトーナメントとかに出てますが
しまお11歳の方も13歳の方も、リアルにアジア人が一人もいません。
超アウェイ!
まあ、ドイツの皆さんは本当にやさしくて親切なんで楽しく生きてます。

とはいえ、先日、スーパーで
「白アスパラ自動皮むき器」を勝手に作動させて皮むいてしまったしましまですが
それを店員に発見され超怒られましたが
超謝ったら完全和解!
ドイツ人の特徴として日本とそっくりなので
誠意をもって謝罪するとものすごく許してくれます♪

しかし白アスパラ皮むき器、すごく画期的な機械なので
是非とも動画撮影したい!





6/07/2014

ギター動画公開してみた

どうも!公開したことを若干後悔しつつ
非公開で後悔しないより、公開して後悔する方をあえて選んだ女しましまです!
動画がどこに載っているのかは、適当に探してみてください♪
探せばあっさり見つかるはず。そしてショックを受けるはず!

しかしあれですね。
勢いで撮影して勢いで昨日の夜アップロードして
1日経過してみてみたら45回のアクセス数の表示が出てました。

そしてYouTubeの特徴として
表示に関していろいろカスタマイズできますが、
あえてカスタマイズせずそのままにしてるのですが
いいねマークとダメだねマークがあり、
いいねが1票、悪いねが1票すでに入ってます。

コメントも2人から来てます。
一人はかわいい感じの同じく初心者系の方でその人も弾き語り動画をいくつか公開してます。
もう一人は歌もギターも激ウマの若者男子で、指のフォームに気をつけろとの指摘が!

↑これですよ、これ!
この指摘をいただくのが醍醐味ッス。
はっきり言ってうまい人らから指導をしてもらうために公開したようなもので
本当に公開してよかったと思ってます。

で、40歳の女がギター歴半年で弾き語りの動画を顔面アリで公開するにあたって、
本当にいろいろ考えたのですが、
顔面を出さないで公開するのって
覆面レスラーと一緒ではないかと思い、(思いが伝わらないっぽい)
やっぱり顔を隠すのはどうかなということで顔面を出しました。

日本で動画でギターを弾いてる人って
基本顔を出さない人多めですが
海外だとみなさん顔をむしろ出したいという人が大勢で
またどの顔を見ても一般人ということもありさほど重要でない?という気にすらなってきます。

ってことで、顔が恥ずかしくて手元オンリーで動画公開するなら
ギターすら弾くなよ自分!くらいの勢いになってしまい
また、上手くなってから公開しようなんて甘い考えは捨てて
とっとと公開して冷静に下手さ加減を目の当たりにしたらどうだ自分!という戒めもあり
公開したわけです。
っつーかそれもありますが、エレキギターが買いたくて、
まずけじめとして公開して自分のギター力を冷静に判断したくなったという理由が大きいです。

しかしあれですね、
いいねマークも悪いねマークも厳しいもんですネ。
別に評価されるために公開してるわけではないのですが
やっぱり評価されるとなるといい評価をされたいわけです、人間だもの!

で思うわけです。
悪いねマークを押した奴誰だよこの野郎みたいに。。。。
でも、実際のところ
顔、年齢、歌声、声質、歌い方、そもそもギターテク
何もかもヘボい=悪いねですので
実際押されて当然なのですが、
ブスに向かってブスというのは本当にご法度です。
かといってブスに向かって美人だねというのもご法度。

って言ってると何も言えなくなるので
やっぱり本当のことはストレートに言ってもらいたい。
もうガンガン酷評入れろくらいの勢いですよ。受け側としては!
ある意味そういう覚悟で顔面出してますYO。

でも受け側とはいえ実際ジャイアンみたいなリサイタルをしているわけで
ある意味公害??を引き起こしてる??感はあります。

ただ、動画を公開してみて思ったのが
ジャイアンってなぜリサイタルを開くのかちょっと気持ちがわかったかもしれないなってこと。

多分ジャイアン、自分が歌が下手だって知ってると思います。
だからジャイアンリサイタルを強引に開いてるわけです。
そしてわかってるけど「うまいね」と言ってもらいたい。

でもそれじゃあジャイアンに成長はないわけです。
ワンマン社長にも未来はないぜ!
本気で歌が上手くなりたいなら酷評を受け入れないとです。

とりあえず勢いでろくに練習もせずに弾いたコブクロ。
ギター歴半年ですが、基本的に弾いているのは長渕です。
が、長渕のギターコードが単調すぎて
コードチェンジ多めの難易度高めのコブクロにしてみて
しかも勢いで二番の最後まで歌いきってますが
弾いてみて思ったのが、まず蕾という歌、こういうギターの弾き方じゃないッスね(笑)

でもいいんです!
自己の上達のためにあえて恥を承知で出してるわけですから!!
この悔しさと恥ずかしさをばねに、
(要するに恥ずかしいからリンク皆さんに教えないという行為に出てます♪
探せばあっさり出てきますが)
1年後の動画はかなり上達してるはずです。こうご期待!

と言いつつ多分1年後じゃなくて1か月ごとに公開しようかなという考えもあり。
まあ成長記録ッスね。

それと、プライドの低さだけが自慢なので
ダメな動画を公開してますが、
多分ほめられても伸びますが、ほめ方もリアルにツボに入るほめ方じゃないと動かないタイプ、
かつ、ダメだしされて悔しい思いをしないと伸びないタイプだなと(ドM)
改めて発見することも多かったです。

とりあえずギター半年記念として、コブクロを弾いてますんで4649♪
弾けない人から見たら多分「弾けるじゃん、すごい!」ですが
コブクロ好きな人やギターがわかる人からしたら「最悪だネ」ということになるでしょう。

最悪だと思ったら迷わず「ダメね」マークを押してください。
またYouTubeでもこのブログでもいいので、どこがダメかコメント入れてもらえると光栄です。



6/06/2014

ドイツの修学旅行。11歳編

1泊二日であっさり帰宅したしまお13才の修学旅行(クラス旅行)がありましたが
実は出発時期が同じでも、しまお11歳は4泊5日してきて
先ほど無事帰還しましたYO!

駅のホームに親が集合するのですが
電車から続々降りてくる子供ら、つまんなかったオーラが出まくりの子多数、
輝いている子も数人いましたが、
しまお11歳は輝いている子の部類でした。ほっとしたーーー。

黒い帽子が塩ふいていて何本も塩のボーダーができて模様っぽくなってましたが
行った先がバルト海沿岸のユースホステルだったので
砂浜遊びや潮風に吹かれたり
そしてそもそも大量に汗かくタイプなので塩出まくりだったようです。

Hamburgはドイツのかなりの北部なので
クラス旅行=バルト海のユースホステルに15,000円で4泊5日プラン
がスタンダードのようです。

ってことでしまお11歳のクラスはそこに行ったそうですが
劣悪環境でトイレも寝室もすべて汚く
当然しまお11歳は皮膚じっくじくで戻ってきました。

実はそうかと思って塗り薬を持たせたかったのですが
本人が拒否ったので持たせず
でも寝るときにやっぱりかゆみが大発生し(肘裏側とかひざ裏部分)
先生が手持ちの塗り薬を塗ってくれたらそれでじんましんが出てしまい
それはそれはすごいことになってます。

塗り薬もオーガニックだからいいとかオーガニックだから安全と思いがちですが
そういうのに限ってナッツ系オイルとかハーブが入ってるケースが多い
っつーか100%そうなので
むしろ何も塗らないに限ります。。。。ナッツやハーブアレルギーの場合!

しまおらのクラスの子はホームシックにかかった子がたくさんいて
女子全員としまお11歳のペアの男の子が泣いてたそうです。
日本で小6くらいだとここまでひどいホームシックはないのでは??
むしろ軽く家が懐かしく思いつつも友達とエンジョイするのではないかと推測です。

しまお11歳は遊園地とか水族館はまあほどほど楽しみ
基本は海辺でビーチバレーとかで遊ぶのが楽しかったようで
ホテルや食事は最悪、おかげで皮膚状態激悪化で
精神的には普通ですが肌的に苦労していたようです。

そこの施設には別の学校の子も泊まっていたそうで
夜のディスコパーティーでは
別の学校にかわいい女子がいたそうで
しまお11歳のクラスの仲良しの男子二人がその子を気にいってナンパしたものの
一人はふられ、一人はOK(携帯番号の交換)ということで
そんな人間模様もあったらしい!

こういう子たちはまずマザコンではないので泣くことは一切なく
気持ちがほかの女へ向かってるのである意味健全?なのでしょう。
常に泣いていた男の子は常に家に携帯で号泣しながら電話をしていたそうで
まあいろいろな子がいるよななんて思いました。

あとは、子供だけでなく親が先生の携帯に電話をかけ
その旅行先まで訪問して来たそうです。
そういうケースもあるのか。。。。。

しましまは月曜日、しまだんなも出張、子供ら二人とも旅行で
まさかの家に一人!!
今日はこれで全員そろったので普通の生活に戻ります♪

そういえば自分が子供の頃旅行に行くと
「親は自分がいないからきっとさびしいと思っているに違いない!」と思っていたタイプですが
実際そう思う親とそう思わない親(しましま)がいるので
いろんなタイプがいるよなと本当に思いました。

しましまは担任の先生に対してただただ尊敬の念しかないッス。
よく2人だけで25人も引率したよなぁ、立派だなぁと思ってます。

思っているだけじゃなくしっかりドイツ語で伝えてきました。

6/05/2014

しまお13歳ギムナジウムクラス旅行

月曜日に出発し火曜日の夜に帰宅したしまお13歳。
ドイツの学校では年に一度6月くらいにクラス旅行があるそうで、
学年単位じゃなくてクラスでの旅行。

だから先生が勝手に行先を決めるという。
先生二人と生徒20人だからある意味お手軽でいい制度だなと思ったり♪

集合は中央駅のホーム。
電車でブレーメンに行き、ユースホステルみたいな場所に泊まって観光して帰ってきましたが、
相当楽しかったらしく笑いが止まらないしまお13歳。

しまお13歳のクラスは女子が多くて男子がたったの8人なので
常に8人で行動してたそうで、
ついてすぐの昼食はマック(マクドナルド)、その夜もマック、
翌朝はユースホステルの朝食、その昼はまたマックということで
3食マックだったこいつら。。。。

しかも!先生から25ユーロと言われていたのでそれだけ持たせたらやっぱり足りなくて大変だったらしく、
最初の昼マックで10ユーロも使ってしまい(チーズバーガー4個、ポテト、コーラ)
節約のためにその後はチーズバーガーとハンバーガーになり
ハンバーガーだけで計14個食ったそうです。怖っ!

とにかく腹が減ってしょうがなかったらしい。

ポテトは腹に溜まらない上高いから頼まない
ということを学んで帰ってきました♪

まあ無事でよかったですが、飽きるほどジャンクフードを食べて
ある意味よかったのではないでしょうか。

ちなみに45キロだった体重が47キロになったらしく
マックをこれだけ食うと2キロ太るのは簡単だということも体感したっぽい。

で、旅行ではとりあえず目的や学習目的みたいなのもなく
ただ行って泊まって自由行動して帰宅して終了。
多分一緒に過ごすことが目的??みたいです。

ちなみにしまおらの旅行、しまだんなも出張していたので
月曜の夜は犬としましまだけが家にいましたが、
13年間で初の夜一人体験!

とりあえず朝しまおらをおくった後はしま犬と一緒にショッピングしまくり。
ドイツは基本的に犬はどこでも出入りオッケーなので
ピザ屋に入れてピザを食い(もちろん足元でとぐろまいてますが)
服は結構な量試着しましたが、試着室にも入りとぐろを巻き、
電車やバスで移動してもひたすら大人しくお座り。

いやああまりに空気のような存在でびっくりですYO。

夜は好きなものを食おうと思っていたので
スモークサーモンとドイツの超黒いパンを買って食いました。
やっぱり夜火を使わない料理は楽&魚と黒パンは最高だぜ!






6/02/2014

しつこくてごめん!再度村上春樹

どうも!村上春樹ワールドにうっかり足を踏み入れたしましまです。
例のあの話を二度読んで納得したかに見えましたが
やっぱりなんだかすっきりしないため、
ドイツ語B2コースの先生に作文を書いてみてもらおうということで
ドイツ語でまとめてみたらあら不思議、見えてきましたYO。
これでようやくすっきりした感があります。

ちなみにくそ長い読書感想文、A4二枚も書いてしまってうざがられるかもしれませんが
(書くのは全く苦にならない派)
提出物好きな先生なので楽しみです。

やっぱり読書感想文は積極的に書くべきですね。
考えがまとまります。
それもドイツ語を勉強していてドイツ語で書くとW効果!

で、何が分かったかというと、
この国境の南、太陽の西という本ですが、
自分が思うに、人間が持つ喪失感(不完全感)と愛の形の二つがテーマだと思います。

喪失感とか不完全だと感じることって
じゃあ何が完全なんだとか何が喪失してんのかって話で
比較しようがないわけです。

また愛というテーマもとにかく書きづらい。

この二つのテーマを同時に書いてしまう技法がすごいとは思いますが
複雑すぎてドイツ語で感想文まで書いちまったぜ!

で、愛についてですが、
愛って何よ!ってことになりますが、
愛にもそれぞれ種類があって、
主人公の男がまず初恋、
その後平凡な彼女ができ、
その後肉体関係のみの女と浮気し、
そこから普通の人と出会ってスピード結婚。
女子が二人産まれたのち
初恋相手と出会って不倫。
その初恋相手は小学6年の時の単なる初恋ですが
37歳まで相思相愛なわけです。
その女は不倫ではなく初恋=純愛⇒心中へ向かいたいのですが
結局主人公の男は心中もOKだったのですが
結局妻と娘のところに戻り、
普通に妻と娘を養っていきたいなと思ったYOという結末。

こう書き出してみると、いろんな愛の形があるわけです。
不倫して妻が許してくれて出戻る夫。
でもこれもある意味愛の形なわけです。
一度も肉体関係なしで20年以上も思い続けているという究極の愛もあるし
肉体関係オンリーの愛という形もあるし
村上春樹はこういう風に一人の男、それも「俺ってどうも不完全」と常に思っている人を主人公にしたうえで、いろんな女性を登場させて愛について表現しているのではと思ってます。

とにかくテーマが二つあるって結構いいですね。
普通の小説ってテーマは一つですが
テーマが二つあることに気づいて(勝手に)いやあスッキリしました。

ちなみにしましま、こういうテーマ性が本当に重要なので
例えばトレンディードラマとか渡る世間にとかテーマがないものが超苦手です。

村上春樹はそのテーマが結構難しい系なのでこういう感じになっちゃうのかなと思います。
湊かなえなんかは時事ネタがテーマなのでかなり好きです。

自分の思いをこうやって小説にする人もいれば、音楽や絵画で表す人もいるし
そのまんまストレートに表現して政治家や評論家になる人もいるし
自分でため込んで引きこもったり食いまくったり
知り合いと立ち話したりという方法もありますが、
小説という媒体で表現するのっていいもんだなと改めて思いました。

まあしましまはこうやってブログにいろいろ書いているおかげで日々すっきり
ギターをかき鳴らしてさらにスッキリしてますが
小学生のころから作家になるのが夢だったので
やっぱり何か書いてみたいなぁと、まさかの村上春樹のこのエロ小説で触発されましたYO。

でもしましまのテーマって、「宗教というもの」なので厳しいッス。




6/01/2014

初ハウスコンサートにおよばれ

軽く社交界的な世界を垣間見た
これを社交界デビューというのか?と問いたい しましまです。

人間にはレベルというものがあると思いますが、
レベルにあった人としか基本的に付き合わないような社会構造になっているのではないかと思います。

それを感じたのは就職活動の時。
色々活動していて、うっかり商社の面接に行った時に
面接待ちしている人がほぼ全員東大生で、
(昔から気軽に人に話しかけるタイプ)
オーラとか話し方からして違う!というのを感じ取ったわけです。
就職活動は本当にいろいろなレベルの人と話せて貴重でした。


で、しましまが現在いるレベルは多分ドノーマルのレベルだと思います。
ただ、海外大学卒、海外駐在ということで若干外人率が高いこともあり
ドノーマルから若干はずれて国際色も若干アリという感じの位置づけだと思います。

これが多分駐在家族なうえ、
インターナショナル、海外の私立学校、または日本人学校に行くとなると
若干セレブ感が出て来たり
上流階級との付き合いが増えると思うのですが、

いってる学校がロンドンの時は、現地校ですがアフリカ率(ソマリア移民&生活保護)8割だったり
ドイツでもギムナジウムで当然ドイツ人のドイツ語だけの現地校なのですが
外人受入れ指定校ということもあり外人率(やはり移民系&生活保護♪)多めということで
ドノーマルから若干アブノーマル、いや、中流だったのが若干下流階級気味となっております。

そういえばドイツの語学学校も
普通の語学学校じゃなくて移民用だったなあと
リアル下流に属していた今日この頃ですが、

ここ最近上流階級の方々との付き合いが増えてきました。

ちなみに隣人は医者。
行きつけのサッカー部では弁護士のお父さんがいたり
行きつけの卓球では交響楽団でバイオリンを弾くお父さんがいたり
自分から声をかけた日本人の方がピアニストだったり
なんだかすごいことになってます。

下流の人とのトークも楽しいですが
上流の人とのトークは本当に楽しい&自分がいかに下流の人間か意識できそこも醍醐味!

そのピアニストの方の家で「ハウスコンサート」をするということで
何としましまは子供らを引き連れて招かれましたが
(車修理中につき自転車でGO!下流の醍醐味!)
演奏したのはその方ではなく Sato Takashiさんというピアニスト!

ピアノって言ったら女性がポロポロ流れるように奏でるのかと思いきや
若い男性ピアニスト!!
しかも不協和音気味の難易度高そうな聞いたことが一切ない曲ばかりだったのですが
非常に力強く、超早!
もちろんオリジナルではなく過去に誰かが作った有名なクラッシック曲ですが
自分ではこんな曲聞いたこと一切ナシのカテゴリーの曲です。

通常、中流階級+ピアノ演奏×知らない曲=眠気との戦い
ですが、
はじめてプロのかたの演奏を家の中で1時間ほど聞いても
ビックリするくらい聞けました。
すごくうまい!うますぎだろ!
こんな複雑な曲を作る方も作る方だが、弾く方も弾く方だ、って曲でした。
こんな風に弾けたら楽しいだろうなぁと結構衝撃。

家の中でピアノ、というと日本の家屋を想像しますが
家ではなくコンサート会場だと思ってほしいぜ。
広大かつオシャレな場所でした。

2-30人がグランドピアノ2台ある方に向かって座ってもなお広いという。。。。

そんな中でしまお11歳と13歳だけが子供、男、しかもアジア人でしたが
やっぱり若い男性プロが弾くピアノだと子供でも真剣に聴くもんなんですね。

「指の動きが早すぎて指が見えなかった」と
途中席を移動してド真ん前に行ったしまお13歳、
指の高速ぶりに度肝を抜かれてましたが、
趣味がキーボードでクラッシック演奏なので大満足だった模様です。

演奏の後はおしゃれすぎる立食パーティーだったのですが
ドイツ人と日本人半々くらいでドイツ語が飛び交う中
しまお13歳は全く物おじせず、むしろ水を得た魚?の勢いで
ドイツ語や日本語をしゃべるしゃべる!!

元々、0歳児の頃から大人びた子でしたが
社交界向きだったのかよ!とびっくりでした。

本当に人ってよくわかりま1000!
一方しまお11歳は物おじするタイプの根っからの下流人間
北の国からで名わき役とか似合うタイプなので
食うだけ食って目を白黒させてドモリまくってました。

ということで、最近しまお13歳という人間がますます宇宙からきた留学生に見えてきてしまいます。

しかし音楽(クラッシック)というのは上流階級には欠かせない
いや上流階級が好むものなのだと思いました。
実際しまお13歳の影響で、しまファミリーもクラッシックを聞くようになり
何気に聞けるようになってきていることも事実。


妊娠時には一切クラッシックを聞いていないにもかかわらず
しまお13歳がクラッシック好きになったのか、
それはしまだんなの実父のDNAでしょう!
それしか考えられません。

っつーことで下流、中流、上流階級を経験中のしましまだぜ。
下流との付き合いは本当に楽ですが
上流階級はやっぱり精神的にへっとへとになりますが
一回り大きくなった感はあります。
色々な人と出会うのって本当にいいもんです。
本当にデヴィ夫人が出てきそうな雰囲気の場所でした。